So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

アルミテープチューニング効果のまとめ [睡夢庵の足]

【アルミテープチューニング効果のまとめ】

トヨタのアルミテープチューニングの真似事に関する区切りを付ける為、処置後 1000km を走りましたので取っ掛かりに関しての最終報告をする事に致します。
今後は現在迄に行っていない項目をチェックした際に、個別に報告を行う事に致します。

《効果評価マトリックス》

(操)縦性    ハンドリング特性(重さ・初動特性・収斂性・ガタ・路面感覚等)
(安)定性    ロール特性(反応速度・傾き・収斂性等)
(エ)ンジン   トルク感・リニアリティー/滑らかさ・動作/排気音・ミッション音
(騒)音     エンジン・足回り・籠もり
(乗)り心地   しなやかさ(突き上げ、ローリング/ピッチング)
(燃)費     何パーセント向上するか
(撥)水     フロントガラス面の気流が確保出来るか

処理ブロック名  部位             
前下部 アンダーノーズ後端  
アンダーカバー  
ボンネット内部ライトケース部   
ライトケース後部パーツ(黒)     
フロントトップカバー        
ラジエターファンケース        
吸気口上部中央・下部          
フィルターケース上部          
インテークマニホールドガイド      
エンジン側インテーク部         
ボンネット後端エアガイド       
バッテリーカバー            
フロントサイドシェル上部整流板    
フロントガラス  外側上隅        
サイドミラー   下部        
ハンドルポスト部 ポスト部&テレスコピック部     
ダッシュボード  ボックス部ボディ側上部       
後部 左右バックライトカバー    
リアバンパー上部            
リアバンパー下部            
リアガラス内側             
リアウイング内側下部          
ホイール    外周平面          
ホイールハウス 前端外側・後下部      
下回り     右側樹脂カバー部2ヶ所   
排気管メインマフラー  
テールパイプ  

◎ : 数値的に効果が確認出来た。
○ : 体感的な効果あり。
? : 副次要素から効果あり。 但し、個人の嗜好によってはマイナス評価も。
△ : 限界近くでマイナス要素が表に出る。
● : マイナス効果しか出ない。

☆ 総評

今回の「トヨタ式アルミテープチューニング」については、実施する価値があるものと判断する。 多分どの車でも何がしかの効果が表れると思われる。

《ステアリング特性の安定化》

ハンドルは軽くなり、回頭性も向上する。 但し、各ジョイント部のガタが表に出るのか何となくハンドルが落ち着かない感じがあり、利き手に無意識に力が入り4~50km走ると肩が凝った。

ステアリングコラム周辺の2ヶ所のテープは除去した結果、初動応答のガタ感は消えたが未だ限界近くでの当りは一寸直接的過ぎる。 路面感覚はソーイングが必要なレベルになっていないはずなのにタイヤ/ハンドルが勝手にソーイングを始める様な感覚か?(グリップを一瞬失っている?) 抑え込む必要がまだある。

個人的にはインプレッサスポーツのステアリングコラム周辺へのテーピングは薦めない。

但し、ステアリングのリンケージは車種によって千差万別なので、夫々異なる状況が生まれると考える。 また、この感覚は高速コーナリングを試みた際のものであり、道路の流れプラス 10km/h 位では表には出ない。

《ロール特性の安定化/空気抵抗の減少》

元々のロール特性はよく言えばガッチリ&ゆったりで切り・戻しに遅れがある?感じだったが、シャープに反応する様になった。 半面ロールスピードが上がり、明らかにロール角が増えている。 限界に近付くとスタビライザーがほしくなる感じ。
2リッター版には最初からついているので、山道大好きさんは2リッターの方がよいかも。 頭が重くなっているから同じか?

