So-net無料ブログ作成
睡夢庵 日々徒然 ブログトップ
前の10件 | -

1月 雑記・・・車/カメラ/健康管理 [睡夢庵 日々徒然]

【1月 雑記・・・車/カメラ/健康管理】

【足関連】

☆ インプレッサ スポーツ

・ 燃費は現在 12.6km/l に張り付いたままです。 4-5000km頃は 20km 位
  走ると0.1km/l は上がっていたのですが、トリップが 6000km に近づいて
  からは動かなくなりました。 まぁ、初期の様にエコ運転を心掛けては
  いませんので・・・
  Fit1.5Aが対仕様で67%強でしたから、アルミテープ処理後
  ですが、12.6/18.2=69%&車重/排気量比は0.68に対し
  0.81ですから運転感覚を含めインプレッサの方が効率が良いですね。
・ 乗り心地はいいですね~それに広い事は良い事だ、ゆったりです。
  初めてリアシートに座った女性陣の評価、高かったですね。 やはり
  足元が広い事、肩回りも余裕がある為シートベルトの圧迫感がないと
  いう具合です。
・ ハンドリング、足回りは相変わらずしなやか、思ったラインに乗って
  くれます。
・ エンジンはよく回ります。 トルク/パワーバンドがマッチしていて
  Fit 1.5A の様にイライラする中だるみがありません。
  立ち上がりのフィーリングを我慢すれば CVT の出来も良いですね。
  今迄の所は街乗りと郊外路ばかりですが、1.6 で力不足を感じる事は
  ありません。 空いた道だと注意していないと思いの外速度が乗って
  しまい、いけね・・・
・ 初めての雪に遭遇しましたが、FFはカラキシ雪に弱い様です。
  最低地上高とアンダーフロア特にフロントエッジからエンジン下が
  完全に覆われ前面が高いので雪に乗り上げタイヤが空転し二進も三進も
  行かなくなるみたいですね。 13cmと低いから・・・こうなると
  AWDが有効?・・・雪の時FFはシャベルが必須の様です(^^;)

☆ ミシュラン X-ICE 3+

・ 全国的に雪が多いのに関東は・・・やっと雪が降りましたが車の方が
  雪に弱く、スタッドレス云々よりも前に雪に乗り上げスタックし、
  シャベルの出動要請(^^;) ラッセルも殆ど出来なかった様です。
・ ドライではスタッドレスを意識する必要がない位安定したグリップを
  見せます。 ウエットは未だ限界に近い状態は未経験ですので・・・
・ ロードノイズは路面の影響を受け大分大きく感じます。 50km/h 位迄は
  それほどでもありませんが、これを超えると大きくなって行きます。

【眼関連】

私専用の足がなくなったせいもあり、いよいよ出不精になっています。
ほぼ1年1眼の出番はまったくなかった?

40~45% で防湿剤の入れ替えをしていますが、久しぶりに D7100 に 500mm を付けてみたら重い事。 腕の力も大幅に衰えています(^^;)>

で、最近持ち出すのは専ら S9900、そこそこの絵にはなりますが発色と輝度は頂けません、やはり素子のサイズが小さい物は800~1200万画素が限界でしょうか、画素レベルのマージンが足りません。 只、焦点の範囲が広いので使い勝手は良いですね。 気に入らない所は、ズームレバー・・・ 必ずオーバーランして望みのフレーミングにはまず入る事はありません。 構図を決めている内にチャンスは・・・です。 焦点距離を打ったズームリングの方が遥かに使い易いでしょうね。 その分の高さはありますから。 それとバッテリーの容量、予備を3つ持っていますが、動画を撮り始めるとすぐになくなり、さてと思うと電池切れで落っこちてしまいガックリを繰り返しています。

S9900 での車載動画の撮影はアクリルステージを自製した結果、1920 * 1080 でなんとか鑑賞出来るレベルになりました。 1本27分強ですが走行中にスナップの様に風景等の動画を撮るのには使えそうです。 色々足掻いていますが、難しい・・・剛性を上げてステージをがっちり固めた所見た目にはカメラの揺れは極小に出来たのですが、画像を見るとどうも常時振動を影響を受ける様で寧ろ鮮明度が落ちて停止している時も寝惚けてしまいます。

最近はこのブログに動画を上げ始めたので、動画主体になっていますが、手持ちの機材では望む様な解像度/発色の物はなかなか撮れませんね~
かと言っていまさら動画専用の上級機材を導入するのも馬鹿々々しい・・・

春になったら担いで散歩・・・そう、去年も(^^;)> 今年もずるずる・・・かな?

【健康管理】

☆ スマートブレスレット他

V07S を評価からずっと使っています。 Touch6 のアプリでは H-Band、Sleep Meister、iCare血圧測定の3本を使っています。 血圧計は古い Panasonic の方を使い続けています。 CITIZEN だと過去のデータとの乖離が大き過ぎますし、何時も超高血圧にされたのでは気分的にも(^^;)
朝/昼/晩の血圧・脈拍、起床時に血中酸素・粘度、就寝時間、起床時間、睡眠時間、入眠潜時、トイレ回数、睡眠効率をファイルに取り込んでいます。

☆ アレルギー  現在ほぼ通年で花粉及び温度変化で症状がでる。
         ・ 鼻粘膜の爛れ、鼻水(鼻及び喉)、咽喉部爛れ
         ・ 気管支、胃・腸の不調
         ・ 便秘(毎日便通があるがコロコロ便/ガス)
           胃腸の不調、便秘も胃腸薬よりもパブロンのほうが
           鎮静効果が高く、朝晩飲んでいればガスもコロ便も
           改善しますが・・・
         ・ 顔に少し膨れた赤発(痒みと腫れ)全身の毛穴に
           ポツポツと水や血が溜り(痒み)・・・
           一部はシミやイボの様に変成
         ・ アレルギー症状が酷くなる直前に水虫が騒ぐ。
           特に冬季は下肢血行不良の為か足指の先端、上面に
           出、春先迄・・・
         特に冬は下肢の血行不良の影響か免疫系に異常が起きる
         みたいですね。 普通は夏の水虫が冬に騒ぎます。

☆ 下肢静脈瘤  一時広がりかけましたが、Dear-Natura の29種の~を
         再度飲み始めた所最も色が濃く膨れていた部分を除き
         殆ど吸収された状態になっています。
         チリチリした痛みは今の所解消しています。
         効果の元は亜鉛と葉酸(B-E)かもですね。 血管強化
         には必須の様ですから。

☆ 攣り     攣りが出るのは
         足    ・ 内側腓腹筋
              ・ 前脛骨筋
              ・ 内腿の内転筋
              ・ 足裏親指側骨間筋
  運転中に足裏が攣るとちと辛いですね。

☆ 血圧     朝起床時布団の中で安静状態で測ると 110~120 台です。
         起きてトイレに行った後だと振れ幅が大きく一度上がると
         なかなか落ちません。 感情の振幅がない時は~ 130
         なのですが、簡単に 160 台に入ってしまいます。
         それに血圧計に信が置けませんので、血圧よりも末端の
         血行改善に主眼を移そうかと思っています。
         今年は自室の暖房を入れていないのも原因の一つかも(^^)

☆ 頻尿     起床までに1回でもトイレに行けば夜間頻尿だとか・・・
         最近は水や冷たい物に触れると尿意を催す様になって
         いますし、水分を取ると1時間以内に行きたくなる。
         3~4時間出掛けると1回は排尿しないとですし、尿意を
         催すと待て暫しが効かない(^^;)
         夜は就寝前にサプリとパブロン、リラックスの為ココアを
         飲みますので、2~300ml の水分を取っています。
         この為、就寝から3時間以内にほぼ 100% トイレ起床。

         毎食コーヒーかお茶の形で水分を取りますし、午前中/
         午後夫々1回 350ml の保温カップでコーヒーを飲み、
         その他にも湯飲みに2杯位緑茶を飲みますので、食事外の
         水分摂取量は約2l、大体3時間に1回位の間隔でトイレ
         ですから、入りと出はバランスしている感じ。
         3年前に比べると午前・午後のコーヒーと就寝前の水分
         摂取で約1l近く増やしているので気にする必要はない
         のかも・・・只、出掛ける時はやはり気になりますね~
         したくなると昔みたいに我慢が出来なくなりましたから。

☆ 睡眠時無呼吸症候群/安眠対策

         これは睡眠品質とのトレードオフになる面があり・・・

 ・ 抱き枕   効果なし(寧ろ寝返りを阻害) ⇒ 中止
 ・ 枕変更   ベッドにした為従来の枕では高さが足りなくなり、肩、
         首筋に張りが出た為横寝用の高い枕に変更したがこれは
         有効でした。
 ・ 鼻テープ  効果よりも睡眠品質の低下の方が大きかった。
         鼾の音量が下がり、無呼吸の発生回数も減ったがなくなる
         訳ではないこと、口内乾燥・粘り気にも期待した程の効果
         が認められない ⇒ 中止
 ・ 録音    現在も継続記録中。 無呼吸症状は寝返りの結果で起き、
         その際は鼻テープをしていても連続して起きる。
         今の所、6時間で10秒以上の呼吸停止は10回未満と
         思われる。
         mp3directcut は表示すると呼吸、鼾、寝返り、トイレ
         といった所が全て音のレベルとして見えますので便利。
 ・ ベッド沈み ベッドのクッションが8分割の折り畳みの為もあり、腰の
         沈みの影響で大腿部がクッションに押し上げられる感覚が
         邪魔で落ち着きません。 この解消の為に 3mm 厚の
         ブルーパネルを入れてクッションの段差と荷重による
         部分的な沈みを抑えた。 これは効果があり、違和感は
         消えた。 只、布団が滑ってズレるのが難点(^^;)
 ・ ココア   就寝1時間前位にホットココアを飲み、精神安定効果に
         期待。
         飲み始めて2週間になりますが、昼間の眠気がだいぶ
         軽減して来た様な気がしています。
         ですが、トイレ1回は100%になりましたし、トイレ
         起きが1~2時間早くなってしまいました。

