So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

Lenovo TAB4 8 Plus 及び Android の評価 [睡夢庵の電脳環境]

【 Lenovo TAB4 8 Plus 及び Android の評価】

いつもは i7-7700/Windows10 でブラウズしていましたのでページの重さを感じませんでしたが、これで参照してみると何時も見ているサイトも結構引き摺ります。 で E6850/XP で参照して見て吃驚、わずかの間にこんなに重くなっていたのか、です。 まぁ、画像や動画が大量に張り付けられているサイトが増えていますので致し方ないとは言え、ネットワーク資源の浪費以外の何物でもないですね。

さて・・・

【デザイン】

寸法は 210.6x123x7mm と 1920x1200 8.0型ワイドIPSパネル が採用されたものの中では非常に薄くデザインされています。 背面もフラットですので、机上等での落ち着きがいいですね。 ただ、両面共にガラス様の超平滑仕上げですので、怖いくらいスルスル滑ります。 くわばらくわばらで、さっそく液晶の保護フィルムとケースを発注しました。 折角のスリムボディはスポイルされてしまいますが・・・

【処理速度】

処理速度は GeekBench でのテストの結果ではネットの情報を参照すると iPhone SE の半分位の様です。
Firefox でタブを5つ開いて PCサイトモードで価格コムを参照してもまぁ使える程度の速度は出ています。 ただ、GPU はだいぶ劣る様で Aututu Benchmark のバージョンが違うので評価値の比較は出来ませんが、Touch6 ではスムーズな3D表示が、こちらではカクカクとした動きをします。 ま、値段相応といった所でしょうか。

Aututu Benchmark 結果 報告件数の下から
合計   74,436    19%
CPU  37,706    32%
GPU  12,590    13%
UX  19,923    24%
MEM   4,217    19%

これからすると中級のスマホ並?

合計スコアだけみるとHUAWEI P10 lite、Xiaomi Redmi 5 Plus、HTC U10 Life Acer といった辺りが近い値になっていました。 Sony Xperia Tablet で近い所を見てみると
iPad Air 2  105,000
MediaPad M3   92,700
iPad Mini 4   85,328
Zenpad3 8.0   78,900
Zenpad 3S 10     75,000
iPad mini 2   63,000

GeekBench 結果Multi-ScoreSingle-Score
TAB4 8 Plus   3,394     836
iPhone 8 Plus  10,187    4,217
iPad Pro (10.5-inch)    9,305    3,908
iPhone 7 Plus   5,777    3,437
iPad Air 2   4,174    1,796
iPhone SE   4,096    2,373
iPod Touch6(1.1GHz)   2,316    1,328


TAB4 8 Plus の Single-Score は iPad 4th Gen のちょっとうえといった能力ですので、処理によっては Touch6 の方が明らかに早いというケースも出るのでしょう。

スペックと価格ランクで見ると Asus ZenPad3 8.0 を選んだ方が正解かもしれません。
こちらが勝る点は

・ CPU/GPU 共にこちらの方がスペックが僅かだが上。
・ 同じ IPS でレゾリューションも 2,048×1,536 で1つ上。
・ センサーもこちらは電子コンパス、磁気センサ、ジャイロセンサも搭載
  していますので、計測系やGPS系のアプリが使え精度も上になる。
・ LTE のバンドも多い。

にもかかわらず Lenovo を選んだのは

・ 自身の経験で信頼性が使った範囲では Lenovo の方が大分ましだった。
・ 何年も前になるので変わっているかもしれませんが、クレーム対応が
  Lenovo の方がましだった。
・ Android の Ver.7 以降を選びたかった。
・ 結構アプリを載せるので内部メモリー32GBではちょっと寂しい。
  Touch6 で 54GB/64GB 使っているので(iOS/APP で36GB以上)
・ 電話は使うとしても近傍もしくは都市部なのでバンド数は不要?
・ センサーで使う範囲は Touch6 + GNS 2000 でほぼ事足りるし、この種の
  アプリは小型な端末でなくては使い辛い。

