So-net無料ブログ作成

Logicool M590 マウスの導入 [睡夢庵の電脳環境]

【 Logicool M590 マウスの導入】

現在は ELECOM の M-NV1BR という Bluetooth 接続の マルチデバイス接続が可能なマウスを使って Windows10、Windows8.1、WindowsXP の3台のマシンを操作しています。 しかし、Bluetooth 接続の切替えのディレイが大きいのでイライラしてしまい、作業によっては有線マウスを接続してしまい、何のこっちゃ(^^;)

Windows10 及び8.1 が安定して来ましたし、あと少しで WindowsXP とはオサラバする事になります。

そこで切替が早いマルチデバイスのマウスがないものか・・・引っ掛かってきたのが Logicool のマルチデバイス対応のもの

・ MX ERGO     トラックボール/2台
・ M720 Triathlon  3台
・ M590/M585    2台

トラックボールはなかなか慣れず使い辛かった経験があり、かつ価格もマウスに出すにはちと高過ぎる・・・
他も含め皆 WindowsXP のサポートはありませんので、何れにせよ2台しか制御出来ない。 で、カチカチ音が五月蠅くないという M590 を導入する事にしました。
ロジクール サイレントワイヤレスマウス M590 ミッドグレイトーナル M590MG

ロジクール サイレントワイヤレスマウス M590 ミッドグレイトーナル M590MG

  • 出版社/メーカー: ロジクール
  • メディア: Personal Computers


20180130_M590_Package.jpg唯ね~Logicool 社は米国系で Mac 臭がキツイ処。
ホームページをはじめ皆視覚&手前勝手優先・・・Appleと同じで必要な情報がなく、一度引っ掛かると自分で足掻く以外に解決法がない。
現品に付いているインストールガイドもふざけているとしか思えないもの。
そんなにマニュアルを作るのが面倒臭いのか・・・そのくせ自己防衛の文書はしっかり付け、しかも読み辛いゴマメの様な文字なんですよね(^^;)

FLOW(2台の間でのクリップボード経由のデータ授受機能とカーソル移動)を使おうとするとネットワークを経由するので、ウイルス対策ソフトとの兼ね合いが出て来るがその辺りの注意書き・解説がまったく見当たらないないのは不親切と言わざるを得ません。 行き着けないだけかもしれないが癇癪が起きてしまいます。

ESET を使っている為やはり引っ掛かってしまい、関連する実行モジュールを順次パーソナルファイアウォールの対象から外して行ったので使える様になる迄に時間が掛かってしまいました。

使用を開始する手順は双方に

① LogiOptions のインストール(要ダウンロード)
② マウスの接続
③ ネットワーク接続の確認
④ Flow の有効化

手順は簡単な様ですが、なかなか・・・

《Windows10 へのインストール》

・ LogiOptions インストール
・ マウス接続--->不能
  「設定」で検出出来ず。 Logitec の Bluetooth アダプターには反応
  しない?
 ⇒ 仕方がないので Unifying ユニットを使用して接続を完了。

《Windows8.1 へのインストール》

・ LogiOptions インストール
・ マウス接続  タスクトレイの Bluetooth アイコンから「Bluetooth
         デバイスの表示」を選択した処、「Bluetooth デバイスの
         管理」画面に「M585/590」と表示され、マウスを認識
         した。

双方でマウスが認識されたので、スイッチ切り替えで双方の操作が可能かどうかの確認を行ないこれはうまく行きました。

で、双方共に単独動作は確認出来たので、「FLOW」の有効化を行ったが双方共に「手順を確認しろ」というメッセージが表示され、双方のデスクトップ画面上で行き来が出来ません。 やっぱり・・・

ESET のパーソナルファイアウォールは防御力が高いだけに規制もそれだけ厳しいのでアプリケーションがネットワークアクセスとネゴシエーションを行う類はまずブロックされます。 案の定という所です。