現在は鼻テープを止めてしまいましたが、鼾の音量は以前よりも小さくなったままになっています。 また、無呼吸も大体2度続くと寝返りを打つ様で、以前よりも回数は減った様に見えます。 只、無呼吸の時間は35~55秒で変わりはありません。
口内の乾燥・粘着きはここの処何故か鼻テープをしていた時よりも軽くなる事もありますが、やはりアレルギーが出て鼻をかむ状態だと鼻汁が上口蓋に落ちてくるみたいで、朝粘膜が剥がれた様に貼り付いています。 アレルギーが出ると鼻粘膜は元より口内迄糜爛してきますし、咽喉、気管支にも炎症が起きるのでアレルギーを抑えるのが先決ですね。

☆ 突発性難聴 その後

聴覚に関しては徐々に上下が聞こえなくなっていっています。 これはある意味家系的な物を持つ身としては仕方がないことですが、矢張り未だ突発性難聴の後遺症を引き摺っています。 右耳は時折ブーンという音と共にある帯域の音が共鳴音の様に響く日があり、解像度が落ちるだけでなく何となく痛覚に似た物が生じます。

聴力自体昨年夏辺りから左右共に徐々に劣化が目立ち始めています。 今の処は生活には支障はありませんが、体温計の計測完了の音が物が壊れたのではなく聞こえなくなっていた事が一番のショックでした。

難聴の症状が強く出た右耳は 1250Hz 迄周波数がズレるだけでなく妙に籠ったり響いたりします。 ここまでは音としては聞こえているものの正常な音ではない為却って聞き辛くなる事があります。

又、低気圧が近づくと右耳が籠った様に響く様になったり、小さくわ~んという様に響く感覚に加えて膨張感を伴う疼痛が出る事があります。

何も打つ手がないというのが辛い所ですね~

2018年1月
201801_SuddenDeafness.jpg
2017年度
Deafness_2017.jpg
2016年度
Deafness_2016.jpg
2015年度(発症から)
Deafness_2015.jpg

《使っている対症薬》
症 状 等名  称処方
・ アレルギーパブロンゴールドA 顆粒2包/日
・ 水虫   足 ダマリンL液1回/日
       踵 エクシブ ディープ10クリーム 2日に1回
・ 体調維持肝臓エキスオルニチン2錠/2回/日
      DHA+EPA2錠/2回/日
・ 下肢静脈瘤29種のアミノ マルチビタミン&ミネラル 2錠/朝、1錠/晩
・ 難聴B-121錠/日 適宜増量
・ 胃腸スクラート胃腸薬S(散剤)適宜(2度/月位)
・ 攣りポカリスエット適宜就寝前 120ml 程度



共通テーマ:日記・雑感

大雪です・・・既に降り込められてしまいました(^^;) [睡夢庵 日々徒然]

【大雪です・・・既に降り込められてしまいました(^^;)】

20180122_heavysnow.jpg雪、ちょっとスタッドレスのテストに出てみようかというレベルではありません。

16時に17.5cmだったテラスの積雪が17時30分には19cmになっていました。 今日中は降り続くということですのでまだまだ積もりそう・・・
写真は雪に300*200 のフラットスコヤを突き刺して撮ったものです。
この分では2014年2月9日の大雪みたいになりそうです。

明日の朝が憂鬱です、前の道路の除雪をしなくてはなりませんから。

16:00 17.5cm
17:30 19.0cm
19:10 21.0cm  今は小降りですが・・・
21:10 23.5cm
23:05 24.0cm  ほぼ止んだ感じ、下から溶け始めています。

01/23 9:00 駐車場や車の上は 20-22cm 位で止まっていました。
やっと自宅前の道路と玄関アプローチ、駐車場 3.0*20m の除雪を終えました。 シバれた~指がチリチリ・ジンジン・・・千切れそう(^^;) 実働2時間位。

2018/01/23 16:00 追記

除雪が終わった後、娘が福生迄出掛けました。 タイヤのお初を奪われました(^^)

行きは轍が深く凍った所もあり、お腹を擦るせいもあり少し滑ったみたいです。 帰りはシャーベット状でちょっと速度を上げると飛沫を撒き散らす状態だったとか。

それよりも問題はインプレッサの最低地上高と鼻面、轍がちょっと深いと鼻面やエンジンの下辺りでガリガリ・・・その上駐車場に乗り入れたら雪が思いの外深くてスタックしてしまい、シャベルで雪を退けなければならなかった様です。

出掛けた後シャベルを物置に戻そうとしたら1本無いので持って行った?と思ったら・・・勘が冴えていた様です。

前下部の前への張り出しとフロントエンドからエンジン下がフルカバーされ、前方が高い形状なのが気になっていたのですが、案の定でした。 何せ最低地上高13cmしかありませんから・・・

タグ:大雪

共通テーマ:日記・雑感

突発性難聴・・・その後-4 [睡夢庵 日々徒然]

【突発性難聴・・・その後-4】

2017/12/06 NHK 「ためしてガッテン」で認知症と聴力の関係が取り上げられていました。 ここで「蝸牛」の有毛細胞の毛について触れられており、高音域から聴力が失われて行くメカニズムが説明されました。 また有毛細胞が毛を失う原因は血流障害である事も解説されていました。 この詳細を発症前に知っていれば、「あれ?」と思った時に対応を取っていたのですがね~遅かりし由良之助・・・

身のまわりの突発性難聴経験者の発症状況を聞いてみると、私の様な部分的な変調を来した人はいませんでした。 皆突然片方の耳がほぼ聴力を失った状態に近くなっており、すぐに気付いています。 そして6~7割の方は殆ど後遺症がない・・・

私の場合は両耳で高低両方がどんと落ち、一部に歪やシフト/割れが起きていましたが、人の会話やTV等の音声パートの音は両耳では異常を感じることなく聞き取れましたので異常を確信するのに時間が掛かってしまいました。 もともとアレルギー性鼻炎のせいで耳管開放症の様な耳の閉塞感や自分の声や呼吸音が大きく響いて聞こえたり、一時音が聞こえ辛くなったり耳の奥が窄まる様な感覚が発生する事があった事が気付く遅れの原因になってしまいました。 現在は左耳だけだと高域が薄くなりますが、会話や生活音ほぼすべて聞き取れます。 右耳だけでは低域から中域迄が音域によって割れたり籠ったりし、中域から高域迄すべて薄めになりますので、両耳に比べるとレベルが大分落ちてしまい、TVの声なども聞き取り辛くなっていますが、家族の声や生活音は聞き取れています。 所が両耳で聞くとほぼ完全に補完されてそれほど異常を感じなくなってしまい、これが曲者・・・

難聴に関しては次のサイトに結構詳しく説明されています。 ま、補聴器売り込みの導入口ですが(^^)
ここに「聞こえのチェック」という箇所があり、10個のチェック項目が示されておりますが、私のレベルでも2個しか該当しません。

URL : https://www.widexjp.co.jp 「みみから」

「ためしてガッテン」の最初の体温計の計測終了音、将にあの状態。 確かめてみた所女房・子供は5m以上離れていても聞こえています(^^;) 探ってみた所私の場合は僅か25cm離しただけで蚊の鳴くような・・・

姉たちはみな80過ぎても耳には皆問題はなく、劣化を来しているのは私だけです。 只、曾祖母の姉妹の一人、祖父は60台から、母は70台から少しずつ聞こえなくなっていましたから1/3~1/4の割合で耳が聞こえなくなる者が出る家系の様です。

突発性難聴に関しては発症後48時間以内であればステロイド(プレドニン)や血行障害改善薬(アデホスコーワ)、末梢神経障害改善薬(メチコバール)の投与で改善が期待出来るそうですが、発症後2週間を経過した場合や、前出の薬剤投与で改善を見なかった場合には聴力の回復は期待出来ないとなっています。 この先藁をも掴むのであれば、専門の鍼灸治療院もあるみたいですが・・・

上記の薬は全て要指示薬(処方薬)ですので、病院で診察を受けねば入手出来ません。 市販薬で代用する場合は含有量が大幅に減りますので効果は?ですが、医科用薬の連用は命に係わる場合を除き長くても3ヶ月・・・

プレドニン   : 抗炎症/アレルギー抑制剤 ⇒ 長期使用の意味はない
アデホス    : 血行障害改善薬      ⇒ 長期使用の意味はない
メチコバール  : 末梢性神経障害改善薬   ⇒ ?