といった処でしょうか。

【入力機能】

このタイプのタッチ入力はほとんどやったことがないのと老眼&乱視のせいでゴマメの様な文字が見えずカリカリしてしまいます。
Touch6 もですが Bluetooth 接続で TK-FBP044 を使いキーボード入力をしています。 ただ、一部キー配列がPCとは違うので苦労しています。 メールやファイル名によく使う“_”の位置が違うのが一番堪えます。

【携帯性】

このサイズになると幾ら軽くても中型以下のスマホの様な訳には行きません。 それにこの横幅でも私の手にはちょっと大きく筐体が滑り易い形態である事もあり、裸での持ち歩きや机上の放置は落下の危険大です。 滑り止めになるケースが必須でしょう。 ただ、平板な薄型なので旅行鞄等に収納する場合はよいすね。 常用の Touch6 は胸ポケットに放り込め、画面サイズと SD/SIM 対応がない以外はハード面では上と考えるとちょっと勿体なかった様な気もします。

【バッテリー】

結構もちは良い様です。 ただ、充電の時に満充電で遮断しているかどうかハッキリしません。 電源を落として充電しませんでしたので充電中の LED が消えても 0.5A 以上流れていましたので・・・ ま、要注意ですね。 寿命を延ばすには8割未満の充電に止める方が良いみたいですので、ブザーで知らせてくれる AccuBattery と AnTuTu Benchmark というテストアプリを採用しました。

17% ⇒ 80% 迄   経過時間:2時間51分
 給 電 量:4,058mAh
AccuBattery 計測値充 電 量:3,205mAh

AccuBattery/AnTuTu Benchmark 動作、画面は常時点灯設定

バッテリー容量80%から13%になるまでの時間推移
                 実使用時間    経過時間   充電量
21:36   充電終了 使用開始     58分      58分  80%
          夜間就寝中          7時間50分  73%
06:22   起動                          71%
16:34   停止         5時間42分  10時間53分  13%
          稼働時間  6時間40分  19時間41分

夜間就寝中は電源を落としていましたが、この間の消耗は2%でした。
稼働中の負荷は高くない状態だと思います。 ネットアクセス/簡単なゲーム等はそれぞれ1時間前後、後はアプリケーションの動作確認、設定の検証等ですので・・・
100%充電であれば、仕様上の8時間という稼働時間は十分クリアしそうです。

【液晶】
IPS 1920 * 1200 ですので綺麗です。 PCのディスプレイも IPS ですがマットですので、鮮明に感じます。 反応速度も問題は無いようです。

【付属ソフト】

Android ははじめてなのでよくわかりませんが、最小限は揃っているみたいです。 ただ、好みもあるので使うものは全て自分でセットしましたが。 ただ、エクスプローラが1つしか開けず、フォルダー間移動等がやり辛いのは頂けません。 ファイルマネージメントに関してはまだまだの様です。 システム/アプリ/ユーザー作成のフォルダが同じ階層にならんでいるみたいで怖いですね、壊しそうで。

そうそう、ESET 等のウイルス対策ソフトやマルウェア対策ソフトが問題ありとするモジュールが載っています。 一応その筋のサイドで確認した所問題はなさそうですので放置を選択しましたが。

Google Play からアプリをインストールしようとすると端末内部情報へのアクセスを許容しなければ使わせない物が多くなっていますね。 驚いたのは暗号化やシールド系のソフトがWi-Fi/net接続/ユーザーIDその他殆どのハード/個人情報を要求する点ですね。 Google の場合はこれが出るだけ Apple Store よりもましかもしれません。 Touch6 ではアプリが唯一連絡先に入れていた他人の名前を拾い、これを私と誤認して通知を出してきますからね。

ただ、ファイルマネージャがネット越しにPCのファイルを参照し、1つづつだかコピー&ペーストで取り込めるのは助かりますし、繋げばエクスプローラ上で直接GBレベルの転送も出来るのは楽ですね。

【総評】

購入の目的が
・ Android の機能評価
・ PC同様の 1920 * 1080 以上のレゾリューションである事
・ PCとの間でのデータ授受が楽な事
・ 外部記憶(SD)が付けられる事
・ 価格が iPhone SE 32GB 以下である事
・ SIMフリー対応である事