多くの車に見られるシャーシの捩れやフロアパネルの振動・波打ち(ドラミング)を感じる事はなかった。 シャーシ&フレームの剛性感は今迄に感じた事がないガッチリしたもの。

只、本項に関わる部分は広範に及び、燃費・乗り心地には大きくプラスに働く項目なのでこのまま。

通常範囲の速度・操作では応答性、回頭性も良くなっており、収斂も悪くない。 表現としてはよりフラットな乗り味になっている。 サスペンションがスムーズに動き、バネ下が軽くなった様な反応をするという処。

タイヤの動きを撮った動画を上げてあるがシャーシは動かず、足回りがしなやかに路面の凹凸を吸収しており、インプレッサスポーツは上下動が少ない車である事を示している。

MUSON MC2 で遊んでみました これは処置前です(^^;)> この時は殆どロールを感じませんでしたが、現在此処を同じ速度で抜けるとはっきりと前左右の沈み込みを感じます。
着座位置は面倒なので女性陣のセットした高い位置のままですが、下げたいと言う欲求が生じています。

《エンジン》

全体にノイズレベルが落ち、特に高域が下がった? それに少しトルクがUPした様な感覚がある。
瞬間燃費をみながらアクセルをコントロールする際に従来よりも粘る。
CVT及び燃料コントロール側の問題でつながりにスムーズさを欠く処もあるが、マニュアルで制御する限りにおいてはスムーズかつリニアに回転数が上がるのでエンジンについての注文はない。

《室内騒音》

この車は元々ワゴンタイプにしては遮音性に優れており、後からのノイズもエンジンノイズもしっかり抑えられていた。 今回の処置で私自身の計測では3~6dB低減していると捉えてる。 エンジンの位置が1~2m前にいった様に小さくなったといった感覚が生まれているので。 加速時には回転数の上がりに合わせて音量も上がるが、フラット4らしさを残した好ましい音質なので気にならない。 巡航に入ると動力系の音はほぼ聞こえないといって良い。 70km/h位迄の市街地/郊外の走行では、ラジオの音量はナガラ聴きには6で充分
元々静かな車だが、1ランク以上上級車になった。

《燃費》

納車以来2000kmの平均燃費は11.5km/lだったが、この処置後9月13日現在約1120km走行の結果、計器上の平均燃費は12.3km/lになっている。
ここ150kmは12.3km/lを維持しているので、燃費に関しては7%という明らかな向上がみられた事になる。 今迄の処12.0km/lを切った事はないので、4%以上の向上は間違いない。 高低差が50~80mある近郊を這いずり回っている割には良い値か?

《撥水処理効果補助》

フロントウインドウがフラットで寝ている車ではボンネット終端とフロントガラス上端の間に空気溜りが出来て撥水処理をしても雨粒が滞留し、豪雨の時等は水の膜になって前が見えなくなるが、その心配はなさそう。
60~70以上で走行すれば雨粒はスムーズに上に流れるので効果大。 冷却効果に関しては??だが、後端ダクトから出るエア量が増えていると言えるので効率はアップしているのは間違いない。

《まとめ》

一般的な使用範囲においては全ての面で良い方向の効果が出ている。
燃費という数値的に表れる部分で大きな対費用効果が出た。

僅かなコストでそれなりの効果がある様なので、やってみる価値は充分にある。

見た目に拘らなければ、テープ幅全体を使って切り込みを深くするともっと効果が出るのかも(^^)

☆ その他

《リアウインドウの汚れ》

リアの空力的乱れが小さくなった為か、ボディ下部の気流の一部がリアウインドウに直接当る様になった? この為、微細な水滴(路面の泥汚れを含む)がビッシリと付き滞留し、後方視界を奪う。

他のガラスに比べ明らかに汚れるのが速く砂塵や油膜の付着量が多い。 又、ガラスが帯電するのか見た目ではゴミが均等についている様に見えるが、濃淡を持って付く様で逆光に当ると角度によっては重なった瓢箪型や円形の輪が見える。