蝸牛の有毛細胞の毛の再生はないという事なので、プレドニンとアデホスについては長期使用の意味はありません。 メチコバールはB-12製剤なので神経伝達系の劣化であれば効果はあるかも?のレベル。
何れにせよ突発性難聴に関しては、原因・処置法共に定まっていないという事。

《代用薬》

処方薬名有効成分市販薬(代替薬)含有量/充当量
プレドニンプレドニソロンなし
アデホスアデノシン三リン酸二ナトリウム キューピーコーワシテクター錠 60mg=60%
パニオンコーワ錠
メチコバール B12Nature Made B-1250μg=1/10


《対症処置》

聞こえなくなっているのが蝸牛の毛が抜けたせいならば最早症状の進行を遅らせる為の対処しかないという事。

で、B12は継続して投薬量の1/30~1/10量をその時の感覚で飲んでいます。 耳に膨張感があるとか耳鳴りが強いとか・・・
それと耳周辺の経絡・リンパマッサージを思い出した様に(^^;)

《発症後の聴力推移》

2015 受診直後から
Deafness_2015.jpg
2016年分から右2列 10kHz 以上を省いています。 まったく聞こえなくなっていますので・・・
2016
Deafness_2016.jpg
2017
Deafness_2017.jpg

今年の夏のショックはアカイエカのプーンが顔のすぐ近く迄来なければ聞こえなくなった事。 つい網戸を開けたまま新聞や郵便を取りにいったら、蚊が・・・姿が見えるのに羽音が全く聞こえなくなっているのにガックリ。 潜り込まれたのを殺すのに手間を食う事・・・昔は輪ゴムで撃ち落とす位方向が分かっていたのに。

上の図の様に左耳の 4kHz 以下は維持から僅かに改善していますが、右耳は 1250Hz迄はレベル的には改善の方向ですが、ここ迄の帯域は周波数によっては割れたりエコーがついたりとレベル的には聞こえるものの正常ではない箇所が結構あります。 1250Hz 以上についてはほぼ全域音程的にはまともですが、レベルは毎月どこかが少しずつ劣化をみせており、4kHz では 10dB 以上劣化してしまっています。

このぶんでいくともうちょっとで音楽系は・・・寂しいですね~

《検証用音源ファイル等》

チェックしてみようかという方はここからダウンロードしてください。 ZIP圧縮のファイルになっていますので、お手持ちの解凍ソフトで解凍してお使いください。

この中には 20Hz~20kHz の0dBスイープ音源と 30Hz から 20kHz 迄の 0dB から -70dB 迄を 3秒単位(1.5秒オン/オフ)に-5dB 刻みで減衰させたサイン波が周波数単位にmp3音源化してあります。 -5dB 単位に音が小さくなり、これが15レベルになっていますので、どこ迄聞こえたか凡その判断が出来ると思います。
実際にこれを使ってチェックをする場合、-70dB 迄の音を聞き分ける事になりますので、PC等が動作している環境では周囲の音の影響を受けない様、密閉型ヘッドフォンやカナル型イヤフォンを使えば出来るかもしれませんが、出来ればICレコーダー等に落として無音に近い環境で使って下さい。
手持ちの物では再生ボリュームのセンターで各周波数の最初の音が 0dB で再生されましたが、厳密にチェックするのであれば、VUメータソフト等で再生レベルを確認し、お手持ちの再生機器で各周波数の最初の音が 0dB で再生される様に調整してください。

このファイルに入っているEXCEL ファイルは OpenOffice で作成した 古い MS Office EXCEL ファイル形式による物で他に OpenOffice 用も同じ内容で用意してあります。 ファイルの構造は、基本部分の考え方を展開しただけの非常に単純なものですので後はご随意に変更して頂ければと思います。

お手持ちの MS EXCEL で開けない場合は、OpenOffice 最新版でお使いください。

この中には以下の3つのシートが入っています。

☆ 聴力検査表

Deafness_CheckList.jpg
  これは音源を聞き、それぞれの周波数が何個目迄聞こえたかを記入する
  為のシートです。 プリントしておき、2段を1回分として上段に
  左耳の値を下段に右耳の値を順に記入していきます。

☆ 聴力測定推移

Deafness_ConversionSheet.jpg
 1行目   各列の周波数を示します。
 2行目   番号入力 : 各周波数の何番目迄聞こえたかを入力する
 3行目   聴力レベル: 上で入力された値を dB に変換した値を
       表示する
 4-5行目 比較対象があれば
       私の場合は4行目に治療開始直後の値を、5行目に治療中の
       最悪値を入れています。
       この2つは赤と黒のラインでプロットされます。
 6行目以降 各月原則5回計測を行うという前提で5行の転記行とその
       月の平均を出す行の6行を1月単位に12か月分用意して
       ある。
       各月の平均行をグラフ化して「推移グラフ」シートに
       表示する。
  2行目の左右の耳の項の「番号入力」に聴力検査表に書き写した番号を
  転記すれば、「聴力レベル」に変換します。 全帯域入力を終えたら
  「聴力レベル」の 30Hz~12kHz の範囲を“コピー”し、該当する月の
  行に“形式を選択して貼り付け”で“値”だけを転写します。
  各月は原則5回測定しその平均を「推移グラフ」に表示する様になって
  います。

☆ 推移グラフ

Deafness_Chart.jpgこのグラフは「聴力測定推移」シートの各月の平均行をプロットするものになっています。
12か月分をプロットさせる為、「聴力測定推移」シートには2017年度のデータを入れたままにしていますので使用される際にはデータ部のみ削除してください。 水色の集計行には平均値を求める式が入っていますので、そのままにして下さい。












《音色に対する異常の有無の確認》

厳密に言うと単音では各周波数での減衰レベルしか分かりません。 自然音は基音の他に多くの倍音や付随音を含んでいますので単純にプロットした減衰カーブのレベルで聞ているわけではありません。

そこで6種類の楽器の演奏可能帯域をデジタル音源にしたものを作ってみました。 音色が夫々の楽器に近似されていますので、高調波を含んだ物になっています。 私の場合は楽器によって同じ周波数でも正常に聞こえたり、妙な付随音がついたりといろいろ差があり、これを聞かれると一般的な聴力テストでは患者が感じている異常を正確には把握出来ない事が分かると思います。

・ グランドピアノ 音域C0-G9(16.35~12543.85Hz)

・ フルート    音域C4-C7(261.63~2093Hz)

・ バイオリン   音域G3-E7(196~2637.2Hz)

・ チェロ     音域C2-C5(65.41~523.25Hz)

・ マリンバ    音域C2-C6(65.41~1046.50Hz)

・ パイプオルガン 音域C0-G9(16.35~12543.85Hz)
    但しAria Maestosa のオルガンでの動作がおかしいので、
    音源はD8(4698.64Hz)迄にしてあります。


楽器に拠って含まれる周波数成分が異なりますので、聴こえ方が全く異なります。
私の場合はフルートが最悪で、現状は聴くに堪えるレベル迄正常に近づいていますが、最初は音程遷移すら正常ではなくなっていました。 管楽器は全て多かれ少なかれズレる帯域がありますので、ドラマで出てくる木管系の音なども妙な音になって籠もる様に響いていました。
それに殆どの音域で付帯音が付き、特に中域ではこれがエコーの様になって被って来ますので全体の明瞭度が下がっていました。


共通テーマ:日記・雑感

下肢静脈瘤が吸収されていく・・・ [睡夢庵 日々徒然]

【まさか・・・下肢静脈瘤が吸収されていく・・・】

40代から軽い下肢静脈瘤があり、防衛大学病院で弾性ストッキングを薦められたのですが私には合わない様で寧ろ毛細血管部で出血が起きて周辺部に緑ではなく赤く血管が浮き出て来て中止。 未だ、機械的処置が必要なレベルではないという事でチョン。

私自身も余り進行しないのでそのまま放置していました。 ここ1年は徐々に下肢脹脛側面部の静脈瘤がだんだん薄くなって行っていましたので、自然治癒に向かったものと喜んでいました。

処が前に、常用薬を Dear Natura の29種アミノ マルチビタミン&ミネラルからオルニチン+ DHA/EPA に切り替えたと報告しましたが、その後暫くしてふと下肢を見ると薄く消えかけていた静脈瘤の赤紫の部分が大分広がり、静脈自体も浮いて来ていました。 そのうちチリチリした痛みが走り始め、あれよあれよという内に赤枠で囲んだ範囲に血管と出血痕が浮き上り、このままでは昔に戻りかねない・・・
その上足の裏の攣りや腱に痛みが出始めて・・・

止めたものは Dear Natura のQ10と29種アミノ マルチビタミン&ミネラルのみ・・・何故???
下肢静脈瘤には投薬治療法はないと防大の医者にも医者の姪っ子にも言われていましたし、ネットで見ても特に効果がありそうなものはありませんし、この2種に含まれる成分にも。

元々 Dear Natura の29種アミノ マルチビタミン&ミネラルは子供の頃からビタミンB系が欠乏気味言われていた事もあり、摂取効率も年と共に落ちるだろうし・・・で、血管の老化防止の意味も含めて飲み始めたものです。

これには葉酸、VB6、VB12、VBE辺りも含まれていますので動脈硬化防止、造血機能維持、粘膜障害の防止を期待出来るはず・・・
ではあるものの、これに下肢静脈瘤症状軽減の効果があるとは思えません。

それに、血管強化には良いとされるコーヒーは朝200ml+昼までに350ml+昼食後350mlをここ2年飲んでいます(^^;)
代替したDHA+EPAも血管及び血行には良い効果を齎すはずのものでしたが、これらには今までの物の代替効果がないという事の様です。

で、下肢静脈瘤に対する効果は期待していなかったのでまさかとは思いましたが、29種アミノ マルチビタミン&ミネラルを再度飲み始めてみました。 処が再度飲み始めて3日目辺りからチリチリとした痛みが消え、赤紫の出血痕が薄れ始め、青みを帯びて浮いていた血管も色が薄れていくではありませんか。
20171216_VarocpseVeins.jpg 20171124_VarocpseVeins-2.jpg
左足脹脛内側上部土踏まずから踵にかけて

元の写真が撮ってあればよかったのですが・・・元々は赤枠の範囲にクモの巣の様に広がっていたのですが、これが写真と同程度迄改善していたのです。 ところがふと気付くと薄くではありますが紫枠の範囲迄広がっていたのです。 これが約3週間で写真程度迄改善しました。 未だ足首から下の毛細血管の浮きは殆ど改善していませんが、足の裏の攣りやチリチリとした痛みはここ数日出ていませんので、こちらにも効いているのでしょう。 ただ、此処まで変色が広がる基点となっていたここはこの状態で一進一退、完全には消失してくれないみたいです。

正直な処、成分の内の何が効果を齎しているのかは分かりませんが、一般的に言って血管強化には葉酸、VB6、VB12、VBE辺り?