これを満たすものはこれくらい?なので、これくらい使えれば良しでしょう。

いつも見ているサイトを見る、作成した資料を参照するといった範囲では問題なく使えています。

スピーカーはステレオで短辺両側に前面側に開く形で取り付けられており、低域はありませんがクリアな音を聴かせます。
HP Player + ソコソコのイヤフォンで聴けば締まった音なります。

ただ、私の様に眼が衰えず、外部メモリーも電話機能も要らなければ、iPhone SE が携行性やセンサーの種類を含めCPが最も高いですね。

これから常用開始・・・まずお化粧ですね。
液晶保護のフィルムとスタンドにもなるケースを手配しましたが、これが着きましたので早速装着。 トップカバーは裏に回せばスタンドになり、表で使う場合は磁石が入っている様でカバーがカパカパしない優れモノでした。 タッチペン差しとカード挿しが2つ、SD入れが1つも付いています。
20180411_TAB4-8Plus_Case.jpg 20180411_TAB4-8Plus_Case_B.jpg

カバーを取り付けながら、中にセンサー類がついているのに強磁気体を付けてもいいの?? すぐ傍にスピーカーはあるし・・・

で、音楽を再生してみましたがこれには感じるほどの影響はない様でした。

その後暫くしたら勝手に入力が行われる様な感じでピッと音がして、

・ 通知設定     以前の操作が再現されるかの様に通知スイッチが
           立て続けに切り替えられたり・・・
・ 地図       画面のサイズがどんどん小さくなったり回転したり
           選んでもいない駐車場が選択されたり・・・
・ パスワード    途中で入力が終わり誤入力判定されたり・・・
・ エクスプローラ  突然フォルダーが切り替わっていったり・・・

といった症状がでました。

ネットで調べた所、

・ 通知を出す様に設定されているとその通知を出すのタイミングで入力等の
  操作が狂う事がある
・ 再起動しても再発する様であればハードがおかしいので要修理

といった所ばかりで、どれも完全には解決していないみたいな様子でした。

この現象はカバーを付ける迄は出ていなかった様な気がしたので、

① 再起動
② MapsMe(ナビゲータソフト)を起動し、自宅からスーパー迄の
  経路を設定する。
③ 車に持ち込み、スーパー迄ナビゲートさせる。
 - 車を始動した直後から放置状態で近傍の店等の紹介が出る。
   スワイプして表示を消す操作を行うもまた出る。
 - この現象の出る間隔が徐々に短くなる。
 - 地図の縮尺がどんどん小さくなり始める。
   戻してもすぐに再現する。
 - 現在位置がとんでもない所に飛んでしまう。
 - スーパーに着く頃にはこれ以上小さくならない所にすぐに張り付く。
④ スーパーに着いてカバーを取り外し、操作をしてみる。
   ⇒ 再現せず
⑤ スーパーから自宅迄カバーを外したままナビゲートする。
   ⇒ 一切症状は再現せず、画面のサイズも自動制御の範囲で自車位置が
     画面外に出ることなく最後までナビケートした。
     店舗や駐車場の案内等は一切出なかった。

20180411_TAB4-8Plus_Case_M.jpgこれで、誤動作の原因はカバーにある事ははっきりしたので、磁石が付いている位置をチェックしました。
結果、写真の様に本体フレームカバー上部3か所とトップカバー裏4か所に磁石が仕込まれていました。

考えてみれば磁石を本体押さえのフレームに入れては、外周に磁気の影響を受けるパーツがあれば異常動作が起きても不思議はないですね。

そこで本体を取り外し、再度徐々に挿入していった所、約3/4強入れた所でピッと音がしてロック画像が出ました。 これは明らかに何らかのタッチがあったという反応を示しました。

下部は右から4cmの範囲に2つ磁石がついており、この段階では本体の上には被っていないので、原因は上部の右から6cmに付いている磁石だと考えられます。

そこで磁石周囲3辺を裏側でカットし、磁石を除去してみたら案の定現象が消えました。 上部の磁石はちょうど枠中央部に位置するので、枠の振動による磁力変化で入力が行われたような動作をしたものと考えられます。