ネットワーク上でのデータ授受なので、多分「ESET」のファイアウォールにブロックされていると考えられるので「ESET」上に処置を加えてみる事にしました。

《問題回避法》

ESETのウイルス対策ソフトを使用し、パーソナルファイアウォールを稼働させていると100%接続出来ません。 以下の方法で回避出来ますのでご確認下さい。

・ ルールの設定

C:\ProgramData\Logishrd\LogiOptions\Software\Current\LogiOptionsMgr.exe
が行う UDP/TCP の双方向通信を許容する様に設定する。

 - タスクバー右側の ESET アイコンを右クリック 
 - ポップアップの 「詳細設定」をクリックすると ESET の詳細設定画面
   が開く
 - 左側の一覧の「パーソナルファイアウォール」をクリックする
 - 「詳細」をクリックし展開する
 - 「ルール」の右側にある「編集」をクリックする
 - 追加 - 一般タブ    名前    Logicool_M590(例)
                方向    双方向
                アクション 許可
                プロトコル TCP及びUDP
      - ローカルタブ  アプリケーションの右の「…」を押し
              前出のプログラムを選択する。
 - 「OK」を押して追加画面を閉じ、ファイアウォールルールに
   追加された行の内容を確認し、正しければ「OK」を押す。
 - 詳細設定画面に戻ったら「OK」を押す。
   ここで変更の書き込みが行われるはずです。

《ブロックされる原因となるモジュールの探し方》

☆ タスクマネージャーを使う

  問題を起こす作業中に CPU/ネットワークが動作する関連モジュールを
  探す。
  多くの場合、バックグラウンドにある監視系のモジュールがネットワーク
  アクセスを行っている場合があるので要注意。
  ここで動作したモジュールのネットワークアクセスを許可する。

☆ 可能性のあるモジュールを探す。

  プログラムフォルダおよびアカウント配下の中にあるプログラムに関連
  する実行モジュールを探す。 プログラムがどこに入っているかは
  アイコンのプロファイルのリンク先をみれば分かる。
  リンク先のフォルダにある実行モジュールについている名称の一部を
  キーにしてアカウント配下のフォルダを検索してみる。
  ここで見つかった物とタスクマネージャー上に出ている物を比べ
  合致していればこれが許可対象になる。
  見付からねばタスクマネージャー上に出ている名前で検索してみて
  その位置がプログラム関連のフォルダーであれば、対象となる。

多分こんな所。 私なりの方法ですが・・・

Program Files 側の実行モジュールも処置したままにしているのではっきりとは言えませんが、これを設定する事で再起動時も自動で認識する様になったのでこれだけで良さそうです。
“LogiOptions”がついたフォルダをまず探さねばなりませんので、これにちょっと時間が掛かります。 この中で怪しい物を設定して行きます。 実行モジュールを探して可能性がありそうな物のアクセスを許可するという強引な方法です。
もう一つは(こちらの方が確実?)タスクマネージャを開き設定操作を行う際に実行されているモジュールのアクセスを許可するというやり方です。 監視モードが必要な物であれば、バックグラウンドで動いているモジュールが怪しいという事になります。 関連のあるモジュールのCPU負荷を見てこれが動いている物を許可してやればまず通るはずですね。

この中でログが取られているのは LogiOptionsMgr.exe みたいですので、多分これを通す様にすればよいはずです。 まぁ、安全サイドに振って、Program Files 側は アンインストアラー以外はルールをセットしておきました。

ESET のログにあるはずと思ったのですが、行き着けなかったので迂回策です。

これ以外は最初にファイアウォールを止め、接続成立後ファイアウォールを再起動しなければならなかったので、Program Files 側はセットの必要はなさそうです。

まぁ、以上で再起動を掛けても双方自動的に相手を認識する様になりましたので、良かった良かった・・・そうそう、双方でFLOWモジュールが立ち上がる迄は渡りは使えませんのでボタンで切り替えて端末のパスワード入力を行わねばなりません。