ま、これが全ての下肢静脈瘤に効くとは思えませんが、私の場合は効果があった様です。


《血管に良いとされる成分》

DHA/EPA    悪玉コレステロールの作用抑制
中性脂肪を減らす
血栓症の予防
赤血球膜の変形能を高める
 
L-カルニチン血中コレステロールの増加抑制
血中善玉コレステロールを増加
中性脂肪を減らす
 
ルチン毛細血管強化
血管の弾力を高める
血流をスムーズにする
血圧降下作用
 
サポニンコレステロールの低下
血流改善
血栓予防
動脈硬化予防
免疫機能強化
 
ケルセチン血中脂肪の減少
抗酸化作用が高く血管老化を防止
 
VB6/12/葉酸血液中のホモシステイン濃度を抑える
VC血管強化
VE血液循環を良くし血管老化を防止
VC/E/βカロテン抗酸化作用で血管老化を防止
 
ナットウキナーゼ血液をサラサラにする
 
カリウム塩分排出効果
むくみ防止
 
酢酸高血圧/動脈硬化の抑制

《Dear Natura 29種 アミノ マルチビタミン&ミネラルの成分》
アミノ酸    バリン30mg
ロイシン42mg
イソロイシン30mg
スレオニン21mg
メチオニン39mg
フェニルアラニン42mg
トリプトファン  10.5mg
リシン36mg
ミネラル亜鉛2.94mg33%
カルシウム96mg14%
マグネシウム64mg20%
2.27mg33%
マンガン1.27mg33%
0.3mg33%
セレン9.34μg33%
クロム3.34μg33%
モリブデン8.37μg33%
ビタミン  770μg  100%
B11.2mg  100%
B21.4mg100%
B61.3mg100%
B122.4μg100%
100mg100%
5.5μg100%
6.3mg100%
ナイアシン13mg100%
パントテン酸4.8mg100%
葉酸240μg100%
ビオチン50μg100%

《下肢静脈瘤の症状》

下肢静脈瘤の発症のサインは「足がむくむ、だるい」といった感覚

・ 足の血管が浮き出て見える
・ 足の血管が赤や紫、青緑色に変わり網目状やクモの巣の様に見える
  又その周囲に出血し、暗紫色や鮮紅色の痣の様になる。
・ 足の血管にコブが出来盛り上がる
・ 脹脛がだるい・重い
・ 足が異常にむくむ
・ 足のこむら返り(つり)
・ 足のむずむず感やちりちりとした痛み・痒み
・ 足の色素沈着
・ 足の湿疹・潰瘍

《患者数の推計:2005年度》

男性 :  3.8%
女性 : 11.3%

年齢と共に増加していきますが、経産婦ではその半数に認められるといわれます。


共通テーマ:日記・雑感

睡眠品質向上策について [睡夢庵 日々徒然]

【睡眠品質向上策について】

睡眠品質向上策を検討し始めたのは還暦を迎えてから。 昼間尋常ではない眠気や倦怠感を感じる事が多くなった事が原因です。 まず始めたのは iPhone アプリでの睡眠品質のトラッキングですが、この結果とはどうもシンクロしていません。 そこで、もともと心臓に遺伝性なのでしょう、結滞が起きていましたのでこれを含めて、血液、心臓の状況把握と就寝環境の改善を図る事にしました。

只、本物の医療用機材はとても手が届きませんので、お手軽品を使いますから、どれだけ信頼度がある事やら・・・この結果によっては心理的な原因で悪影響が出る可能性もありますけどね(^^;)>

・ 血圧・心拍監視 手首型に加え、上腕型の血圧計を導入する
          iPhone アプリ/スマートブレスレットでも
          並行して監視

     監視項目 血圧、脈拍、血中酸素濃度

・ 睡眠品質監視  iPhone アプリ/スマートブレスレットの採用

     監視項目 入眠潜時、深睡眠時間、睡眠効率

・ 就寝環境の変更 “床に布団を敷いて”を“ベッド”に変更する。

    目的   - 昼寝をし易くする
         - 浮遊塵埃の影響を軽減する
         - サッシの外気吸気口からの冷気を避ける
           (真冬はこの冷気が首から頭へ当たり結構辛い)

ベットはコイル式のものが本当は良いのでしょうが昔はコイル式では全く眠る事が出来ませんでした。 どうしてもダメな時は元に戻さざるを得ませんので固定式の厚いマットレス型や介護への転用も可能なベッドは諦め、厚手の硬質スポンジの折り畳みベッドを採用する事にしました。
元々は本綿敷布団の上に羽毛布団を敷いていましたが、ベッドではこれをそのまま移行すると腰の沈み込みが深く成り過ぎるので、綿の敷布団だけにしました。
しかしやはりこれでも圧力分布具合がどうも気に入らず、マットの上にプチプチシートのブラダン版の3*6シートを敷いて部分的な沈み込みを抑える積りでしたが、やはり軟質に過ぎ体重のかかる部分が折れて来ました。 そこで硬質の3mm樹脂の養生シート(ブルーボード)を 750 * 1600にカットしてプラダンと共止めしてマットレスの上に敷きました。 これで床の上に布団を敷いた状態に近い感覚になっていますので、これなら大丈夫かも・・・

枕も相対的に低くなってしまったので、横向き用の高めの枕を新たに調達しています。

・睡眠時無呼吸、口内乾燥の改善

  抱き枕の導入  寝返り回数の減少効果

  鼻呼吸テープ  寝返りを打ち仰のけになると口が開き口呼吸を始めて
          しまい、鼾をかくせいで睡眠時無呼吸、口内乾燥に
          つながっている

《監視手法の効果と問題点》

現在 iPhone 用アプリやスマートウォッチで睡眠管理を行い、睡眠品質向上を目指していますがおおもとになる計測法の精度が余り良くないという現実に行き当たっています。
今回は睡眠時無呼吸症候群のトラッキングの為に、着床時にICレコーダで録音を開始し、起床と共に録音を停止し、その録音結果を見ていますが、この結果双方共に「眠りに落ちた、中途覚醒したという判断」に誤りが多いという事が明らかになって来ました。

ソフトウェア:「Sleep Meister」

現在使用している iPhone 用アプリは「Sleep Meister」という物ですが、使っている物が iPod Touch ですから使えるセンサーが少ないせいかもしれませんが、入眠潜時が非常に長くなる事があります。 今回録音結果と比較した結果、呼吸のピッチも安定し、就寝と判断した部分と同じ波形の継続と10分を超える鼾があるにも関わらず、未だ眠りについていないと判断されているケースが結構多い事が明らかになりました。 呼吸や寝返り、身動ぎといった録音波形と入眠潜時の時間と比較して見てもどうも何が入眠・深睡眠・浅睡眠・中途覚醒の判断基準になっているのかが分かりません。
このソフトは血圧、心拍、血中酸素、血液粘度の測定機能も持っていますが、これらはカメラ若しくは受光素子を利用した光学的な測定です。 これはスマートブレスレットも同じ方式です。 皮膚下の血管の透過若しくは反射を利用した方法ですので、その精度はまだまだ実用には程遠い様に感じます。

ハードウェア : 「スマートウォッチ V07S」/「FIT751」

スマートウォッチとそのアプリでは着床の判断をハードが自動判定しますが、これを間違うケースが3割近く出ています。 初回の覚醒(トイレ)迄の時間が短い場合、1回目の覚醒後を着床と判断してしまう様です。 一応中途覚醒も捕捉する様になっていますが、アプリと違って着床の判断もハードが行いますのでこれも誤認に結びついている様です。

就寝直前にアレルギー性鼻炎対症薬を飲んで寝るケースがあるのですが、このケースでは往々にして1時間半前後で覚醒しトイレに行きます。 この場合、ここ迄が無視されたり、2回の睡眠に分けて記録されてしまいます。

血圧計    : 「Panasonic EW-BW10」/「CITIZEN CH-550」

同じ規格に基づいた製品として製造されているものですが、購入した血圧計がどれも相互誤差が保証精度±3mmHg の倍にすら収まりません。
特に上腕カフ式では巻き方による計測誤差が10mmHg 以上出ますし、手首型に対し多い時には2~30mmHg 以上高い値を示します。
店頭で確認した所では手首型よりも上腕型の方が高く誤差も大きいような気がします。 カフ型は手首/上腕を問わず、巻き付け不良や体動エラーが出る事も多いですし。

《項目に対する評価》

血圧 : iPod Touch6 やスマートブレスレットの光学式の計測法は
     その補正を含め未だ実用の域には達していません。
     iPhone のアプリではベットに寝た安静状態では手首型に
     近い値を返しますが、活動状態では20mmHg 前後低い値に
     なってしまいます。