元の状態に戻すにはほぼ全てのテープを外す事になるので、他の項の効果が失われる。 当面の処置としてリアガラス外側中央部両端にテープを追加して様子をみる。

《タイヤの影響について》

今回の操縦性の評価結果はライン装着のタイヤ TURANZA の特性変化の影響を受けているのかもしれない。 どのメーカーもそうだと思うが一皮剥ける迄、本来の特性は出ない。
ロールスピードが上がった/路面の状態がキツく伝わる/限界の手前ではグリップが安定しない/路面からの突き上げ音が最初の硬い音に戻った?といった変化はタイヤの特性がタイヤ本来の物に変わった影響なのかも・・・
一皮剥けて、
・ グリップが良くなった   ⇒ロールスピードが上がった
・ 踏面の硬さが表に出た   ⇒路面からの突き上げの音が当初に戻った
・ 上記の2点の影響で路面が荒れたカーブではグリップが小刻みに変化し、
  これがハンドルに伝わる。 ⇒勝手にソーイングを始める様な感覚
という事かもしれない。

とすれば、今回操縦性向上を目指して選択した貼り付け箇所を剥いだとしても変化は出ない事も有り得る。
これも勘案して、長距離・高速道路等を経験してから今後の対処を考える事にし、ステアリングコラム周辺の2ヶ所を除く全てはそのまま貼ったままにする。


共通テーマ:日記・雑感

アルミテープチューニング中間報告 No.3 [睡夢庵の足]

【アルミテープチューニング中間報告 No.3】

大トヨタがやっている事なので何らかの効果はあるのだろうとは思いましたが、素人でも材料を変えそこそこの効果を出せると判っていれば・・・
手を付ける前にデータを取り、順を追って処置していれば夫々の効果の程度を示せたのかもしれませんが、この歳になると再チャレンジの元気はありません(^^;) で、中間報告 No.3 です。
後は長距離&高速利用の後で騒音と郊外/高速での区間燃費の報告で締めでしょうか。

《操縦安定性》

ハンドル絡みのテープは外しましたが、切り始めの感覚や重さは初期の状態に戻った様な気がしたのですが、でも何となく違う・・・でハンドルを左右に振ってみたら、遅れも無くヒラリヒラリと鼻面が向きを変えます。 この部分の最初の一呼吸が戻っていない様です。
ひょっとしたらアブゾーバーの摺動抵抗が減り、オイル流動性が上がってロールスピード/角度が増えた? そんな気がしないでもありません。

元々は一寸遅れる感じがあったので重いそして抜けると言った感じがしていたのでしょう。 今は遅れがないので、速い&切れ過ぎみたいな感覚になったのでしょうか。 肩の張りは出て来ていませんので、ガタに伴うブレは消えたのでしょう。
只、未だ何となく違和感が残っているんですよね~・・・

これが何処から来るのかですが、次に外す所を考えると乗り心地とノイズに影響を与えると思われる場所・・・これが高速での安定性や直進性に影響がないとすれば、メインは女性陣なので今のままの方がよいと言うことになります。

これについては暫く様子見・・・

《室内騒音レベル》

90km/h位迄でしたらFMのボリュームレベルは7でもなんとか・・・一般的な流れに乗って走る分には6迄ならというレベルですから、過去の車に較べればダントツに静かですね。 高速域になるとHBもエンジンが回りますので、こちらの方が静かかも・・・
下は299号線の飯能市内部分で、舗装状態が異なる部分で採った騒音レベルです。
使用したアプリは iPhone 用の騒音計アプリ SLA での測定結果です。

取付位置は Wizmap Drive Recorder と同じ処に取り付けています。 これが運転しながら一番操作し易いので・・・
6月12日の印象②の時の測定位置はシフトノブの右側15cm位に別のスタンドで取り付け、方向も左斜め下向きでしたが、今回はフロントガラスに吸盤君DXを付け前を向けて録音しています。 ガラス面に対し前・右共に20cm無い場所です。 ドライバーの右の耳の前方50cm位にありますので外来ノイズを多く拾っていると思われ、前回のデータとの比較は出来ません(^^;)> 前回はアイドリングストップも自宅駐車場で計測していますので、これは対象となりません。 今回の値は外来騒音と考えて良いでしょう。
Elesta_Noise_Stop.jpg Elesta_Noise_Field-2.jpg
車内騒音(エンジン停止:自宅駐車場)車外騒音(エンジン停止:自宅駐車場)
Elesta_Noise_Idol.jpg Elesta_Noise_IdolStop.jpg
車内騒音(アイドル:自宅駐車場)アイドリングストップ時(路上)
Elesta_Noise_NewAsphaltPav.jpg Elesta_Noise_NewAsphaltPav-2.jpg
アスファルト舗装したばかり同左
Elesta_Noise_OldAsphaltPav.jpg Elesta_Noise_OldAsphaltPav-2.jpg
古いアスファルト舗装同左
Elesta_Noise_WaterPermeable.jpg Elesta_Noise_WaterPermeable-2.jpg
透水アスファルト舗装同左
Elesta_Noise_0-100F.jpg Elesta_Noise_OldAsphaltPav-3.jpg
0-100km/h加速(AUTO:フルスロットル)荒れたアスファルト舗装(50-80km/h)

