So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows 10 PC 検証系ソフトの導入 [睡夢庵の電脳環境]

【 Windows 10 PC 検証系ソフトの導入 】

《 CPUID/HWMonitor 取得先 》

URL: http://www.cpuid.com/softwares/hwmonitor.html

《 CPUID 》

CPUの型式・仕様、キャッシュサイズ
マサーボードのメーカー、型式、チップセット、BIOS ブランド、Ver.
Memoryの仕様、動作状態、メモリーモジュールのメーカー・仕様
Display Deviceの仕様等が判ります。
i7-7700_cpuz_cpu.jpg i7-7700_cpuz_caches.jpg
(CPUタブ)(Cachesタブ)
i7-7700_cpuz_mainboard.jpg i7-7700_cpuz_memory.jpg
(Mother Boardタブ)(Memoryタブ)
i7-7700_cpuz_spd.jpg i7-7700_cpuz_graphics.jpg
(SPDタブ)(Graphicsタブ)


《 HWMonitor 》

i7-7700_GA-Z270MD3H.jpg
GIGABYTEの基板では右図の様な情報が
表示されます。

①基板に関する情報
・基板上の主要ポイントでの電圧及び
 温度の現在・最低・最高値
・CPUファンの回転数の現在・最低・
 最高値
・ケースファンが接続されていれば
 その可動状況?

②CPUに関する情報
・CPUに対する供給電圧及び主要箇所に
 おける電圧差
・各コア温度の現在・最低・最高値と
 パッケージの現在・最低・最高値
・CPUパッケージ及び各部位の
 消費電力の現在・最低・最高値
・各CPUコアの動作周波数の現在・最低
 ・最高値

③接続されるSSD及びHDDに関する情報
・型式
・装置温度の現在・最低・最高値
・装置に割り当てらるドライブ記号及び
 使用率

④グラフィックコントローラチップに
 関する情報
・型式
・チップ温度の現在・最低・最高値
・動作周波数の現在・最低・最高値

CPU/Memory 動作タイミング、デバイス
の動作電圧、温度、CPUファンの動作
状態とCPU 周辺の温度等をチェックする
のに使えます。

《 System Explorer 取得先》

URL: http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/systemexpl/

i7-7700_SE_process.jpg i7-7700_SE_performance.jpg
(Processesタブ)(Performanceタブ)
i7-7700_SE_connection.jpg i7-7700_SE_history.jpg
(Conectionsタブ)(Historyタブ)

これを使えばどの様なアプリケーションが動き、その下でどんなサービスが動いているか、CPU/Memory/Network/IO負荷、どのアプリケーションがどのポートを使ってどこのどのポートとネットアクセスをしているか等を知る事が出来ます。

《 Crystal Disk Info 取得先》

URL: http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

i7-7700_CDM_SSD.jpg i7-7700_CDM_Disk.jpg
(SSDの場合)(HDDの場合)

これを使えばHDD等が持つS.M.A.R.T.情報を読み取る事が出来ます。
電源投入回数、使用時間、状態把握には0A,C4~C6 の生の値が"0"でなくなたら即寿命と考えたら良いかと思います。 一般的にはこの辺りの値が変わる時にはクラッシュしてしまっている方が多いので役にたつかどうか・・・

SUB-E8500 で使っていた ST2000DM001(Seagate製) は 約1250日使っていますので大体これ位の電源投入回数でしょう。 1日平均約10時間半(^^;)>

《 ウイルス対策 》

ESET Internet Security

URL:https://eset-info.canon-its.jp/home/

ウイルス対策ソフトは ESET をずっと使っていますが、新しいバージョンでは Windows の標準メール以外には対応しなくなっている為、現在使用しているメールソフト「秀メール」ではウイルス対策ソフトの恩恵は受けられません。 ネット接続及びファイルからのウイルス感染対策のみになっています。

只、「秀メール」は原則としてテキストベースでメールの遣り取りを行うソフトですので、まずウイルス感染の恐れはありませんが、こちらから送信するメールに貼付されていたウイルスチェック済みというコメントが付かなくなっているのが淋しい処です。

添付ファイルやhtmlファイルをどうしても開かなければならない時はこのディレクトリにスキャンを掛けて対応しなければならないですが、使いもしない機能だらけで使い辛い Windows お仕着せメールソフトは使う気にもなれませし、自分の手で誤って削除したメールを直ぐに回収出来ない環境に移行するメリットは個人用途ではありません。

《 ブラウザで邪魔になる広告ページをブロックするソフト 》

Adblock Plus (Firefox/Cromeのアドオン)
各々のブラウザに用意されるアドオン入手手順に従って下さい。

ホームページURL:http://adblockplus.org/

現在はウイルス対策ソフトには引っ掛からないブラウザを操作出来なくする詐欺アドソフトがありますので、これについてはブラウザのアドオンで広告をブロックするものを使い、このブラックリストに頼るだけでなく、すり抜けたものはフィルターに登録する様にしてリスクヘッジを行っています。
この種の物はウイルスの様にキー入力やタスク切り替えのロック迄は出来ませんので、タスクマネージャーでブラウザを強制終了させてやれば逃れる事が可能です。
又、ブラウザの履歴をみればどこで悪さをされたかは分りますので、そのアドレスをフィルターに登録してやれば、以後問題の動作は起こさなくなるはずです。

トラブル後に再起動した際に同じページが開かれて再発させない為には、起動時に開くページを登録しておくと良いでしょう。 直前に見たページは履歴から開き直す事が可能ですので、わたしは基本的にいつも見るページをタブで開く様に Firefox と Crome に割り振って登録しています。 例えて言えば、 Firefox は新聞やNHK、天気予報、TV番組表等 Crome は amazon 、ヤオフク、ブログ、gmail等のフリーメール、Youtube、CNN等言った具合です。 こうしておけばトラブル時の影響を受けませんので、直ちに履歴をチェックしてからキャッシュ、履歴を消去してやればまず問題は解消します。


共通テーマ:日記・雑感

インプレッサ スポーツ 1.6i-L EyeSight 2WD 発注 [睡夢庵の足]

【インプレッサ スポーツ 1.6i-L EyeSight 2WD 発注】

Fit 5回目の車検の報告をあげた積りでしたが・・・忘れてしまった様です。 Fitは草臥れてしまいましたので、5回目の車検に合わせて車を換える予定でしたが、諸般の事情で金の無駄使いとは判っていながら5回目の車検を受けました。

過去の経験からホンダ車は全体的に華奢でヘタリがくるのが早いという印象でしたが、この車も7~8年目から以下の様な症状が順番に出始めました。

・ 外装ラバーパーツの脱硫/割れ
・ 平均燃費が一定値以上に上がらなくなった。
・ 塗装が弱く白化した(ボンネット/フロントウインドウ上部/
  フロンドバンパー左右の角等最も熱・風圧を受ける部分から)
・ 右前/左後のハブベアリング磨耗による異音
・ エンジン失火(息衝きを起こす気筒も分らないまま)

今迄に10万km未満で2箇所のハブベアリングがヘタった車は初めてですね。 というか、ベアリング異音は自身で乗った車では初めての経験です。

2016年度も終わり、やっと諸事一段落しましたので早々に車の代替検討です。

私も古稀を迎え枯葉マークを付ける年になりましたし、今回はCレンジのガソリン車若しくはBレンジのエコカー、予算的には300万未満。
それほど乗る訳でもないのでこれ以上の出費は無駄ですね。

今回の優先項目は老人向けの予防安全対策の内容と精度らしい(^^;)>
こうなると現状ではスバルのEye Sightが1番進んでいるのでインプレッサとその装備並みとなる様にオプションを付けた状態でその他のメーカーの車を抜き出してみることに・・・

《検討車種一覧》
comparison.jpg
予算300万未満で選択するとなると、Bレンジのエコ・ラインでディーゼル若しくはハイブリッド/シリーズハイブリッドにするか、Cレンジの1500-1600ccガソリン車でゆとりを求めるかの何れかでその選択肢は上記の様な処に落ち着きました。
これ以外のCレンジは予算内には納まりそうな物がありませんし、食指が動く車も・・・
で、上記ならば大体概算での見積り予想額は240万~290万弱という感じ。

Fit HB、Note X,アクア、プリウス、アクセラ DXについてはそれらを運転したり同乗した経験があるので未経験の車から見に行くかという事になり、スバルから・・・

丁度納車前のスポーツ/G4 1.6i-L EyeSight の双方があり、ボディカラーも検討対象のアイスシルバー・メタリック、ダークブルー・パール、クオーツブルー・パールも揃っていました。 そうそう、車置場の隅に初代のスバル1000?と思しきものがありました。

実車外観と色を見た途端、セダンでシルバーをと言っていた女房が一転スポーツでクオーツブルー・パールがいいと・・・

・ セダンはリアの窓が狭くトランクエンドが高いので見切りが悪い。
・ スポーツの方が開放感があり視界も広いし、荷物も積み易い
・ セダンは全長が20cm長いがそのメリットがない
・ 濃紺は黒に近いし、視認性という点ではクオーツブルーがいい

そして運転席・助手席・後部座席に座って見て、もう他は見なくてもいいといって、試乗もせずにその場で見積り、即決してしまいました。

確かにCレンジですから幅も室内長も広く、全ての質感もBレンジの物とは明らかに違いますし、アクセラよりも開放感があり、荷室も広いですから。

ランニングコストはHBやe-Powerの倍掛かるけどいいのかと問うた処、このゆとり感には代えられないそうです。(^^)

《車両構成・購入価格》

車   両 : インプレッサ SPORT 1.6i-L EyeSight 16.L/2WD
メーカーOP: QFC仕様  ・ キーレスアクセス&プッシュスタート
              ・ 本皮巻ステアリング&セレクトレバー
              ・ LEDヘッドランプ/SRH
              ・ クリアビューパック
              ・ アドバンスドセイフティパッケージ
色 仕 様 : 外装: クオーツブルー・パール 内装: オフブラック
車両本体価格:2,138,400-
付属品類  : 340,243-   ・ ベースキット
               ・ AVハネル&ナノイー発生器
               ・ ETC2.0車載キットDSRC(三菱)
               ・ ナビ カロッツェリア楽ナビ+取付けキット類
               ・ リアビューカメラ
               ・ ETCセットアップ
諸費用     331,336-   新点検パックオイル車検3年 99,500-
               保証延長プラン       12,636-
               JAF1年         10,000-
                             122,136-込
支払総額   2,630,410- 値引き 179,569-

Fitは状態が状態ですので、本体がらみの値引きはホンの気持ち、付属品の値引きは諸費用の中で積み上げられた初回車検迄の点検パックや保証延長費用相当ですので実質的な値引きは・・・(^^;)

当初は7月納車という事でしたが待てないと言った処、5月度の見込み発注分の未引き当てをその場で調べて呉れました。 結果、同一仕様の未引き当てがあったので5月中に納車されそうです。 1、2台づつが多い中、5月はこのカラー/仕様が多く積まれている様でしたので、一番売れているのかな?です。


共通テーマ:日記・雑感

吸盤式車載用スタンドの購入 [睡夢庵の眼]

【吸盤式車載用スタンドの購入】

amazon を見ていたら車載スタンドが目に留まり、早速調達してみました。
車を買い換えますので、その加速特性や騒音等をチェックしてみるのも
面白いかと。 それに iPod/iPhone のドライブレコーダーアプリや
ムービーを撮ってみたらどんな具合かも見ておきたくて。
iPhone/iPod と S-9900 用の2種類を。

☆ Mpow 車載ホルダー ゲル吸盤式   iPhone/iPod用

ちゃんとしたカートンボックスにアーム・吸着部とiPodホルダー部を別の白色マットのビニール袋に入れて、硬質の紙に印刷されたマニュアルと共に入れられていました。
硝子側に付ける前提なのか、台座とするパッドは付いていませんでした。
全て樹脂製の様ですが、精度も仕上も悪くありません。
20170426_iPod_Stand_Packaging.jpg 20170426_iPod_Stand_Ratch.jpg

☆ REC-MOUNTS カメラ用 サクションカップマウント REC-B43G カメラ用

こちらはセロファン?の袋にパッドとスダンド、注意書き2種が入っていました。
1つはゲル吸着部の洗浄に関する注意書きでした。 パッドは今だけのサービスみたいですが。
20170426_Cam_Stand_Packaging.jpg 20170426_Cam_Stand_setting.jpg

で、早速 Fit で試してみました。

使用した iPod アプリは

・ 水平出し     水平器&水準器
・ 加速度      Vibroscope Lite
・ 騒音       Sound Level Analyzer
・ ドライブレコーダ WizMap
           GPS が付いている iPhone であれば画面に
           車速も表示される様です。

《Mpow 車載ホルダー ゲル吸盤式》

☆Low Mount:騒音/加速度計測やiTuneでの音楽再生
 (運転席・助手席での iPod/iPhone 操作が可能)
20170426_iPod_Stand_Low-1.jpg 20170426_iPod_Stand_Low-2.jpg

この位置では視線と直交する様に向けてやらないとまったく画面が見えません
でした。 水平出しが必要な加速度計測は一人では無理ですね。
一応停止状態で水平を出して計測はしてみましたが・・・
20170426_XY_G.jpg 20170426_Sound_Lebel.jpg 5月には車を代えます
ので、タイヤはマーク
ぎりのスタッドレスの
ままです。
低域にベアリングノイズ
が乗っていて、ハーシュ
ネスのノイズ以上に
入っていますね。

☆High Mount:ドライブレコーダ/ナビアプリでの使用
 (進行方向撮影及び運転中視野に入る場所に設置)
20170426_iPod_Stand_Dash-1.jpg 20170426_iPod_Stand_Dash-2.jpg


ドライブ途中の気になった景観をSNS等にUPしようとすると、ドライブレコーダーのデータからですと必要部分の取り出しに手間が掛かりますので、これを使うのもありでしょうか。

《REC-B43G カメラ用》

耐荷重が 500gMax なので 300g弱の S-9900 をセットして動画を撮影してみました。
完全に静止していれば良いのでしょうが、信号待ちで停車していてもエンジンの振動を拾いプルプルと微かに画面が揺れてしまいます。
20170426_Cam_Stand_usage.jpg
設置空間がフラットな場所ならば少しはましになるかもしれませんが、Fitでは少しRがある処にしかありませんでしたので、すこしフレームが吸盤から浮いていましたのでその影響もあるでしょう。

走行中はカメラが揺れてしまい像が乱れますが、静止した処では対向車のナンバープレートが読み取れるレベルで撮影出来ます。
ま、動画容量も大きいですし、時間も28分位ですのでドライブレコーダー代わりにはなりません。
そういう意味では、吸盤面がゲルタイプではなかった方が耐荷重は小さくなりますが用途は広かったかもしれません。 これでは余り頻繁に取り外しは・・・ですし。

双方共サンクションカップの吸着面にはゲル接着剤が塗布されており、接着面が結構広く垂直に引っ張っても取れないレベルですので、まず短時間で脱落する事はないでしょう。
レビューにはゲルタイプではなかった、ボールが固定出来ないといった記述がありましたが、結構しっかりと固定できますので??手元に届いた分は全く問題はありませんでした。

補追)良く見てみたらインドア 500g、アウトドア 180g となってました。
   これでは揺れても仕方がありませんね(^^;)> ちゃんと商品ページの
   仕様に書いてありました。
   S-9900 は 300g 弱ですから・・・アウトドア云々を見逃していました。


共通テーマ:日記・雑感