     スマートブレスレットの片方は手首型に対し、ほぼ30mmHg
     高い値を示し時折ほぼ同値を返す状態で、測定値の変動範囲も
     血圧計に対して僅かしか変動しません。 もう一方も同じで
     こちらは補正が掛けられ、日常の高低の平均当たりを設定
     すれば、高い時を手首型に合わせる事が出来ますが、手首型
     に対し変動幅が半分位しかありませんので、低い時が合いま
     せん。 この種で行われている光学式は未だ実用レベルには
     到達していない様ですね。
     V07S というスマートブレスレットは22時5分から翌朝8時5分
     迄1時間毎に血圧を測ってくれます。 時間トリガーですので
     血圧サージの捕捉は難しいですが、引っ掛かった事もありますので
     参考には出来るでしょう。

こういう状況ですし、血圧の判定基準も高血圧学会と人間ドック学会の間では
大きく違っていますので、以下の数値を限界値と考える事にしました。
只、問題は血圧差ですね、WHO/ISHの資料を眺めているとこの値は
50mmHg をベースとして記載されています。
私の場合はほぼ半分がこれを超えていますので・・・

年齢における血圧の上限値  : 年齢 + 90 = 160
人間ドック新基準(正常範囲): 収縮期血圧  88~147
                拡張期血圧  51~94

ドック学会基準を適用すると引っかかるのは通年でも1%強ですので問題は
ないだろうです。
こういう文書作成や検索をしながら測定するとドック学会の正常上限を中心に
±10位の範囲にあるみたいです。 拡張期の方はいつも70~85の間に。

血中酸素 : これは iPhone アプリ「iCare血圧測定」と Fit751 で計測が
       可能です。 %表示ですし、元々正常とされるレンジ幅が
       狭いので確度がどの程度か分かりませんが、測定差は=or1
       です。 値は95~97%範囲に収まっているので覚醒時
       には問題はない様です。
       無呼吸状態の時にこの推移が見られるとよいのですが。

血液粘度 : これは iPhone アプリ「iCare血圧測定」のみ計測可能です。
       少々残念な所は表示される値が意味する処と基準が判然と
       しない所です。
       0.33~0.45 の間では“普通”という評価、2度 0.50超えが
       ありましたがこの時は“高”となっていました。 どうも
       “サラサラ”という状態には程遠いのでしょうか。

心拍数  : 血圧計には表示されますが、約1分の値に過ぎません。
       これを把握するにはやはり常時装着するスマートブレスレット
       などが必須です。
       V07S というスマートブレスレットは30分に1回計測してくれ
       ますし、頻脈/徐脈の発生をバイブレーションで知らせます。
       多い日には10回以上ブルブル。 夜間にも起きていますが
       本人はこの振動位では全く目覚めずです(^^;)
       ICレコーダーにはしっかり波形でこの振動が録音されて
       いました。

       そうそう、地震速報のアラームも録音にはしっかり捉えられて
       いますが、これもまったく私には通用しません。

入眠潜時、深睡眠時間、睡眠効率 :
       Sleep Meister は入床時間は手動ですが、S07V ではハードの
       判断に任されますが、入眠のタイミングがソフトもハードも
       6~7割の確度でしか捉えられていません。 この2点が
       狂えばその回のデータは全て没ですので・・・
       手に装着していますから、スマートブレスレットの方が拾える
       確率が高いと思いましたが、案に相違して・・・
       初回のトイレ覚醒を入床として扱ってしまう確率が結構高い
       様な。 入床から2時間?以内にトイレに行くとそれ迄が
       オミットされるみたいです。

睡眠効率は iPod Touch を置く環境も変わっており、アプリの寝付く迄の時間や覚醒時間の取り方が録音結果と合わない場合が多い様ですので、この劣化は余り気にしなくても良いと思っています。 少なくともほぼ85%以上になっていますので、普通ないしは良と判断されるレベルにはある様です。

深睡眠率も出していますが、この値は床に布団からベットに変えて約5%落ちており、現状は約9%近く劣化しています。 実効的には26%の劣化ですからやはりベッドは合わない様です。 只、iPod を置く環境が変わっていますのでこれが実態かどうか? 眠気や倦怠感は直前の方が酷かったと思いますので感覚と数値が一致しません。

《就寝環境の変更・口内乾燥対策の効果》

床に直に本綿敷布団+羽毛敷布団の組み合わせで寝ていた時に比べるとベッドも影響して、先に挙げた様に深睡眠率が大幅に劣化しています。 ただ、この数字と感じている疲労感や眠気のレベルは一致しておらず、寧ろ全体としては好転しつつある感じです。

これはひょっとすると無呼吸・口内乾燥対策で行っている「鼻呼吸テープ」が無呼吸回数の低減、鼾の音量の低減、口内の乾燥及び粘着きの軽減といった事がプラスの効果を齎している為かもしれません。
「セレブリーズ」の方はテープの粘着力が私には弱い様で朝までついていたのは7/10、貼り直しへの耐性も弱い様です。 また、幅も狭すぎて吸気を許してしまいます。

ほぼ倍しますが、「ナイトミン」の方が貼り直しに対する耐性が高いにも関わらず肌への当たりが柔らかですし、幅が広い分少しずれても口端が余り開きません。 こちらは15日間朝までちゃんと付いていました。 その分、口内乾燥、粘着きも少なかったですね。

「鼻呼吸テープ」を使い始めて3週以上を経過しましたが、すこし鼻呼吸の習慣性が上がったかもしれません。 テープが外れてそのままで4時間寝ましたが、使い始める前に比べると乾燥・粘着き共に余り感じない状態になりましたので、これは習慣付けには有効な様です。
只、今止めてしまうと元の木阿弥になりそうですので、無くなるまで続けてみる事にしています。

そうそう、今日「H-Band」の睡眠品質評価が使い始めて41日目にして初めて五つ星の完璧という評価でした。


共通テーマ:日記・雑感

起床時の口内乾燥防止の為に [睡夢庵 日々徒然]

【起床時の口内乾燥防止の為に】

睡眠時無呼吸症候群に関する対症方法に

① 枕の変更
② 抱き枕
③ 鼻呼吸矯正テープ  を採用してみました。

狙いは4つ

・ 鼾を軽減する。
・ 後頭部・肩の凝りを軽減する。
・ 無呼吸回数を減らす。

そして今回は“口内乾燥を防止する”がメインテーマです。

凝りについてはどうも眼精疲労が原因か。 ここの処ちょっと根を詰めてディスプレイと睨めっこをしていましたので、眼鏡の度が合わなくなっているのと合わせ、猫背になっていたのもこれを助長していたのでしょう。 頼まれ事の始末がついたら段々軽減して来ていますので、凝りは睡眠系との関係は薄い様です。

「ナイトミン」15日分を使い終えましたので、テープを使わない日を挟んで「セレブリーズ」で再検証を始めています。

セレブリーズとナイトミンの比較

ナイトミン    15枚   645円
 発売元   : 小林製薬
 不識布基材 : ポリエステル
 粘着材   : シリコン系

セレブリーズ   30枚   599円
 発売元   : メイクファン
 発売元の所在地はアパートの一室の様ですね。
 この商品名は随分昔から知っていた様な気がしますが、発売元も製造元も
 はっきりしない商品です。
 推薦者になっている所も既に閉鎖しているし・・・





20171208_nightmin.jpg材質的にはほぼ同質ですが製造・梱包方法が「ナイトミン」の方が凝っており、高いのはこのせいか?
「セレブリーズ」の方が少し長さが長く、鼻下長(^^)な方にも合うでしょう。 CPは明らかにセレブリーズの方が上ですね。

《使用感について》

「ナイトミン」

・ 粘着剤      一晩しっかりついており、朝でも口からの吸気は
           難しい状態のまま
・ 皮膚への影響   なし
・ 口内乾燥     ほとんど解消
・ 口内粘着き    大幅に軽減し、2度位軽く濯げば違和感は消える。
・ 口蓋粘膜への影響 粘液の膜は出来なくなった。
・ 鼾        回数的には変わらないが音圧レベルは半分以下
           なっている。
・ 無呼吸      回数的に半減し、時間も短くなった。
           戻った後の切迫呼吸がほとんどない。

「セレブリーズ」

・ 粘着剤      ずれて付け替えをすると粘着力が失われる。
           再使用が出来ない事が多い、
・ 皮膚への影響   なし
・ 口内乾燥     「ナイトミン」と比較すると残っているし、テープの
           付け具合によっては付けない時とほとんど変わらない
           ケースもあった。
・ 口内粘着き    日によって程度にばらつきが出る。 効果がない
           場合も
・ 口蓋粘膜への影響 鼻炎の症状のせいかもしれないが、奥に少し膜の
           生成を感じる事がある。
・ 鼾        回数的には変わらないが音圧レベルは半分以下
           なっている。
・ 無呼吸      回数的に半減し、時間も短くなった。
           戻った後の呼吸は「ナイトミン」に比べ荒い。

《鼻呼吸テープの効果》


・ 睡眠効率「(就床時間-入眠潜時-覚醒時間)/就床時間」

     ・ 床に直に布団を敷いて寝ていた時期   平均93%強
     ・ ベッドに変更後            平均90%弱
     ・ 鼻呼吸テープ試用期間         平均89%強