車内騒音/車外騒音を見比べると平均で13.3dB、ピークだと15.2dB、最低とピークの差が車外の8dBに対し室内は1dBしかありませんので、遮音もしっかりしている様です。 レベルは朝起き抜けの自室と同等の静かさですからちょっと吃驚。
アイドルストップは前後・右に車がいる実走時のものですので、アイドルと同じ条件で計れば未だレベルは低いでしょう。 0-100km/h は休日の工業団地内のコンクリート舗装路信号間。
高速道路 112km/h 巡航時のノイズも採ろうとしたのですが、混んでいて駄目でした。 オートクルーズが使えるレベルでないと減速や並進する車のノイズ等が入ってしまいますので一人操作では・・・感じとしては 66-69dB 位。 このクラスとしては静かなのではないでしょうか。
Ⅹ軸が時間軸のものはノイズレベルの変化を示したものです。
時間軸とオクターブを較べるとオクターブの方が平均が高めですが、これは走行速度が少し速いからでしょう。 測定した処はいずれも車がつながる場所なので速度はその時の流れに任せるしか・・・

車のアイドル時騒音を纏めた物がないか探してみた処2011年頃の物がありました。 元サイトも載っていましたので探しましたが、このデータが何処にあるのやら・・・ 米国の中古車販売サイト?チラッと見ただけですが、いろいろ探せば見付るのかも・・・結構な情報量のサイトの様でしたが、じっくり探す意味もないので・・・

             アイドリング フルスロットル 112km/h巡航時
レクサス CT200h   37.7dB  70.8dB  64.5dB
Audi A5       42.6dB  71.1dB  64.3dB
BMW 328i      42.7dB  76.0dB  68.0dB
ジャガー XJ       42.4dB  74.1dB  66.9dB

といった処らしいですが、C~Eレンジは最近いずれのメーカーも騒音制御に神経を使って来ていますので、多分現在では皆これよりは大分静かになっているでしょう。

騒音は音圧ですから6dB下がると半分になります。 3dBだと約3割ダウンです。
一般的な騒音レベルは
感じ方  騒音レベル音の大きさの目安
静か30dB深夜の郊外暗騒音
普通40dB静かな住宅地・図書館
50dBエアコン室外機
五月蠅い60dB普通の会話・時速40kmで走る車内
70dB掃除機・タイプの音・騒々しい街頭

次は上と同じ道路で採ったWave音源から各~約1分間のピークホールドです。 使用したのは前回と同じ iPhone 用アプリでマイクのレベルも同一です。
Elesta_Noise_2nd.jpg
前回の分は団地内幹線の大分荒れた同じコンクリート舗装路の比較ですが、今回は路面状態の異なる場所を選択したものです。 また、平均速度は皆少し低いですが最高はほぼ同じ位です。

自室の騒音レベルはPC2台のファンや5台のディスクが廻っているのでそれほど静かとはいえませんが、エアコンが止まっている時で Min 39.5 Avg 41.1 Max 43.8 位です。
アイドリングストップ時はクーラーのファンが廻っていても暗騒音では自室よりも静かな位なのには吃驚です。
因みに朝 5:00 起きたばかりの室内は Min 26.5 Avg 27.1 Max 29.9 という静かさです。