ただ、このままでは上部は固定出来ないので、mm小ネジ用のLアングル材をフラットに矯正して磁石の位置に取り付けてみました。 しかしやはり双方磁石でないとカッチリとは固定されず、気休め程度にしかならなでしょうが。
まぁ、これで蓋を閉じた時アングリ口が開かず、磁気遮蔽の役に立てばです。

《付録 Bluetooth 接続の活用》

このケースに入れてスタンドを生かして横向きに立てればある意味 1920 * 1200 のIPS 光沢液晶付き All-in-One PC として使えます。

Bluetooth 接続で、TK-FBP044 キーボードと M-NV1 マウスを接続してやれば一般のPCの様に操作する事が出来てしまいますから(^^)

只、余りにも処理速度が遅すぎて、例えば FireFox を使いアマゾンで“ドローン”で検索した場合表示し終わるのに25~30秒掛かりますし、ちょっと早くスクロールすると画像表示が間に合わず、文字も画像も丁度インターレース画像を表示する様にヌルヌルとまともな状態に遷移して行きます。
tenki.jp で市指定の1時間天気予報を開くので17秒・・・i7-7700 Windows10 PC では横の画像展開ですが、2秒掛からずに開いてしまいます(^^)

まぁ、ご愛敬ですが・・・Ghostery で広告ブロックをしているせいもあるかもしれません。 tenki.jp ですら29個もブロックしますから・・・

そうそう、音楽を聴く為に本体にイヤフォンをケーブルで接続したのでは邪魔で仕方がありません。 そこで IBT-PAR500 を接続して聴く事に。 このBluetooth 結構届く様で、MX3 や Touch6 、Logitec の USB Class2 ホストアダプターよりも到達範囲が少し広いですね。 机の上で再生している状態でドア2つと廊下を隔てたトイレの中でも安定して聴けました(^^;)

また、これはOTG接続サポートしているはずですので、USB2 の外付け機器をぶら下げる事が可能です。 TypeCのUSB延長ケーブルの手持ちがないので手配しました。 プリンター等どの辺迄接続出来るか追々確認していこうと思っています。 


共通テーマ:日記・雑感

チョコレート摂取による血圧降下追加検証 [備忘録]

【チョコレート摂取による血圧降下追加検証】

前回は「チョコレート効果CACAO72%」を5個/日(25g/日)を摂28日間接種した際の状況を報告しました。 今回は前回終了日から続けて28日間ほぼチョコレート断ちをしましたのでこの間の推移を報告する事にします。

まぁ、結果は言わずもがな・・・とても効果があるとは言えないというもの(^^;)

時期的にアレルギーが酷くなっていますので睡眠品質については夜間クシャミと鼻水で起きる様になっており比較になりませんので、朝昼晩の血圧の最高/最低/平均と朝昼晩の血圧推移図になります。

摂取中28日間
項 目
SBPDBP SBPDBP SBPDBP
平均 121.2  79.1  142.0  82.3  140.6  81.6 
最高 131.0  86.0  177.0  96.0  158.0  94.0 
最低 105.0  67.0  125.0  75.0  124.0  76.0 

摂取後28日間
項 目
SBPDBP SBPDBP SBPDBP
平均 121.5  79.4  137.0  82.3  136.0  79.6 
最高 136.0  88.0  155.0  88.0  157.0  88.0 
最低 114.0  73.0  128.0  76.0  123.0  72.0 

20180415_HayFever_mor.jpg
20180317_Afternoon_BP.png 20180317_Night_BP.png



共通テーマ:日記・雑感

Lenovo TAB4 8 Plus 使用に備えて [睡夢庵の電脳環境]

【Lenovo TAB4 8 Plus 使用に備えて】

《システム系の変更と操作の確認》

☆ 強制シャットダウンとリブート

端末の電源が切れるまで電源ボタンを約8秒間長押しすると強制シャットダウンになる。
リブートする場合は約10秒間電源ボタンを長押しする。

☆ バックグラウンド画面

これは画像しか出せないみたいですね。 仕方がないので 1920*1200 の真っ黒な JPEG 画像を作ってこれをデスクトップの壁紙に指定する事で真っ黒な背景にしてしまいました。 ロック画面の壁紙は初期の写真のままにしていますが・・・一応目論見通りの表示になっていますが、さて大丈夫かな?

☆ スクリーンキャプチャー

Android 標準ではないみたいで、音量ダウン側と電源ボタン同時押しではシャットダウンしてしまいました。

1. TAB4 8 Plus では最上段の通知バーをプルダウンすると

・ Wi-Fiの接続確認ボタン
・ Bluetoothの接続確認ボタン
・ 機内モード設定ボタン
・ 画面回転切り替えボタン
・ 映画/音楽/ゲーム切り替えボタン
・ スクリーンショットボタン    が表示される。

2. スクリーンショットボタンを押す。

  現在の画面が縮小表示され、外枠8点にカーソルが表示される。
  右端の3つは固定だが残りのカーソルは押さえて引っ張ると切り取る部位
  を変更出来る。

ここでキャプチャーされた画像はマイデバイスのピクチャー(内部ストレージのScreenshots)に収められている。

☆ メールの設定

一応 Hotmail と Gmail のアクセスは出来る様にしましたが、基本的にここは受信フォルダの参照のみで、これらは Windows10 上のブラウザで使います。 まぁ、外出先で使わざるを得なくなった時はこれから送信する場合もあるかもしれませんが、現実そんな緊急なものはないでしょうから・・・

プロバイダーのメールは MX3上で 秀メールで受ける様にしていますので、これらは Tablet 類ではアクセスする様には設定しません。

☆ ネットワークへの接続と共有ファイルの参照

Wi-Fi を通したネットワークの接続は Archer C9 に繋ぎますが、これにはホワイトリスト(MAC Address)による制限を掛けています。
TAB4 8 Plus の MAC Address は<設定> - <タブレット情報> - <端末の状態> で参照出来ます。

ネットワーク越しのファイル参照はファイルマネージャで出来る様です。 通常の windows ユーザー名とパスワードで Windows 端末にログオンが可能です。

☆ ファイルマネージャ

非常に使い辛いですね~ ちょこっと使ってみた感じでは内部ストレージ/マイデバイス共に場所により制限があるみたいですが、これに関する説明が見当たらない・・・ なにせ、ファイルマネージャが複数開けず、ファイルも複数選択しようとしても出来ないみたいですので・・・正直本当?と首を捻っています。

一応1ファイル単位でネットワーク越しに Windows10 PC のフォルダに書き込んだりコピーしたりは出来ましたが、Windows の様に複数のフォルダを開いておいて複数のファイルをドカンとコピーするには Windows10 に USB で繋いで処理する方がずんと楽です。

USB で接続するとCD系のデバイスとしてインストールが行われ、PCでエクスプローラを開いてみると iPod 等と同様に「デバイスとドライブ」の先頭にアイコンが表示されます。
これを開くと Android 側のファイルマネージャの内部ストレージやSD配下がそのまま見えます。 ここでは Android 側にフォルダーを作ったり、フォルダー毎コピーしたりといった操作がすべて出来る様です。 この面ではiOSよりも尤度は高いみたいですね。

ただ、Android 側に戻るとファイルマネージャの表示は分かり辛いですね。 システムが作るフォルダが外部デバイスにしたSD上に作成されて、この下にユーザーが作るフォルダが作られるといった所は解せません。 何度見てもファイルを探してしまいます。

《インストールしたアプリケーション》

Touch6 を参考に必要と思う物をインストールしました。

・ ESET Mobile Security  常用のウイルス対策ソフトの Android版です。
・ AbemaTV         この画面サイズだと最高画質を選択しても
              見る気になる品位にはならないみたいです。
              Touch6 では気付きませんでしたが・・・
・ PlimeVideo       プライム会員なので結構見れますので時折
              見ていますが、やはり自宅ではPCでですね。
              スピーカーはステレオ配置ですので、まぁ
              そこそこ聴ける音で鳴ってくれています。
              イヤフォン出力も広がりと深みのある音、
              少し低域が前に出てくる様ですが、シンバル
              等もそれなりの音で聴かせてくれます。
              それなりのイヤフォンを使う方が良いですね。
              映画を見てみましたがギクシャクする事も
              ありませんでした。
・ PlimeMusic       時折古い Jazz ものや JPopを こちらで聴く
              為に一応インストールです。
              SD上に手持ちからライブラリを作る事に
              なりますので、余り出番はないですが。
・ HF Player        ONKYO が提供する Music Player ですが
              ハイレゾに対応しているはずですので、これを
              インストールしてみました。
              ヘッドフォン選択があるのですが、メジャーな
              メーカーの物が入っている訳ではないので
              無意味ですね。 結構しっかりした音を聴かせ
              ます。 そうそう、ちょっとびっくりしたのは
              レコードからリップした mp3 を再生した所、
              何と歌詞が出てカラオケの様に歌詞を追って
              現在の位置を見せるではありませんか!?
              ある意味これは怖いですね。 再生した音源が
              サーバーに送られていなければ出来ない事の
              はずですから。(タグ付けしているから?)
・ NHK World/NHKニュース防災 Touch6常用
・ tenki.jp        Touch6常用
・ 豪雨レーダー      Touch6常用
・ ウェザーニュース    Touch6常用
・ ドライブレコーダー   未評価
・ 渋滞情報        最近は余り出掛けませんが、直前には必須。
・ Flightradar24      お遊び兼飛行騒音確認用ですかね。
              経路によっては室内迄騒音が上がる便が・・・
・ MAPS.ME         日本全県の地図を含めて載せています。
              オフラインで使えますので便利ですね。
              それにシンプルで直感的に使えます。
              ルート設定も非常に簡単ですから。
・ 駅スパート       余り出掛ける事はありませんが・・・
・ Fing          ネットワーク接続のチェッカです。
              宅内ネットにログオンしている端末と
              そのIPアドレス、MACアドレス、メーカー、
              端末名等が確認出来ます。
・ Speedtest        Ookla 提供のアプリ
              ほぼ iPod Touch6 と同じ130/180位出て
              います。
・ GPS Test        天頂を中心に現在のGPS衛星の位置を表示
              し、その電波強度を見せてくれます。
              その他方位計、現在位置/太陽位置/夜・昼
              の状態/速度・正面方向・標高等も出ますが
              ジャイロがついていないので方位はダメ。
・ QuickEdit        テキスト入力用にインストールしています。
              この上ではメモ作成程度ですので。
・ Adobe Acrobat      このマニュアルや車、カメラ等の説明書類を
              PDFで用意していますのでこの参照用。
・ Firefox         標準ブラウザとし、タブモード/PCモードで
              起動する様設定しています。
              広告ブロッカーをプラグインで有効化。
・ Google 翻訳       オンライン使いですが・・・
・ Geekbench 4       基本性能チェック用です。 1回使いか?
・ AnTuTu Benchmark V7.0.7  性能評価用ですが、ハードウェア構成の詳細
               を知るツールとして有効です。
               搭載されているセンサーのチップメーカー?
               も表示されます。
   結果 総合スコア 74032 ・iPhone SE SIM Free 124244 ¥54,864-
                ・Xperia X Compact   76216 ¥44,620-
                ・Liquid Jade Prima   75225 ¥53,784-
                ・HTC U11 Life     73617 ¥43,200-
     性能的にはスマホの上の下クラスと言った所でしょうか。
     やはり SE はいいですね。 画面サイズ/レゾリューションに
     眼がついていけるなら上位に比べ気圧センサーがない位ですから
     iPhone SE が買いなのですが・・・
・ AccuBattery       バッテリーマネージメント用に。 あとどれ位
              使えるかの目安に使えます。
・ SPL Meter        Touch6 で使っているSound Level analyzer が
              Android には対応していない様なので代替と
              して・・・
・ FFTWave Ver.1.3     スペクトラム表示用でピーク描画が出来ます。
              屋内外の暗騒音や音響測定に使います。
・ Physics Toolbox     Table/SmartPhone に搭載されているセンサー
              を使った計測器がセットになっています。
・ Light Meter       単機能の照度計です。 ルクス表示をします。
20180411_TAB4-8Plus_Home.jpg 20180411_TAB4-8Plus_Home2.jpg

上図の左は元々のホームの背景を黒に変更したものです。 アプリは2ページに分けていましたがスワイプするのも面倒ですし、スワイプの時に引き摺るのでしょう、アイコンが別ページに移動するといったトラブルが多発しました。
右は ウイルス対策ソフト ESET mobile が Yahoo ブラウザをサポートしていないのでこれをアンインストールし、その位置に Firefox を入れ、アイコンを機能別にフォルダに纏め、ホームだけで操作を可能とした状態です。

《microSD のセット》

Samsug の EVO 32GB microSD がありますので、これを取り付けました。
使えそうであれば 128GB 迄使えますので変更を考えますが、試用中はこれで
十分でしょう。 Touch とは違って Windows10 上で自在にファイルが扱え
ますので、気軽に入れ替えが可能ですから。

スロットには microSD * 1 + nanoSIM 若しくは nanoSIM * 2 がセット出来る
トレーがついています。

フォーマットは Windows10 上で上書きフォーマットを行い取り付けています。
再起動後、媒体が認識されるとこれを内部メモリーに組み込むか、外部
メモリーにするかの設定を求めてきます。 取り外して他の機器との遣り取り
に使うのであれば外部メモリーに設定します。
内部メモリーへの統合をすると取り外せなくなりかねないのでは?ですね。

《電池の充放電確認》

2018/04/10 20:26 100% 充電完了
      22:48  85% 電源off

2018/04/11 07:12  76% 電源on  この間動いているタスクなし
      08:04  69% これ以降
            ・ 15本のアプリアップデート及び起動と設定
            ・ Amazon Premia ビデオ「のだめ・・・」
              約40分視聴
            ・ Youtube 約20分閲覧
            ・ ファイルマネージャ動作確認
               ネットワーク越しのファイル複写 約400MB
            ・ インターネットスピードテスト3回
            ・ AnTuTu ベンチマーク 1回

      14:30  20% 電源を切り、充電開始 ロード:4.85V/1.5A
      18:00 100% グリーンのバッテリーマークを確認、再起動
            4.189mAh 充電 但し未だ 0.38A で充電している。
 充電時間 3:30    周囲温度 25.7℃に対し、バッテリー温度は29℃

先に最初にバッテリー評価用のアプリをインストールしておけばよかったのですが・・・

次の充電のタイミングで AccuBattery という評価アプリで充電時間等を測ってみます。
AccuBattery の昼間用の明るさ画面を表示した状態での使用可能時間は約5時間、毎分 7mAh + 消費している様です。
現在の使用状態ならば、8時間以上もつと言って来ています。

《インストールしたアプリの使用感》

アプリをインストールして感じるのは、多くが内部情報の取得を許容しなければ使わせないという姿勢の物が非常に多い点は気に入らないですね。

・ ESET Mobile Security
 - アクテビティログというものがあり、アプリインストール等の
   チェック結果が保存されている。
 - ウイルス対策には検査ログがある。
 - フィッシング対策では使用する Chrome/Firefox はページの検査が
   行われる。 Yahoo! ブラウザは対応していないので使用しない。
 - 現状のインストール状態でオンデマンド検査をすると39秒で1719
   ファイルが検査される。 スマート検査では154ファイルのみ。
 - 監査にはどのアプリがどの内部情報等にアクセスする可能性があるかを
   チェックしていてそのアプリを知る事が出来ますので、本当に使用して
   良い物かの判断材料に使えそうです。
   私の場合、インストール済みのソフトと追加インストールしたもので
   ・有料サービスを使用するアプリケーション 11本
   ・場所を追跡するアプリケーション     31本
   ・ID情報を読むアプリケーション      5本
   ・個人情報を読み取るアプリケーション    8本
   ・記録メディアにアクセスするもの     20本
   ・メッセージにアクセスするもの      10本
   ・連絡先にアクセスするもの        21本
   といった視点で該当するアプリをチェックしてくれます。
20180411_ESET_UPD_test.jpg
・ AbemaTV
 - 物による画像品位にムラが多くなった? ひょっとしたら Touch6 では
   画面が小さかったので余り感じなかったのか・・・PCで余り気に
   ならなかったのですが、結構元々が低品位のものが多いみたいで興を
   殺がれました。