       睡眠効率に対する影響は鼻呼吸テープよりもベッドの採用の
       方が大きいですね。 若い頃は特にスプリングマットのベッド
       では全く寝れず床に寝ていた位苦手でしたから、慣れるまでに
       暫くかかるのは覚悟でしたが、やはり結構大きな影響が出て
       いました。
       深睡眠と浅睡眠の比率に関してはより大きく、35.8%から
       25.8%へ大幅にダウンしていますので、ベッドはやはり
       大いに苦手な様です。 只、少しづつ上がっている様ですので
       その内慣れるのではないか・・・それに床の感覚に近づける
       工夫をしています(^^;)>

・ 深睡眠率「深睡眠時間/有効睡眠時間」: iCare血圧測定のデータ

       「ナイトミン」使用開始前15日間と使用中15日を比較
       した場合、双方とも平均は44%で全く差は出ませんでした。
       又、半月位では鼻呼吸の習慣付けという効果はなさそうです。
       もともと完全には口を塞ぐ訳ではありませんので、吸気は
       別として排気は相当部分口に廻っています。

・ 鼾    大きさは大分下がる様です。 平均すると 10dB 以上
       小さくなっているみたいです。 -20dB を超えるものは
       殆どなくなりました。
       只、鼾をかく時間については大差はない様に感じます。

・ 夢    テープを付け始めて10日は記憶に残る夢はありません
       でしたが、その後の5日は物が見つからない、出来ない系の
       夢を見ていました。 記憶に残る夢はまず見ない方ですので
       やはり相当なストレスにはなっているのでしょう。

       「セレブリーズ」で再開後5日間今の所夢は見ていません。
       2日の休止でリセットされた?

・ 無呼吸  以前は40秒を超える無呼吸が一晩に3~5度発生して
       いました。 「ナイトミン」がなくなった日の夜は早速
       3度起きました。 テープをしていない時の無呼吸では
       息が戻った後切迫呼吸が数回続きますが、している時の
       無呼吸の後は何故かほとんど切迫呼吸になりません。
       「セレブリーズ」を使い始めるとやはり「ナイトミン」の
       際と同じ様な呼吸になっています。
       只、鼾は「ナイトミン」よりも大きく口から吐くケースも
       多くなったみたいですが、ちょっと鼻炎が出かかっています
       ので、鼻が詰まり掛け・・・。
       とはいってもゼロにはなっていませんし、やはり仰のけに
       なると鼾をかき、呼吸が引っ掛かり無呼吸が起きますので
       完全な対策とはならない様です。

・ 口内乾燥 これは「ナイトミン」の方が幅が少し広い事と粘着力が
       強いので息を吐く際の口内圧力が上がっても唇が開くのに
       抵抗が強い様です。 アレルギーの影響で鼻の通りが悪く
       なっていますので何ともですが、「セレブリーズ」では
       口内乾燥を感じます。 また、粘着きもすこし強く出て
       います。

       何れも2~4度口を漱げば落ち着く様になっていますので
       口内乾燥や粘着き、粘膜剥離には鼻呼吸テープは有効です。


追補】

「抱き枕」は私には効果が余りない様です。 確かに枕の太さだけ掛布団が持ち上がりますので、寝返りは遥かに楽になります。 しかし録音の結果では、これによって寝返りの回数が減るという事はない様ですし、鼾や無呼吸の回数が減るという感じはありませんでした。
この点では明らかに「鼻呼吸テープ」の方が効果がありますね。

私は寝付きには左を下にしていますので最初は左に置いていましたが、有意差が出ないので右に移してみました。
こうすると背中に枕が当たりそのままでは寝返りが出来ず仰のけにはなり難いのでひょっとしたらと期待しましたが、体をずらして仰のけになっている様で、しっかり変わらないレベルの鼾をかいていました(^^;)


共通テーマ:日記・雑感

眠気・肩凝り・・・原因=睡眠時無呼吸症候群? [睡夢庵 日々徒然]

【眠気・肩凝り・・・原因=睡眠時無呼吸症候群?】

今年に入って何となく疲れが取れ辛く、眠気が襲い床にゴロリとなり仮眠しようとするのですが眠れないというのがずっと続いていました。 これに関してサプリを 肝臓エキス+オルニチン/DHA-EPA に切り替えたら調子がいいと報告しましたが、ここに来て徐々に昔に戻っています。 肌の調子も最初の頃は油でも塗ったのではないかという位のシットリ感だったのですが、最近はスベッとはしているものの・・・

また、最近では朝起きると口の中が乾き、口蓋に粘膜が張り付いた様になり始めました。 これも例年よりも少し酷くなったみたい。

それとも今回部屋の模様替えに合わせてベッドにしましたが、そのせいか?

元々鼾をかくらしいので、ひょっとしたら睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)? だとすれば高血圧化や頻脈・徐脈が出て来る事も頷ける・・・
じゃぁ、どうやって確認するか・・・一晩録画の機材はないし、一般の機材では連続7時間といった録画は出来ないし・・・

そうそう、録音で代用すればいい。 で、SANYO ICR-PS501RM を枕元において一晩録音してみました。
前に1度採った事があるのですが、その時は鼾をかく事はありましたが、呼吸が大きく乱れる事はありませんでしたので、一安心だったのですが・・・

今回は大ショック・・・将に睡眠時無呼吸症候群の典型的息継ぎがしっかりと録音されてました。 無呼吸状態が長いと40秒+・・・
10秒前後からを拾うと10回以上・・・

では以下に、証拠を残す検証方法を・・・

耳で聞いて確認されるのであれば、録音に使う機器は問いません。
画面上で確認し、前後の状況を含め証拠を残すとすれば、デジタル録音機器若しくはPC/スマホを使わねばなりません。
最近のICレコーダー/スマホは録音したファイルをPCで取り込む事が出来る物が増えています。 多くはmp3かwaveファイル形式で保存しているはずですので、これを波形で見せてくれるソフトがあれば視覚化が出来ますね。

《使用する機材・ソフト》

録音機材 : SANYO ICR-PS501RM
使用ソフト: mp3DirectCut
製作者ページ : URL = http://mpesch3.de1.cc/mp3dc.html#dwn
ダウンロード先: URL = FREESOFT100

流れは

① ICR-PS501RM を枕元に置き、録音状態にして就寝する。
② 起床したら、録音を停止する。
③ PCに接続し、録音されたファイルを取り込む。
④ mp3DirectCut で録音したファイルを開く。
⑤ 波形を見ながら目視で怪しい所を探し、その部分を再生してみる。
  ⇒可能性がある場所を探す方法として、“無音部の抜出し”を使う。
   これは mp3DirectCut の「特殊」-「無音区間の検出」を開いて
   1. レベル     無音区間の終端検出の為の音量指定
   2. 長さ      無音区間の最低の時間を指定
   3. オフセット   検出場所から何フレーム戻すかを指定
   を指定して無音区間相当部を検出させる。

mp3DirectCut は画面横一杯で約6分間の疑似波形を表示出来ますので呼吸停止時間が長い方でも前後を含めて一覧が出来ると思います。
⑤の手法では停止期間を確実に捉える保証はありませんので、「マイナス虫眼鏡」マークで画面内表示時間を延ばしてスライドバーで全体を眺めて行くのが一番確実だと思います。

この結果見付けた「睡眠時無呼吸症候群」の典型的呼吸停止の事例
20171118_SAS_record.jpg
この方法で簡単に目で見える形での検証が可能ですので、この症状の疑いを持っておられる方は検証して見られてはいかがでしょうか。
その時の寝相は判りませんが(^^)

上図は mp3DirectCut のウインドウキャプチャーを縮小していますので、見辛いですが・・・
① 黄色の数字  :先頭から縦の黄色の破線迄の経過時間
          黄色の破線はフレーム単位に移動する
② 縦の水色の帯 :呼吸停止の先頭をマウスでポイントし
          息をした所までドラッグした範囲
          これは自由選択なので波形に合せられる
③ 縦の茶色の破線:自動検出した無音区間の終端
 ・無音区間の検出結果は下の茶色の帯に縦線で示されている
 ・帯の部分の下のスライドバーを左右に動かし表示する部分を
  選択する
 ・赤の輪で囲われた部分に選択した始点及び終点の時間と
  選択された範囲の時間が表示される。

前後の鋸の様な波形は鼾と息継ぎです。 呼吸が戻った後大きく息継ぎを繰り返し、呼気ピッチが速くなっているのが判ります。

私自身は寝付きの時は左を下に横を向いて寝ていますし、起きる時には大体横向きですので、多寡を括って居たのですが、最近口の中がカラカラになる事が多くなりました。 これは口を開けて、口呼吸をしている証拠ですので、まず鼾・・・そして・・・

結果、やはりでした(^^;)

下図は正常な息継ぎと寝返りの波形です。
20171118_SAS_normal.jpg

それにしても・・・睡眠時無呼吸症候群、拡張期高血圧に頻脈、徐脈、血圧サージ・・・最近テレビで取り上げられている問題症状みんな持ちとは(^^;)> 昔からなのかな?・・・これが原因で心肥大気味?。

まぁ、正確に言えばまだ前「睡眠時無呼吸症候群」、診断基準に照らせば、5~7時間で10秒以上の呼吸停止が10~15回、内1/3が20秒~40秒ですので、軽症にも入らない様ではありますが(^^)>

《対症処置》

さてどうするですが、「CPAP療法」みたいな器具を付けるなんてのは
願い下げですからね~

「たけしの~」だった?みたいに抱き枕? いろいろ試してみる
しかありませんね。

・ 枕の変更    前の枕は高さが低かったので少し高めの物に
          変えてみたのですが、効果はなかった様です。
・ 抱き枕     43*120の長枕を抱き枕代わりにして
          みましたが・・・変化はありませんでした。
・ 鼻呼吸テープ  小林製薬のナイトミンしか近傍の薬局には
          なかったので少々お高いですがこれを・・・
        ・ 従来の様な鼾をかく時間帯が少なくなった。
        ・ 鼾の最大値が10dB 以上小さくなっている
          みたい。
        ・ 無呼吸の回数が零にはなりませんでしたが
          半減はした様です。
        ・ 今日は眠気が出ませんでしたのですこしは効いた?

下図の上は4日前枕を変更した後の鼾の状態です。 下は鼻呼吸テープを付けた日の軽い鼾です。 ほぼ同じ時間帯に寝返りを打つのでしょう、似通った時間幅鼾が続きます。 下では鼾はかいていますが、呼気/排気ともに同じテンポで続き、空気を吸えていないという感じではありません。 しかし一晩では2度ばかり30秒+無呼吸が出ましたので、完全には抑えきれませんね。
20171118_SAS_nightmin.jpg
暫く抱き枕+鼻呼吸テープで様子を見てみる事にしますが・・・

ネットで調べても残された処置法はマウスピース、「CPAP療法」、手術位
しかありませんね(^^;) さてさて・・・

《その他の確認法》

iPhone/iPod Touch だけで確認する為のアプリがあるかどうか見てみましたが、録音と波形が確認出来るものはありました。
波形表示のレベルが低く少々見辛いですが、これと画面のスナップショットを使えば画像として残す事も可能です。
録音可能時間に関しては未確認ですが。

App Name : レコーダー

《睡眠時無呼吸症候群の定義と重症度分類》

一晩(7時間)の睡眠中に30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)があり、そのいくつかはnon-REM期にも出現するものをSASと定義する。 1時間当たりの無呼吸回数が5回以上(AI≧5)でもSASとみなされます。

AI(Apnea Index) : 無呼吸指数

重症度分類

睡眠時間1時間当たりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数をAHI(Apnea Hypopnea Index)無呼吸低呼吸指数と呼び、この指数によって重症度を分類する。
低呼吸(Hypopnea)とは換気の明らかな低下に加え、動脈血酸素飽和度(SpO2)が3~4%以上低下した状態若しくは覚醒を伴う状態を指す。
軽症    5≦AHI<15 
中等症 15≦AHI<30
重症 30≦AHI



共通テーマ:日記・雑感

わたしと車の検診 [睡夢庵 日々徒然]

【わたしと車の検診】

《特定健康診断》

9月16日に受けた特定健康診断の結果が送付されて来ました。 まる1か月待たされました。

結果は「メタボリックシンドローム予備群、血圧が高めなので受診を勧める」という毎度お馴染みの結果でした。

数値的な赤点は腹囲と収縮期血圧。 あとコレステロール比が2を超えている事位でしょうかね。 HDLが下限近くで上がってくれないので・・・
腹囲は体重を落としていた去年だけパスしていましたが、それ以外は・・・で、例年この2項目で予備群が続いています。

血圧も今回は3度測って150を切らなかったので・・・廊下に置いてあるオムロンの自動血圧測定器で測るのですが、例年140~150の間・・・最終的に看護師が水銀柱式で測って低い方を拾ってくれるのですが、今回は150を切らなかったので一番高い158を記入されてしまいました。

腹囲は遺伝的な物もあり体形が・・・それに小学4年から高校卒業迄ほぼ毎日自転車で10km以上走っていましたので、当時は腰回りは1m越え、太腿は65cm近くありました。 現在でも腰回りは96cm位ありますので、臍位置での84cmは臍回りが摘まめなくならねばまず難しい・・・昨年はこれを切るのを目標に体重を落としていたのですが、この歳になるとBMIが21を切ると体が全体的に油切れを起こした様で却って調子が落ちてしまいました。 で、今年は徐々に戻して67kg、BMI22前後にしています。 そのせいで腹囲が2cmプラス。

血圧は少し心肥大があるせいか、昔から安静にしても血圧が落ち着く迄に時間が掛かっていましたし、「白衣性高血圧症」のキライもある様ですので・・・自宅で測ってもデスクワーク直後や考え事をしていたりすると130~160の間で暫く落ち着きません。
朝起きてベットの中でそのまま測ると大体120/75以下、日中も椅子に座って3分位経って測れば大体130/80以下に入ります。
こんな感じで毎日3回*3乃至4回計測していますが、800回以上計測した中で140超えは6回、85超えは0です。

年齢的に見て142/85位が正常範囲の様ですし、130未満が84%以上ですから未だ医者にはかからない積りです。
医者をやっている姪っ子も頭痛が出たり、こめかみや眉間に血管が浮いたり、目が血走ったり、心拍亢進と高血圧が同時に出ていないのであれば降圧剤は飲まない方がいいといっていますし。

日本人の死因を見ると下記の割合になっている様ですので、高齢者の医療費抑制が目的とすれば特定健康診断の検査項目はちょっと的外れではという気がします。

医療費が高額になるものは、悪性新生物、脳卒中、循環器系疾患といったものでしょうから、これらの早期発見を目指すのであれば検査項目が違うのでは? 確かにこれらの検査を行うとなると人間ドック並みになってしまいますので、現在の額では難しいでしょうが・・・

現在、血液や尿、体臭での癌の早期発見の可能性が出て来ていますので、一般的血液検査に加え、血管の若さの検査、頸動脈超音波診断を組み合わせれば呼吸器・脳動脈系関連以外はほぼ網羅出来るのではなかと思いますが。

(日本人の死因)  出典:厚生労働省2017/07/19更新

1. 悪性新生物    28.5%
2. 心疾患      15.1%
3. 肺炎        9.1%
4. 脳血管疾患     8.4%
5. 老衰        7.1%
6. 不慮の事故     2.9%
7. 腎不全       1.9%
8. 自殺        1.6%
9. 大動脈瘤及び解離  1.4%
10. 慢性閉塞性肺疾患  1.2%
11. その他      22.8%

《車の健康診断》

早いもので納車以来6か月、10月20日6か月点検を受けて来ました。

暑さも急に和らぎ、むしろ寒い位の昨今、クーラーが入る回数が減りましたので燃費が向上し始めました。 前回の報告直後に12.4km/l に向上し、以降これから落ちていません。

車に関しては最近の車です、半年程度で異常が出る事はまずありません。 非常にしなやかな健康体を維持していると思います。
6か月点検自体は異常点もなく、点検パックに入っているのでオイルが交換され約1時間で終了。

今日は雨が降り続いていましたので水切り音が主体ですが、それでもいよいよ静かになって来ている印象です。 エンジンの回転も滑らか、6000+迄ストレスなく回ります。

「D」ばかりでエコ運転をしていると3000をほとんど超える事がありませんので、放っておくと徐々にエンジンが重たくなって行きます。
私自身は余り乗りませんので、乗った時は前が空いた時には時折オートやパドルシフトで6000迄廻したり、マニュアルで2000~4000辺りを使って走り、具合をチェックしています。

前日にフロントグラスのRAIN X処理をしましたが、50km/h 前から綺麗に下から上に放射状に雨粒が流れてくれ、殆どワイパーを使う事はありませんでした。
リアウインドウには形状的に走行中に雨粒が当たる事はありませんので、付着するのは下から巻き上げた小さな水滴だけの様です。 今日見た限りでは往復約30kmの間に6回ワイパーを動かしましたが、前回感じた様な視野を塞ぐほどの状態にはなりませんでした。 両サイドに付けたテープの効果??

さて、次はスタッドレス・・・


共通テーマ:日記・雑感

サプリ切替えの効果報告 No.1 [睡夢庵 日々徒然]

【サプリ切替えの効果報告 No.1】

6月末からサプリをなくなったものから順次以下の様に切換えましたが、今回は吃驚する位の変化が出ています。 変更して2ヵ月経ちますので感じている効果を報告する事にしました。

今回の変更は、肝臓・血管・記憶・視力と言った今一番劣化が感じられる箇所への対応を主眼としたもので、過去の総花的なものでは効果はないと見切ったから・・・

従来現在
Dear-Natura コエンザイム Q10
Dear-Natura マルチビタミン&ミネラル
ザ・ガードコーワ整腸錠α+
  ⇒   小林製薬 肝臓エキスオルニチン
DHC DHA+EPA
重曹水
meiji イソジンうがい薬


《小林製薬 肝臓エキスオルニチン》

最近の疲労感や肌の状態の原因が肝臓にあるのではないかという疑いを持った事とB型肝炎の抗体保有と言われたのでひょっとしたら肝機能の低下を来たしているのではという疑いを抱いた為、これを飲んでみる事にしました。

《DHC DHA+EPA》

最近とみに直前記憶が駄目になっている様に感じています。 別の事を始めてしまうとその前にやっていた事を忘れてしまう。 水飲み用のコップを取りにいって、ついでだと思いコーヒーを入れたらコップを持たずに部屋に帰って来てあれ? トイレでポチャンを恐れて iPod を棚に置いてそのまま出て来る・・・等々(^^;)

それと以前より手の血管が痛む事が増え、手や足の裏が攣る事が多くなったような気がします。

DHA には血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きや視力回復効果があると言われますし、アレルギー予防・血栓予防・免疫力向上・認知症予防・記憶力向上といった効用が上げられていますからね。

《重曹水》

重曹水の効果としてまぁ信じても良い所では

・ 疲労回復効果   疲労原因の一つが水素イオンの蓄積と言われます。
           加齢により代謝機能低下で交換機能が落ちて・・・
           この水素イオンと結合し排出を助けてくれる。
・ 胃腸改善効果   胃酸中和効果。 軽度の逆流性食道炎があります
           ので、これが抑えれられれば。
・ 便秘改善効果   酸と反応して炭酸ガスが発生しますのでこれが刺激
           となって胃腸の働きを活発化する。
・ 尿酸排出効果   通風にはなりたくありませんからね。
           私自身は血液検査での数値には問題ありませんが。
・ 殺菌・研磨効果  これは薬事法では謳えない項目ですが、もしあるなら
           めっけもの(^^)

で、朝 500ml のペットボトルに 2g+ の重曹を溶いて重曹水を作って置きます。
大体朝食後1時間頃に約 200ml を飲み、コーヒーで口の中を中和します(^^;)
なにしろ酷い味ですから・・・昼も同じ要領。 残りの 100ml は夜の歯磨きの
際にまずこれでマウスウォッシュです。
一般的に言われる 3g では飽和する様で、ペットボトルの底に沈殿物が残ります。

《meiji イソジンうがい薬》

この齢になるとほぼ 100% 歯周病があるといわれますし、最近アレルギーに同期して口内炎が出る率が高くなっています。 また、鼻炎が年中になってしまい、透明な粘液性の鼻水が途切れない為いつも無意識に口を開けています。 このせいで朝は口の中に粘膜が張った様な・・・冬に向ってこれから酷くなっていきますので、少しでもこれが軽減出来ればという所。 この影響で喉頭蓋辺りに落ちた鼻水が溜まるのか、粉物(一味等も)が張り付いて噎せる事が多くなってきました。 アレルギー対症薬のパブロンを飲むとイガラッぽさが消えますので、いつも軽い炎症を起こしている様です。 これを抑えられないか・・・
で、風呂から上がったら、タニタの体重計で体脂肪・骨量等をSDに記憶させた後、重曹水でマウスウォッシュをした後歯磨きをし、最後にイソジンでうがいとマウスウォッシュです。

《感じている効果》

体調全般   日中に感じていた眠気・だるさが半減これはオルニチンを
       飲み始めたら即効・・・
肌の変化   オルニチンを飲み始めたら粉吹き状態の脛が軽症化し始め
       ましたが、DHA+EPAを飲み始めた所直ぐに全身がオイルを
       塗った様にシットリ・・・風呂上りのニベアが不要に
       なりました。
       最初は少々ネットリ感があったのですが日を経るごとに
       ネットリ感が消え、シットリツルリに。 これは吃驚でした。
汗の変化   周りの皆が驚く程の大汗かきなのですが、その汗がベットリと
       した汗で・・・汗が収まっても肌がベタベタ。
       それが今では汗が引いたら膚はサラリ・・・これも吃驚ですね。
便通     アレルギーから来る自律神経失調で大体6月一杯位迄ガスと
       コロコロ便に悩まされます。 毎日便通はあるものの・・・
       これもすこし軽症化した様です。
       整腸錠を飲んで来ましたが、少し軽症化したかな?と思う程度の
       効果しかありませんので、8月に入って整腸剤を止めて、
       重曹水に切替えました。 現時点では一応全て解消した様です。
       切替の効果かどうかは萱の季節になってアレルギー反応が出てから
       ですね。
口腔内    アレルギーの症状に合わせていつも口内炎が出たり入ったりを
       繰り返しますが、時期もあるでしょうが、現在は消えています。
       朝起きた時の粘つきは大分軽減しています。

9月には健康診断を受けてみようと思いますが、どういう結果が出るか・・・


共通テーマ:日記・雑感

小林製薬 肝臓エキスオルニチン & DHC DHA [睡夢庵 日々徒然]

【小林製薬 肝臓エキスオルニチン & DHC DHA】

以前の常用薬は
アレルギー対症薬パブロンゴールドA顆粒1/2~4包/日
突発性難聴進行防止 NatureMade1~6錠(50-300μg)
健康維持Dear-Natura コエンザイム Q10  1錠   1/2量
Dear-Natura アミノ マルチビタミン2錠   2/3量
ザ・ガードコーワ整腸錠α+6錠   2/3量

最近の体調の変化を考えると、ビタミン/ミネラル系の補充では駄目なのではないかという考えに至りました。 というのは

・ 昼食後等にどうしようもない程の眠気に襲われる様になった事
  横になったからといって直ぐに眠れる訳ではないにも関わらず
・ 脚の肌の乾燥が夏に向っても収まらず粉を吹いた状態にある
・ 眼底の痛みが収まらなくなった
・ 耳鳴りの質が変わって来た?
・ ガスによるお腹の張り・コロコロ便がアレルギーの酷い時期を
  過ぎても収まらない

といった症状から肝機能/神経伝達系の機能低下に疑いを持ったからです。

それに、外出しようとする度に忘れ物で物を取りに帰る頻度が増えて来た様な気がしてその系統のものを組み合わせて摂取してみる事に。

アレルギーに関しては現在も温度やイネ科には反応が出る事がありますが、症状が軽減する6月末以降は症状が出た時に1/2包摂取するに止めています。 只、まだ鼻腔が鼻汁の産生を止めませんので、喉の奥に落ちて来ています。

突発性難聴に関しては検知する症状である右耳の膨張感や低域の異常感が出た時にその強さに応じて摂取量を変えています。 一応沈静して行きますので心理的なものかもしれませんが効果はある様です。 大量摂取 3000μg/日をしていた当時と状態の変化はありませんが、急激な劣化だけは避けたいので量は抑えていますが継続摂取しています。

健康維持で摂取していた物に関し、
コエンザイムQ10摂取効果認められず  摂取中止
マルチビタミン&ミネラル 摂取効果体感する
ものなし   
摂取中止予定
ザ・ガードコーワ整腸錠摂取効果? アレルギーによる症状
抑えられず。
摂取中止予定
                            
ネット上ではオルニチンといえば協和発酵が一番派手に宣伝していますが、小林製薬は全てが控えめで、この製品の発案者?の実名を公表している点も気に入りました。 それに含有量も400~1000mgとされる摂取上限の下限に抑えている点も。 これに合わせてDHCのDHA/EPAを摂取してみる事にしました。

・ 小林製薬の栄養補助食品 肝臓エキスオルニチン  1月分

小林製薬の栄養補助食品 肝臓エキスオルニチン 120粒 約30日分

小林製薬の栄養補助食品 肝臓エキスオルニチン 120粒 約30日分

  • 出版社/メーカー: 小林製薬
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

・ DHC DHA                 20日分

DHC DHA (20日分) 80粒

DHC DHA (20日分) 80粒

  • 出版社/メーカー: DHC
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

の2種を選んで6月末から10日ずらしてオルニチン、DHA/EPAの順で摂取を開始しました。

オルニチンに関しては、摂取開始翌日には既に?といううれしい状態でした。

日に~2度床にごろりと横になり15~30分眼を閉じていなければならなかったのが数日後にはまったく必要がなくなりました。 寝起きに関しては昔からパチッ・・・でしたのでこの部分の効果は分りませんが。

DHA/EPAを摂取開始して10日目位から肌の肌理が整い始めしっとりすべすべに・・・20日分を飲み終える頃には、毎日感じていた眼底の刺すような痛みもほぼなくなっただけでなく、耳鳴りの症状も軽減してしまいました。

オルニチン&DHA/EPAの効果

・ 蓄積疲労感の解消  加齢/過去の肝炎感染/アレルギー等で肝臓に
            疲労が蓄積されていたのでは?
            ベタベタだった汗が少しサラリとして来た感覚あり
・ 乾燥肌の解消    粉を吹いていた脛もほぼ解消、顔や腕もスベスベに
            只、DHA摂取開始前にはスベスベ/シットリ感は
            出ていなかったので相乗効果?
            オルニチンだけの時期は未だニベアが必須でしたので
            DHA摂取開始10日目位から実感し始めましたが
            薬効にはありません。 血液サラサラ効果の派生効果
            でしょうか。 オルニチンだけの期間には無かった
            感覚が生まれましたので。
            現在はニベアが必要ない状況になっています。
・ 眼精疲労の解消   眼底(眼球の後)に感じていた刺す(絞る)様な
            疼痛感は完全に解消しています。 流石に睡眠時間が
            睡眠時間が6時間/睡眠効率90%を切ると眠気と
            眼の上の重さが出て来ますが。
            まぁ、この歳で最長15時間3台のPCを前にして
            いれば当たり前かな?ですが(^^;)
・ 耳鳴りの単調化   耳鳴りのレベルも下がり、単純音に戻りました。
            一時の様な音量の揺れや周波数の変調や幅が広がると
            いった現象が薄れてきました。
・ 腹の張り・便    アレルギーが一番酷く出ている3~6月の間は毎日
            便通はあるのですがガスによる張りとコロコロ便に
            悩まされます。 ガスが壁になって1度で終わらない
            時期もあるのでしょうが、現時点ではほぼ解消して
            います。 解消迄の期間が短かった様な気がして
            います。

只、うっかり・物忘れといった処については変化は無い様で(^^;)

今の所この種の薬剤では無かったレベルの効果を感じていますので、暫くこれらを使って見ることにして現在2ヶ月目に入っています。


共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 睡夢庵 日々徒然 ブログトップ