☆ デザイン/フィット感   最高点が後ろに寄り過ぎかつ範囲が狭いので
              収まりが悪い。 あと10~15mm位後ろに
              なだらかに伸びると良いのだが。
              写真の通り現用3台の中では一番後ろが短い。
              左右の傾斜もきつ過ぎる。
              仕上がり、パーツ類の質感、形状は全て必要な
              物は付けてありますというレベル。
              この機能と値段を考えると仕方がない?
☆ 動作精度/解像度     1000bpi だけなのでまぁ並みでしょう。
              マウスパッドのせいもあるが余り落ち着きが
              良くないので微調が難しい。
              操作に対する反応自体は悪くない。
              静音型というだけあってクリック音も 30-32dBと
              M-NV1BR より 6dB 位小さい。
☆ 機能性       ・ ボタンによる端末切替は瞬時に切替えられ、
              M-NV1BR の様なディレイがないのは有難い。
            ・ FLOW の機能を使えばボタンを押さずに端末間
              を移動出来るので便利。 すこしギクシャク感
              はあり、Win10⇒Win8.1 の方が不安定。
            ・ FLOW の機能を使えば端末間でクリップボード
              を経由したデータ授受やファイルコピーが
              行えるのは非常に便利。

★ 使い辛い処  ・ 画面の際が扱い辛くなる。 渡りの為なので仕方が
           ないのだが・・・
         ・ サイドの2つのボタン、端末切替ボタンの形状がNG
           もう少し前後長がほしい。
         ・ 一番は最高点の位置を何とかしてほしい。
           掌を当てる形で握ると掌に痛みを生じるので、
           指だけを掛けて使っている。
20180130_M590_HighPoint.jpg 20180130_M590_slope.jpg
最高点の位置の比較 左右のスロープ角の比較



共通テーマ:日記・雑感

普段履きの購入-lotto LCS7066 [便利グッズ?紹介]

【普段履きの購入-lotto LCS7066】

lotto_LCS7066.jpg lotto_LCS7066-2.jpg
赤線で結んだ処が問題(劣化)箇所、タンの折り返し、踵の内側のパッドとリーフ

現在同じlottoのLCS2081/26.0を履いており、これが痛んできたので、代替として購入しました。 このタイプのソール(靴底)の形状の物を探していましたが、結局ここにしか・・・
皮のカジュアルタイプの物もありますが、これは現代風で鼻先が長過ぎて好みではなく皮が固い事もあり踵のサイドが痛くなるのでついつい敬遠してしまいます。

lottoの製品は元々がイタリア発祥のブランドなので足の幅が狭いベタ足向きのデザインで、今の物も横がきつめでしたが、ソールの構造とデザイン、タンの構造、履き口のリーフが気に入っていました。

履き味としては、車を運転する際ドライビング・シューズとしてヒール&トーで踵がずれず、足の裏にブレーキの感覚が伝わる点と、テニス/サッカーの練習履きに近い感覚でトー/ヒール双方で回転が効くだけでなく滑りのコントロールが出来る事が良い点。

それに路面のタッチを過不足無い状態で足の裏に伝えてくれますので、歩くのが楽でした。

もう一つはタンのトップにシューズレースの上に出る様な折り返しがついていてタンの落ち着きが良い事、踵にもリーフがついており履く際にここを持って履けばバックステー部が内側に捲れ込まずに済み履き易い点も気に入っていました。

(ロット) lotto TROFEOROAD12 LCS7066 メンズ ローカット スニーカー

(ロット) lotto TROFEOROAD12 LCS7066 メンズ ローカット スニーカー

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ウェア&シューズ

同じタイプがなくなっているので、仕方なくLCS7066を購入してみましたが、やはり予想した通りソール以外はアウトですね~ なんでこんな事をやったの? という位の劣化ぶり、大ショックです。

足裏の感覚と動き易さは変わっていないだけに残念至極。 履く度に紐を緩めてもすんなり行かず、癇癪が起きてしまいますし、踵の内側パッドが折れてしまうのですぐに駄目になりそうです。 仕方がないので紐は1段下迄にしています、こうでないと履けません(^^;)>

● 製造元の広島化成のサイトでは謳い文句は日本人の足を研究し・・・と
  信じられませんね(^^;)

  欧米人に比べると幅広・甲高で土踏まずがあるのが日本人の標準ですが、
  見た目でも分かる通り前部から後部迄余り幅に差がありません。
  これでは3Eクラスになると履けません。 明らかに2081よりも後退して
  います。
  私自身は柔らかな皮のカジュアル物だと25、フォーマルの牛革だと25.5、
  2Eでもですが、3Eだと楽だなというサイズです。
  で、2081は26.0、7066だと26.5で何とか無理やり・・・
  柔らかな皮のイタリア物の靴を履いた時の感じ、皮が伸びる迄の辛抱・・・

● タンが下にズレる

  2081は紐に被る所まで大きな返しがついていたのでタンが下にズレず
  履きやすかったがこれではタンが長くなった事もあり、毎回引き上げなければ
  ならなくなりました。

● 履き口後部(アップステー)

  2081はリーフを握って履けばアップステー/アッパーが内側に巻き
  込まれる事がなかったが、アッパーの内側への倒れが大きくなった事や
  内側にパッドが入った事もあり非常に履き辛くなった。
  このせいでアップステーを踏みつぶしてしまいやすく、内側のパッドが
  すぐに内側で折れてしまいなかなか元に戻らず処置に困ります。
  これではすぐに駄目になってしまいますね。

B/Cなら呼称通り、D/Eなら+.5、2E/3Eなら+1じゃないでしょうか。
でも、3番目が致命的なので・・・


共通テーマ:日記・雑感

1月 雑記・・・電脳環境関連 [睡夢庵の電脳環境]

【1月 雑記・・・電脳環境関連】

☆ Windows10 関連
20180119_Desktop.jpg
《現状のデスクトップ/Windows10 トップ画面》
20180119_W10_Desktop.jpg 20180119_W10_Home.jpg
現状は起動し、ログインしたら上左図の画面が出る様に設定しています。 まぁ、WindowsXP のデスクトップと同じデザインと使い勝手になってます。 Windows10 の起動トップ画面はタスクバーのWindow 切替ボタンを押しても左下に上右図の画面が出るだけになっています。 ピン止めされていたアプリのほとんどは起動しない様になっています。 この画面からのアクションは「設定」に飛ぶ位でまず使う事はありません。

デスクトップにはゴミ箱の他は4つのアイコンのみ、プログラムはエクスプローラでファイルから開くか、ランチャーで起動する様に設定してあります。 8.1の方もデスクトップを含め同じ形に設定し、MX3制御用以外は同じランチャーから起動する様にしています。 右下に出しているカレンダーは3.1時代風(カラー/レイアウトがBorlandのコンパイラー?)ですが、これに代わるものがないので(^^;)

20180119_W10_Task.jpg デスクトップの状態で起動されているタスクは左図位で、アプリの通知系も分かるものはほとんど起動しない様にしています。

また、サービスも幾つか強制的に『無効』にして余分なタスクが動かない様にしました。 これらもセキュリティ対策になりますし。
このマシンがデスクトップPCなのでという部分と元々の「無効」も含め、自動/遅延・トリガー開始となっている以下を『無効』にしています。

・ App-V 系  Microsoft App-V Client
・ Net.Tcp系  Net.Tcp Port Shareing Service
・ Remote系  Remote Registry/Routing and Remote Access
・ Share系   Shared PC Account Manager
・ Smart Card これも『無効』に
・ Xbox系   ゲームは一切しませんし、MSに常時繋ぐリスクは冒せ
        ませんので、すべて強制的に『無効』にしています。
        但、Game Monitoring はアクセスが拒否されますので
        そのままですが・・・
        「設定」でのサーバーへの接続設定もここを無効にする
        前に切断しておきました。

《積み残しの問題点》

 ・ ファイルアクセス Windows10 になってデバイス等が時間が経つと
            休止状態に入るのではないかと思われる動作を
            します。 編集途中に別の作業に移ったり、
            新たなフォルダのファイルを開こうとすると
            えらく待たされます。
            未だにこの回避方法が分からない・・・

            8.1 では起きていない現象・・・ この為全ての
            操作・実行共に モバイル i5 の Windows8.1 方が
            i7 の Windows10 デスクトップよりも早いという
            馬鹿な結果が起きます。 特に複数のフォルダを
            スキャンする同期ソフト等では Core2 の XP より
            遅い。 最初の頃はそれでも何回かに1度は 8.1
            と同様にスムーズに動く事があったのですが、
            最近は全くダメ、ヒッカカリモッカカリ・・・

 ・ ブラウザ     Firefox、Chrome、Opera の3種を使い分けて
            いますが、最も安定しているのが Firefox です。
            一番不安定なのが Chrome でしょうか、フリーズが
            最も多いですね。 Chrome、Opera は Youtube 等
            での動画再生で先読みは出来ているにも関わらず
            引き攣ります。 同じ動画が Firefox では澱み
            なく再生出来ますから使うドライバーが違う?
            最初はバッファリングかQサイズかと思いましたが
            Media Player でも発生しますのでMS側の問題の
            ようです。
            ブラウザの保護機能は Opera>Chrome>Firefox の
            順でなんで?と思う所がブロックされたりします。
            ま、基本的には同じアドウェア・サイトブロック
            の拡張機能を入れているはずなのですが・・・
            MSの Edge/Cortana はタスクバー上には残って
            いますが、使う事はありません。

 ・ Media Player   Chrome/Opera で出る動画の引き攣りはこれでも
            発生します。 DivX ではスムーズですので、MS
            が準備するドライバーがおかしいのでしょう。

☆ Windows8.1 関連

Windows8.1 MX3 は現状 mail とデータバックアップマシンとして稼働しています。 4TB の外付けを4フォルダに分けて各々を Windows10 の ドライブに対応させています。 ドライブとフォルダの違いはありますが、万一Windows10 がコケても当日朝の状態からそのまま継続が可能になっています。 一般使いでは Windows8.1 上には参照側になるファイルやHPを開いています。

Windows10 と比べると現時点ではこちらの方がずっと安定度が高いです。 まぁ、先にリリースされたのですから当然といえば当然、8/8.1 も最初は酷かったみたいですから・・・

Windows10 で対策に苦慮しているファイルアクセスの遅れの問題もビデオの引き攣り現象もこちらでは起きていません。

Windows10 へのアップグレードをパスしたのは正解だった様です。 これもXP 同様実質的にOSの寿命が切れる若しくはMX3が成仏する迄付き合う事にします。
予備バッテリーも1つ買ってありますので、本体が壊れなければ7~8年は大丈夫でしょう。

そうそう、リチウムバッテリーですが今迄 80% 充電の ECO モードで使ってきましたが、この設定を促す情報ポップアップ出続けていました。 内蔵側も 80% にコントロールするのかと思い、対策ソフトを実行してみましたが、何の変化もありません。 どう言う意味でこんな処置をしたのか?? 内蔵側をコントロールしなければ意味がないのに。

対策ソフト実行後の状態は

内蔵:  公称容量: 15,200mWh
     実容量 : 12,180mWh 80.1%
     充電量 : 12,180mWh 100%
外付:  公称容量: 32,830mWh
     実容量 : 29,540mWh 90.0%
     充電量 : 23.630mWh 80.0%

となっており、残念ながらコントロールしたい内蔵側の変化はありません。 従来から旅行に持ち出す時以外は ECO モードにしていましたので、処置の必要はなかったみたいです。

内蔵バッテリーの方が劣化が早いのに対象になっていない様ですので、問い合わをしてみた処内蔵分は最初から寿命延命策としてECOモードは組込み済みなので内蔵バッテリーに対する対策ソフトは出ないという回答でした。

チェックソフトの結果の劣化具合と返している容量から見て、これが本当ならば外付けに比べ3倍位早いという事になるので、この回答はちょっと信じがたいですね(^^) 実際の処は内蔵バッテリーに対しては外部からソフト的コントロールが出来ないのではないでしょうか。

現在は「バッテリー残量表示IC」を使用するのが常識ですので、バッテリーチェックソフトはこれを前提としてその読み取りデータを表示してきます。 逆に言えば内蔵/外付け共にデータが読みだされ、妥当な数値が示されているとすればアプリがデータレイアウトが分かるバッテリー計量ICで制御されている事を示します。
こういう前提に立てば、内蔵バッテリーのECO制御はなされておらず、また容量制御用のユーティリティがないという事は内蔵に対する制御ラインが用意されていないという事を意味すると推定出来ます。
4年弱で20%劣化ですが、これからは加速するでしょうから後3~4年位でバッテリー交換時のバックアップにしか役に立たなくなってしまうかもしれませんね。 でもまぁ、自宅では常時AC駆動ですし、持ち出す事も稀ですから特に問題にはならないでしょう。

☆ Windows XP 関連

 ・ Office 系     従来 EXCEL/WORD で処理していたファイルは
            Open Office/Libre Office に置き換えを終え
            ました。 新年度からは Windows10 上で処理する
            事にしました。

 ・ PhotoShop     Windows10 で PhotoShop CS2 が動作してくれて
            いますので、新規分は Windows10 で処理して
            います。

現在 WindowsXP 上で動かしているのは、筆自慢、Acrobat Pro と FileSync という同期ソフトだけになりました。
この為、日中ディスプレイの E2472HD は MX3 と D-Sub で繋いで Windows8.1 をデュアル表示で使っています。
ハードがダウンするまで 2rd バックアップとして1日1回は起動して3台で同期を取るでしょう。

☆ iPod Touch6 関連
 ・ iOS11     ●32bit APP のサポートが停止された割を喰い、使えない
 APP が発生、ドライブレコーダ関連/GPS関連各2本、
 加速度センサー/ジャイロ関連2本の6本が消滅し、
 使えなくなってしまいました。 ストアからも消えて
 いますし、相当前にアップデートが止まっているので
 悲しいかな・・・ほしい機能を満たす物で代替用にと
 考えていたアプリも全滅状態・・・どうしたものか。
●iPhone8/X 対応も含め、過去と互換性を失った所が多い
 様で未だアプリのアップデートが続いている状態です。
 お陰で1日で 3GB アップデートでダウンロードという
 日迄・・・電話回線系だけの契約の人は堪ったものでは
 ありませんね。
 このせいかどうか分かりませんが、アプリの暴走や表示
 の異常など妙な現象がぽつぽつ発生しています。
●iTune からホーム画面の編集機能が消えてしまいました。
 暫くアプリアイコンの整理をしていなかったので纏めて
 やってしまおうと iTune を起動して吃驚、無い!!
 調べてみると 12.7 で消えてしまったみたいです。
 iOS11 絡みで色々と便利だった物が消えてしまいます。
 アプリを13ページに分けていますので、整理する時は
 これが有難かったのですが・・・ガックリです。
 ・ バッテリー ●スマートブレスレット関連のソフトを常時稼働させ、
 ほぼ1日中表示状態に置いた所、時間当たり 100mAh
 消耗する様になっています。 夜間も充電状態から
 取り外して就寝するのですが、朝床の中で血圧を測定
 すると必ず20%切れの警告が出ます。
 本体の容量では最早1日もたず、起床とともに充電器に
 接続し、昼間は充電完了後もアダプタから給電する
 状態で使っています。 こまめに消せばいいのですが
 なかなか・・・
 最近異常なバッテリー消耗を見せる APP が増えて来た
 のでモバイルバッテリーを常時携行せざるを得なく
 なっています。 一番喰うのがカメラ、iCare血圧測定
 の2本、一方はフラッシュ、もう一方は血圧を測定する
 と「へっ?!」という位・・・あっという間に赤表示。
 所が「設定」のバッテリーで確認すると左図の様な具合
 バッテリーマークの推移と全く一致しないのが現状。
 iOS11 になってバッテリーの消耗が激しくなったみたい
 朝一番の充電から就寝迄の間テスターにつないで確認
 すると 2000mAh 近く。 ちょっと喰い過ぎになって
 います。
20180119_iPod_battery.jpg

センサー絡みのアプリですが Android 用にも Touch で使っている物と同じアプリが加わって来たので最早 Apple に拘る必要性が薄れて来た様です。 今度は 1920*1080 で小型な物となると Apple は大き過ぎる。 次は Android のスマホするか? そろそろ検討開始。


共通テーマ:日記・雑感