現状の印象は上図の様に全体に少し下がっており、800~6kHz という私にも聞こえる帯域が数dB 下がっている様ですので、より静かになった様に感じているのでしょう。

《燃費》

・ 310km    12.1km/l
・ 334km    12.4km/l
・ 432km    12.3km/l
・ 451km    12.1km/l
・ 478km    12.0km/l   8/26
・ 500km    12.0km/l   8/28
・ 601km    12.2km/l   8/30
・ 702km    12.1km/l   9/2
・ 840km    12.1km/l   9/6
・ 932km    12.2km/l   9/8

9/2  0-100km/l を4本やりましたので、その後渋滞に巻き込まれた時に
   一度12.1km/l になりましたが、買い物で廻っている内に取り
   戻しました。 しかし、自宅直前の坂道の途中で12.1km/l に。
   前にゆっくりの方がいると折角つけてきた慣性が失われて喰っちゃう
9/6  昨日は女性陣が東京まで遠乗り・・・すこしは延びた?
   朝エンジンを掛けたら12.2km/l、なんだこれしか延びなかったのかと
   思った途端12.1km/lにダウン。
   やはり遠出でもFitより3km/l+悪い様ですね。 Fitでも搭乗者が
   2名増えると3~4km/l近くダウンしていましたので300kg違う
   この車では致し方ない所でしょうね。
今の所一度も11.9km/lにはなっていませんので、12.1±1km/lには収まるのではないでしょうか。 とすれば5%+の燃費改善ですから、これは対費用効果としては大きいですね(^^)

処置を皆一緒にやってしまったので、これで!とは言えない所が残念。

《その他》

☆ 撥水処理   フロントウインドウ上に雨粒が大きくなりながら
         滞留する事はなくなりました。
         街中でも手動間欠で十分、郊外に出れば全く
         ワイパーは使わないで済みますね。
☆ ビビリ対策  現在の所軽い雨3度ですが、もっている様です。
         行き側は綺麗に掃くのですが、戻りは線状に残る様に
         なってしまいました。 これではコーティングの傷みも
         早くなりますから・・・
         又、ブレードを拭いてみると汚れと一緒にコートが
         剥がれて来ますので、ブレードが1年もたないかも。
☆ アルミテープ 使用しているテープが無垢のアルミ剥き出しですから
         部位によっては既に光沢を失いつつある様です。
         トヨタが市販している物は表面にコーティング処理が
         されているらしいですね。
         まぁ、こちらの材料費は全部でも正規品1枚分に
         過ぎないのですから、白化したら張替えですね。
         その時迄興味がもてば、ですが(^^;)>

暫く色々やってみようかとは思っていますが、現時点で感じている効果は

《プラス効果》
◎ フロントウインドウに風が当たる様になり、撥水処理の効果が
  低速域から享受出来る様になった。
◎ エンジン音が静かになり、少しトルクが増した様な気がする。
◎ バネ下が軽くなった様に感じられ、しなやかさが増し、
  音質的に高域ノイズが減った。
◎ 足回りからのノイズ、風切り音も少なくなった。
◎ 燃費が向上している。 11.5km/l ⇒12.1±0.1km/l

《マイナス効果》
● ハンドル周りへの処置は、ハンドルに伝わる路面反応を
  打ち消す方向に働き、かつ余分な動きが出た。
  ⇒ ハンドル周りのテープ2か所除去
  これでも元には戻っておらず、タイヤからのキックの
  反応が過敏になり、荒れたカーブではキックバックが
  固く強くなった様に感じる。
  ⇒ 普通の走り方でこれを感じる事はないでしょう(^^;)>
● 雨天時の後方視界の悪化
  巻き上げた路面の水がリアガラス面に被り、小さな水滴を
  一面に付け、これが動かない為後方視界が効かなくなる。
  いつも後ろを気にしてワイパーを動かさなければならない。

追記)

9/8朝洗車、昼から約20kmばかり走ったのですが、夕日を後ろから浴びながら走っていてふとリアガラスをみるとちょうどバカボンの警官の目の様な2重の瓢箪型の中に二重の円と上下に2本の線、下の線の右隅に2重の円という妙な図形が浮き上がっていました。
帰宅して眺めてみるとリアガラスだけに砂塵がびっしりついています。 拭いてみると砂粒だけでなく薄黒く油膜迄付いてきます。 フロント及び両サイドのガラスを拭いてみても砂塵もついていませんし、まだ油膜はほとんど付きません。
模様は多分この砂粒と油膜のせいでしょうが、自宅ではうまい角度にならずその画像を残す事が出来ませんでした。

これにはちょいと参りました。

暫く状況を見てみますが、余り酷い様でしたら車体廻りの整流効果が予測されるテープを剥がすか、下廻りの気流を乱す工夫をしなければならないかもしれません。 剥がすとなるとボンネット内部以外の全てが対象になるので、操縦・安定性、騒音、乗り心地、燃費全てに影響が出てしまいます。 どうしたものやら・・・


共通テーマ:日記・雑感

Windows Network が又々おかしい!! [睡夢庵の電脳環境]

【 Windows Network が又々おかしい!! 】

Windows XP と 8.1 が又 2017/06/21 報告と全く同じ症状に陥りました。
朝3台を起動、ディレクトリの同期を取ろうとした処参照不能?
チェックして見た処、6/21 報告した様に Windows 10 からは全て見えるが
8.1 は 7 と 8.1、XP は自分だけという状態です。

XP のログを見てみた処、起動直後にアングラ・アップデートが動いていました。
8.1 のログも同様でほぼ同じような内容・・・

ネットワークアクセスという重要ポイントで同じミスを繰返すというのはどういうことなのでしょうかね。
元々マイクロソフトのメインストリーム・アップデートも信頼が措けないので自動実行はしない様に設定し、監視下でアップデートを行っています。
問題を起こしたのがアングラ・アップデート、ユーザーには気付かせずにアップデートを掛けたいのでしょうが、そこでこんなチョンボを繰返すのですから・・・その品質意識には呆れます。

こんどは何日掛かるのかな? (^^;) 笑うしかありません。

2017/09/06 16:50 追記
16:40 システムを再起動しましたが、今回はアイコンの書き換えは行われましたが、問題は起きませんでした。
コントロールパネルの自動更新でコントロール出来るのは、KB番号?が与えられている公式の更新だけの様です。 これ以外にもサービスで設定する WindowsUpdate.log に足跡を残すものと SchedLgU.txt に足跡を残すものなど幾つもある様です。 Microsoft のサイトを覗いてみると 「Windows Update コンポーネントをリセットする方法」という項目があり、これによると Update に絡む .dllが多数記載されています。  WindowsUpdate.log の中にはこれらが起動された跡がありますので、全て手動でリセットしてやる必要がある様です。 このレベルになると素人には恐ろしくて手が出せません。 最早匙を投げる以外なさそうです。

2017/09/06 06:40 追記
今朝起動時にデスクトップ上のプログラム起動アイコンが全て書き換えられたので、エクスプローラをチェックした所ネットワーク上に正しくPCが表示される様になっていました。 SchedLgU.Txt も日付が変わっていましたので中を覗いて見た所、タスクスケジューラのログの様で、この中に wgasetup.exe というモジュールの起動/終了ログがありました。 確かこれも WindowsUpdate 絡みのモジュールで過去 WindowsUpdate が途中で止まる云々といったトラブルの時に目にしたモジュール名の様な・・・
Automatic Update を無効にしていた時にもこれは動いている様ですので・・・最早手がない? タスクスケジューラを止める? これをやると他の全てのプログラムのアップデートもして貰えなくなりますし、確か自動修復も止まってしまう?

2017/09/05 22:45 追記
就寝前に XP を再起動してみた処、案に相違して又症状が再発していました。 表に出ているサービスではない処でやっているのでしょうね。
サービスを止めていた時には WindowsUpdate.log にはシャットダウンのタイミング?での追記はある様ですが、起動時のログは書き込まれていませんでしたので、設定した通りサービスは動いていないのでしょう。 只、SchedLgU.Txt/bootstat.dat/wiaservc.log/wiadebug.log というファイルが書き換えられていました。 と同時に起動時にデスクトップのプログラムアイコンが最初は全てデフォルトで表示され、順次正しいアイコンに書き換えられていきました。 最近起動時この現象が頻発していましたので、ひょっとしたらシャットダウンのタイミングで何か可笑しな事が起きているのかもしれません。 一体何をやっているのやら・・・仕方がないのでサービスは元に戻しました。 どうすればこの頚木を逃れられるやら・・・

2017/09/05 10:30 追記
XP のエクスプローラを開いたままにしていた所、WindowsUpdate.log の更新日付が変わっていました。 「自動更新」の更新を停止するだけではダメな様ですので、ここを「無効」にした上で「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」で「Automatic Update」を停止しこれも無効にしてみました。 どうなる事やら・・・

2017/09/05 06:45 追記
本日の朝のアップデートで Windows10/8.1/XP 共にエクスプローラ上の表示及び参照操作が正常に復した様です。 XP のアップデートの設定を「更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行する」に変更してみました。 これは公表されるアップデートに対するもののはずなので、多分アンダーグラウンドで実行されるアップデートは動くのでしょう。 これで動かなくなって呉れた方が良いのですが・・・
エクスプローラの代替として使っている「Q-Dir」や同期ソフト「FileSync」、「FreeFileSync」は既に設定しているパス配下に関しては機能しますし、ディレクトリの変更も可能ですのでメインは余り影響を受けていません。 唯、写真や動画の相互保存は発生頻度が少ないので手動で行っていたので、この操作が発生する度に引っ掛かっているのが実情です。 Photoshop CS 以降の UI なんとなく感覚に合わず、まだ 7.0 を使ってしまうせいもありますが・・・

2017/09/02 17:10 追記
本日 13:12 にシャットダウンした時には問題もなく、且つシャットダウン時に行う UPDATE はなかったとなっていますので、16:40 からの再起動時に動いた UPDATE でオカシクなっています。 WindowsXP のエクスプローラが自身以外表示せず、 Windows10/8.1 から認識出来なくなりました。 一体何時まで繰り返すのでしょうね(^^;) これは嫌がらせの様なものです。
相互間でなにかやろうと思うと憎事の様にこの問題に引っ掛かります。 良く使うソフトにUIが同じ様な物があればいいのですが、未だ気に入る物が見つからない・・・ 
そう言えば最近タスクトレイにアップデート催促のアイコンが出なくなっているぞ・・・まさか表の設定が変わっている? WindowsXP の自動更新をチェックした所、更新を自動的にダウンロードするが、インストールは手動で実行するしていたはずが自動になっていました。 切り替えた積りはないが・・・ Windows XP/10/8.1 の動作が使える状態になったら、自動アップデートを殺してみます。
2017/08/31 13:10 追記
朝の段階ではログオンしていないマシン等がありましたので、問題は解決した様に見えましたが・・・
Windows10/XP は 10/8.1/7/Mac の6台を表示するが、Windows 8.1 は Windows7 の1台と Mac が表示されず、再検索を行えば Windows7 は見つけるが Mac は表示されず、携帯電話が余分に何台も出て来る。 エクスプローラの起動の時にネットワークの検索をしていない見たいで再起動ではダメ、手動で再検索ボタンを押さなければならない様です。
Windows10 から XP を開いた時だけ一呼吸あって表示して来る。
Windows10 は電源を落とした Windows7 マシンを表示したままにしている。
エクスプローラのUIを除く基本動作は各OS共通でなければおかしいのに何故? モジュール設計になってない?
この状況を見るに、今後もこのトラブルは出続けるのでしょうね~

2017/08/31 07:10 追記
本日朝起動時にアンダーグラウンドアップデートが全てのOSに掛かった様です。 Windows10/8.1/7/XP 全てが各々のOS上のエクスプローラ上で表示され、参照可能になりました。
只、Windows10 から XP を開いた時だけ一呼吸あって表示して来ましたので、矢張り何か問題が残ったままの様です。

2017/08/30 19:54 追記
Windows XP/10 又ダメになりました。 Windows10/8.1 側がおかしい? 8.1 から 10 が見えなくなったり、エクスプローラを閉じて立ち上げるとまともになったり、状態が動いています。 今度は 8.1 から 10 は見えるがアクセス権なし・・・ あれ? 10 側は直ってる(20:17)・・・端末・デバイス・ドライブ・ファイル構造検索、WindowsXP ~10 間の整合が取れなくなった? Microsoft 自体が発散し始めたのかも。

2017/08/30 19:31 追記
Windows XP/10 は回復しました。 XP は17:30:52~17:31:29 にかけでUPDATEが掛り、これで直った様です。 10 については切り口を探していませんので? 8.1 は未だダメですね。
何をやってるんだか。 一体エクスプローラにはどれだけバクがあるんですかね。 同期ソフトは動いていますので、フルパスを取得した状態からはファイルの I/O が可能なのですから(^^)

2017/08/30 16:53 追記
ここの所個別に Windows10 上のファイルを XP 側でエクスプローラを使って参照しようとすると、XP のエクスプローラ上には8.1/10共に表示されなくなっていました。 只、XP 上の FileSync 及び 10 上の FreeFileSync という同期ソフトでは既にパスが設定されているものについては問題なくファイル比較と同期操作が出来ましたし、10 上からは XP を参照出来ていたので使えていましたが、今日はちょっと様相が変わっていて Windows 10/8.1 双方から見えなくなってしまいました。
今の所同期ソフトに登録済のフォルダを使えば受け渡しが出来ていますが・・・個人向けに関しては、Windows XP をイントラネット上からは亡き者にしてしまうのか・・・インターネットにはアクセス出来るのに?

2017/08/13 17:53 追記
又、ですわ。 Windows10 上のファイルを久しぶりに参照してと思ったら・・・ 呆れ果てました(^^;)
外出から帰って起動した際にアップデートが動いたみたいです。 Windows8.1 の方は一時的に端末は見えているもののアクセスが出来なくなりましたが、18:00 に見た処参照可能でした。 XP は未だ駄目・・・

2017/08/05 17:17 追記
又、再発です。 本当にいい加減にしろ!! いったい何度同じミスを繰り返えせば気が済むのか。 これでは、XP/8.1ユーザーへの嫌がらせとしか思えなくなりますね。 サポートを終了しているのですからこちらもアップデート等期待していません。 アンダーグラウンドでごちゃごちゃアップデートされるほうが迷惑この上ないですね。 サポート終了時点でのバクは放置される事を覚悟でXPを使っているのですから、要らぬことはするなと言いたい。

2017/07/25 17:30 追記
又々、再発です。 本当にいい加減にしろ!! 今日は朝から5回なにかやったようです。
症状は全く同じ、今回も同期ソフトは正常に動いています。 XP/8.1/10 上で異なる同期ソフトを動かしてみましたが、これらではエクスプローラでは見えていないデバイスのフォルダ/ファイルにアクセスも読み出し/書き込みも出来ています。
エクスプローラのデバイス参照を使っていると思われるソフトはどうも端末/ドライブ/ファイルと参照して行けない様です。

2017/07/19 07:04 追記
起動時に更新が行われた様です。 06:37~06:39。
XP/8.1 共に元の状態に戻った様です。 8.1は未だに携帯を表示します。

2017/07/18 21:30 追記
又、再発です。 17:37に約2.5秒、21:20~21:27の間に又なにかやったようですね。
前回は確認しませんでしたが、今回おかしいのはエクスプローラのネットワーク表示だけで、同期ソフトは正常に動いています。 XP/8.1/10 上で異なる同期ソフトを動かしてみましたが、これらではエクスプローラでは見えていないデバイスのフォルダ/ファイルにアクセスも読み出し/書き込みも出来ています。

2017/07/18 15:30 追記
午後外出から帰り起動し確認した所、Windows 8.1、XP 共に問題点は修正された様です。 今回は速かったですね。
アップデートログ出来てました。 それにしてもお粗末。


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -