So-net無料ブログ作成

LOE ユニバーサル マウント ホルダー 調達 [睡夢庵の眼]

【 LOE ユニバーサル マウント ホルダー 調達】

手持ちカメラで車載動画を撮って見たくて、Fitで使った手製のスタンドを宛がって見たのですが寸法が大分違って・・・特にヘッドレストの2本の脚の径が大分太く且つ間隔が狭い。 それにシート側に凹みとRが付いている為に落ち着きが悪く・・・
再加工してみましたが、合った刃がなかった為に穴がずれてしまい、没・・・

変わるものがないか探して見た処、“LOE(ロエ) ユニバーサル 多目的 マウント ホルダー (自由雲台付)”というものがありました。 これは、耐荷重 500g 以下なので D7100 での撮影は出来ませんが S9900 ならば使えそうなので調達してみる事にしました。

この製品の特徴は、クリップ部が2対1の三つ指になっている事でしょう。 各々の接触面が狭いので挟み込む事が出来る場所にはまず固定可能というのが優位点でしょうね。
  
LOE(ロエ) ユニバーサル 多目的 マウント ホルダー (自由雲台付)

LOE(ロエ) ユニバーサル 多目的 マウント ホルダー (自由雲台付)

  • 出版社/メーカー: LOE
  • メディア: エレクトロニクス


《Mobile-Catch@クリップ》

・ 軸受け部及びパンタグラフ締め込みネジの動作はスムーズ。
  各パーツ表面・エッジの精度・質感は良い。
・ 3本指片側2本は個別動作ではないので締め付ける際
  力が一方だけに掛からぬ様注意する必要がある。
  メタルラック/三脚等への装着はガッチリ出来る。
・ 保持部も樹脂一体成形なので丸棒等滑り易いものでは
  滑って動く。
・ 1/4インチネジアタッチメントのジョイント部形状が
  球ではないので、単体での首振り範囲はほぼゼロ。
・ アタッチメント固定用のロックナットの歯は全周対向部に
  半分しかないので斜め締め込みに要注意。 トルクにも。
・ 推奨利用環境が 500g となっているがこれはクリップ側の値。
  1kg超えではネック部に撓みが生じるので無理は厳禁の様だ。

《自由雲台》

・ 単体価格が¥780- だが各パーツ表面・エッジの精度・質感は
  価格以上に上質。
  ただ、ボール部が梨地仕上げになっていて材質が柔らかいのか
  直ぐに摺れてしまう。
・ 形状からこのユニットは設計強度:3kg、推奨利用環境: 1kg 以下
  となっているので中型クラスの1眼レフも支えられそう。
  これは手持ち1脚用に使えそうだ。
・ ボール締め付け用のレバーはスプリング組み込みで引き上げれば
  レバーの角度を60度単位で変更出来る点は単純だが良く考えれ
  られている。 ただ、この固定ネジが約2回転廻る程緩かった。
  それと、レバー長が短い為一気にリリースされるので要注意。

《ヘッドレスト・フォークへの取り付け》

フォークが円筒且つ鏡面鍍金品で小径ですので、矢張りチャンと固定出来ません。
加減速や横Gで動くだけでなく上下の微振動迄拾ってしまい、完全に静止しない限り期待した像にはなりませんでした。
LOE_Holder_1.jpg LOE_Holder_2.jpg


この動画の右端中央に iPod Touch が出たり入ったりします。 L 約 13cm 先に 300g 弱のカメラがぶら下るとこれに掛かるGを支えられない事が分ります。 考えてみれば当たり前、φ12~13mm に対する接触面積では無理・・・
S-9900 での撮影にはエツミのサンクション式を使う以外にはなさそうですが、これだと助手席でしか使えない・・・

《その他》

・ RAIN X フロントガラス撥水効果

  インプレッサ スポーツのフロントグラスはフラットに近い
  形状でボンネットも長いので矢張り表層流が剥離していて
  ガラス面の水滴が上方向きになかなか流れません。
  旧Fitと較べると動き始めが 20km/h位遅い感じですし
  流れる速度も遅いですね。
  これだと低速域ではワイパーを動かさざるを得ないですね。

・ アプリ WizMap のドライブレコーダー録画画面

WizMap.jpg左は WizMap でのドライブレコーダー稼動中の画面です。 iPod Touch6 に GNS-2000 をつないで GPS は稼動した状態ですが、ネットにはつながっていませんので地図は出ていません。




自宅で録画結果を見る場合は WiFi が繋がっていますので、左に動画、右に地図が出てナビの様に地図が動いていきます。 上部にはその時の車速が出ていますが、これは誤差大なので目安ですね。
下の画像は WizMap の記録動画から切出したものです。 再生画像は RAIN X による撥水効果の確認ですが、インプレッサは旧Fitよりもガラス面が寝ている上にノーズが長いのでガラス面の水滴が登り始める速度が 20km/h 位遅い様に感じます。 横Gが掛かると上よりも横にざっと流れますので・・・
RainX_0km.jpg RainX_46km.jpg
停止時46km/h
RainX_64km.jpg RainX_74km.jpg
64km/h74km/h

・ G計測

Implesa_G_Measurement.jpg普通に運転している状態でどれ位のGが掛かっているのか・・・
流れに乗っている状態ではこの程度です。 山道を飛ばすと左右のGは上がりますが、ブレーキ・アクセルは余り踏みませんので前後方向は殆ど変わりません。