・ PlimeVideo
 - プライム会員なら相当数がSDにダウンロード出来、オフラインで再生
   出来ますので便利です! それに画面が大きい事は良いことだ(^^)
   PCと同じ画素構成ですので、違和感もありませんね。

その他動画を含むアプリケーションでの再生には特に問題はありませんでした。
ただ、画面表示が小さなスマホを前提にしている為、見辛くなっているアプリが多いですね。
PCに比べると引っ掛かる様な感じはありませんが、結構ディレイを感じます。

・ Chrome
 - 何かと情報を垂れ流そうとしますので、可能な限り使わない様に
   しています。
 - で、設定可能なスイッチは全てオフにしています。
 - 常用ブラウザとしては使いません。 これでなければ具合が悪い
   場合専用ですね。

・ Firefox
 - 常用ブラウザは Firefox にしています。
 - アドオンに Ghostery を導入し、トラッカー/広告を排除する様に
   しています。
 - タブブラウザとして大体4ページ位は開いたままにしています。
 - Firefox はタブ毎にページ表示をPCと同じ形態にするPCサイト
   モードという機能がありますので、これを設定して使っています。
   ブログ等の表示がPCと同じ形態で閲覧出来ますので違和感が少なく
   なります。
 - これらの結果でしょうが、2呼吸位遅くなりますね。
   i7700 と比較しても仕方がありませんが(^^;)

・ PDF/DOC/OBS/TXT ファイルの参照
  - PDF   Acrobat で参照可能
  - DOC   WORD で何とか参照可能、元が古いので少し崩れる(^^;)>
  - OBS   EXCEL で参照が可能
  - TXT   QuickEdit で作成、参照が可能

    一応SDに作った指定ディレクトリに書き込む事が出来ました
    ので、作成するテキストファイルや画像等も使えそうです。
    この端末上で少なくともテキスト文書は作れそうです。

《バッテリ消費確認&温度遷移・充電確認》

前回の充電完了から15%までおよび充電完了までの推移です。
充電の結果 15%~100%     4,241mAh 3時間50分  84%
               5,046mAh 4時間8分  104%

20180411_TAB4-8Plus_B1.jpg左図は AnTuTu Benchmark V7.0.7 のホーム画面のバッテリー温度の詳細を参照した画面です。 一番下のバッテリー残量の記録を見ると夜間の放置時、充電時間、使用時の消費状態等を視覚的に見せてくれます。
Accubattery は80% でアラームを鳴らす様です。 一般に言われる最も寿命を長くするには80%以上充電しない方がよいと言われており、これに沿ったコントロールをしており、超えるとどれだけ寿命が短くなるというコメントを出してきます。
2回目ですので、バッテリー容量一杯充電出来るかの確認と思ってグリーンの充電完了LEDがついても放って起きました。 ま、何が起きるかですね。 まだ、充電電流が 0.6Ah 位迄減ってきたのでふと充電量をみたところ、5,015mAh、慌てて AccuBattery で確認した所、こちらも5,046mAh 充電した事になっています。 そもそもバッテリーの容量は 4,825mAh ですので、過充電をしたと言う事になりますね。
メレカニケの表示は 5,015mAh でAccuBattery の値に近似していましたが、これは元々過大に表示していたので??
AccuBattery は充放電の切り替わりで履歴を残してくれますので、これは有用ですね。

次回からはブザーがなったら充電を中止する事にします。 出来るだけ寿命を延ばしたいですからね。


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -