So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

iOS の Wi-Fi モジュール電気喰い過ぎ! [睡夢庵の電脳環境]

【 iOS の Wi-Fi モジュール電気喰い過ぎ! 】

わたしの iPhone 6s は購入直後に iOS 12.3.1 にアップデートしましたが、どうも電池の減り具合が速いし、ゲージを見ているとその推移が異常です。

ネットで調べてみるとやはり同様の意見が多い様でいろいろな説明や対策が謳われているみたいです。

妙な具合だなとは思いながらもまぁ1日はもってくれていますので放置していましたが、3日前に今話題の“Smooz”というブラウザをインストールしてみて、その使い勝手の良さにちょっと使ってみるか。

ところが翌朝起きてアプリの操作をしようとして吃驚。 長枕の下に置いて寝ている iPhone と TAB4 が温かくなっています。

以前から双方で睡眠管理ソフトの「Sleep/Sleep maester」と「いびきラボ」をバックグラウンドで動かしたままで長枕の下に置いて寝ていましたがほんのりはありますが、あれ?と思うほどに温度が上がった事はありませんでした。

で、これらのアプリの結果を参照しながらデータ入力をしていたら、突然 iPhone の画面に広告が出てきてフォアグラウンドが“Smooz”に変わっています。 ??で見ていると広告が切り替わっていきます。 起動した覚えはないので両方を閉じてふとバッテリーゲージをみると 20% 近く一気に減っています。 今度は手動で“Smooz”を起動し、開いてあるタブを幾つか開いてみるとまた一気にダウンです。

これは酷いぞ、で、慌ててアンインストールです。
ただ、どう考えてもアプリでこれほど急に電力を消費する様なプログラムは無理。 で、どうやって確認する?

App Store で CPU/Battery等の温度計測をするアプリを探してみましたが Android の「Battery Log」のようにバッテリー容量の変化と時間、温度、電圧をプロットしてくれる様な物が見つかりません。 バッテリー温度を時系列に測定するものすらありませんでした。

じゃぁどうする。 仕方ありません、ラフに過ぎますが今まで使っていた「NK Battery」と「設定」-「バッテリー」のバッテリーの状態で見るしかなさそうです。

NK Battery の昨晩迄のプロットを眺めてみると急激に消耗しているのはいずれも Wi-Fi を使ってネットワークにアクセスをするアプリを動かした時に絞られました。 で、「App Store」、「DuckDuckGo」、「Safari」を操作してみましたが、いずれもほぼ変わらない消費を示しましたので、問題は iOS の Wi-Fi ドライバーにあるのでしょう。

で、“Smooz”だけの問題ではない事が明らかになりましたが、その後2日いつも通り長枕の下に入れて夜間の計測を行いましたが、朝温かくなる事はありませんでした。 差は“Smooz”がインストールされているか否かだけですので、原因はこのアプリにあると推測されます。

本来であれば“Smooz”を再インストールして、出す広告とその後の動作を確認して裏を取るというテストを行うべきでしょうが、もうこれを使う事はありませんので省きます(^^)

というのはこのアプリ、その課金がこの種のアプリとしてはちょっと首を傾げる額ですし、私自身の眼が眼ですから iPhone 等の様に小さな画面でブラウジングする事はほぼゼロですので、導入しても対費用効果がありません。
因みに 1か月 380円 3カ月 880円 1年 3880円となっている様です
また、無償の場合広告を出すだけならまだしも、アプリを立ち上げてしまうという行為が事実だったとしたら許容出来ませんので・・・

それにしても iPhone ページ切り替え/タスク切り替え、イライラさせられますね~
ストロークがある Touch ID センサーをペコペコ2度押し。 その点 Android の方が楽ですね。
それとアイコンのまとめ方も、iOS は9個 * ページなのでまとめると一覧性が失われるだけでなく1操作以上操作が増えてしまいます。
やはり後発の方がいろいろ操作性では優れるようですね。

で、ちょっとバッテリー消耗の確認です。

この原因がハードだったらガックリですがこれでインターネットを使う事はあまりないでしょうから、まぁあまり影響はないかな?

以下のネットワークアクセスを含む操作を各々5分間行って「HK Battery」の消費グラフで状況を確認してみました。

① DuckDuckGo で以下の操作を5分間行う。

  朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日経の各タブを開き、2~3項目
  ページを開く。

② Safari で同様の操作を5分間行う。 先に開きバックに回しておけば
  より近似させられてかもだが、入力に手間を取られたので半分も開けず。

③ App Store で「天気」、「健康」のキーワードで検索し、いくつか
  アプリのページを開き内容確認を行う。

④ Abema TV で「将棋」の放送を5分間視聴する。

⑤ YouTube 「ひかきんTV」「ヒカキンが選ぶマジでウマい菓子パン
  TOP5発表!」を5分間再生する。

夫々の実時間は
 アプリ等 稼働時間  消耗率 
・ YouTube17分40%
・ App Store8分14%
・ DuckDuckGo5分
・ Safari5分
・ AbemaTV5分
・ NKBattery4分12%
・ 設定3分21%
・ ホーム/ロック画面2分
・ 削除したApp
途中で使えるかもで
インストールしたアプリ
1分13%
・ Wallet1分

この消耗率と次の図のプロットされた消耗状態を見比べると、明らかにOS側の消耗率捕捉に異常がある様です。 ほぼ消耗しないところと異常に消耗している部分の状況が捉えられていない事が分かります。

201900611_6s_HK-Battery_Prot.jpg以上の結果が左の図です。 僅か1時間半弱でこれです。 これだと Wi-Fi を多用する方だととてももたないでしょうね。
わたしの場合は、オフラインで使うアプリが多いので上手くやれば現状の電池の状態でも1日1回の充電でギリ済みそうですが。

下の図は上記の確認終了迄のバッテリー容量推移を示したものです。
この図の前の睡眠時に“Smooz”による異常消費が起きて iPhone 6s が温かくなった為、確認作業を行っていますので、急激なバッテリー消費が至る所に表れています。 これは App Store で使えそうなアプリを探した時や Smooz/Safari/DuckDuckGo や Youtube を使ってみた際がほとんどです。
上図で Safari の消費量が少なく見えるのはページ検索の入力に時間を取られた為、実際にアクセス出来たページが半分にも満たない為だと思います。
また、NK Battery はイベントが発生しないとログを取らないので Android の Battery Log の様に秒単位でみる事が出来ません。 なので操作側もザックリです。
201900611_6s_HK-Battery_Prot-2.jpg

リチウムバッテリーを使うシステムでは電池自体に過電流保護回路を持っていますし、大体80%を超えた辺りからトリクル充電(充電容量を徐々に落とし、最終的には自己放電量並みの充電電流迄落とすようになっているはずです。 また、一般的に90~95%迄落ちると充電を再開する様に回路が組まれています。 なので、しばらくの間であれば充電したまま放置したとしてもそれほど大きなダメージを電池に与える事はないはずです。

しかし、たまに充電が完了しても筐体温度が下がらなかったり、また温かくなり始める事があります。 電池制御にはソフトも絡んでいますので、こんな時はこれが誤動作していると考えて差し支えないと思います。
この場合は、充電ケーブルを抜くだけでなく、一度すべてのアプリを終了させ、OSを再起動する方が無難です。

そうそう、その他にもバッテリー絡みでオカシナ事が・・・

一つは充電が完了しても充電を止めずに放置すると徐々に本体上部が温かくなる場合と冷たいままの場合があります。 頻度的には温かくなる方が稀ですが、トリクル充電に入っていない?のではという事が。
もう一つの不思議な現象はツボに入ると1時間以上全く消費量が動かない事があります。 最初の内は30%台に入った所で発生していましたが、どうも一定ではない様です。 で、次に見るとドカンと消費していますが、そんな動作はさせていない・・・
この個体のハードの問題(中古ですのでバッテリーの素性が分からない)なのか、iOS の問題なのか・・・最終的な帳尻は合わせられている様ですが。

この辺りは全アプリのバックグラウンド動作や通知、ガジェットを禁止すれば起きなくなるのかもしれませんが、全部禁止は何の為のになってしまいますから、兼ね合いが・・・です。
で、今回状況を把握せずアプリが動作する確率を落とす為、アプリを手動アップデートに切り替え、通知、Siri提案共に2割弱迄削ってみています。 これで何か変化が出るか・・・


共通テーマ:日記・雑感

車の排気ガスによる空気の汚れが一段と酷くなった? [睡夢庵 日々徒然]

【 車の排気ガスによる空気の汚れが一段と酷くなった? 】

20190606_.OilStains.jpg 20190606_.OilStains-2.jpg

上の左側の写真は各個室の吸気扇に使われている 高須産業 PFF-100K 専用の
替えフィルター TSK-100KRF 集塵効率 : 63%(重量法)というもので、
昨年11月末に交換したものです。 交換直後近傍の薪ストーブの臭気が
入って来た為、換気扇のシャッターを閉じファンを回さない状態で6ヶ月間
経過した状態がこれです。

シャッターを閉じてはいますが、特に台所の換気扇が回ると負圧が上がり
空気が流入して来ます。 ガラスサッシの樹脂部もスリットに近い部分には
黒いカーボン汚れが半年と経たず付く様です。

チェックする気になったのは、空気清浄機が何だか煤けた様な気がして拭いて
吃驚・・・

床掃除後のウエットシートの折り返し端の汚れていない部分で拭いてみた所、
上右の写真の様に表面樹脂部を拭いた段階でなんだか全体が黄ばみ、排気口
周囲をみると黒く撚れた様な波模様が出ています。 嵌合部に沿って拭いて
みると真っ黒、桟を拭いても桟の形がついてしまいます。

先月末からの暑さで空気清浄機の排気を扇風機代わりにしようと左側のサイド
机の下を棚を追い出して、ここに持って来て換気口のシャッターを開いて
使っていた結果がこれです。 慌ててシャッターは閉じましたが、ゾッ・・・

この時に全体を清掃し、水拭きしましたがその時にはこれほど汚れなかった
のに何故? やはりシャッターを全開にしたせいか・・・


共通テーマ:日記・雑感

NHK NEWS WEB #60001 エラー [睡夢庵の電脳環境]

【 NHK NEWS WEB #60001 エラー 】

大分前からNHK NEWS WEBで動画が見れなくなっていましたが、チェックしてみた所 トラッキングを禁止すると見せてくれないみたいですね。

最近は各サイト共に余りに広告やトラッキングの設定が多くなりましたので、ブラウザ自体のブロッキング機能の他アドオンも設定して可能な限りブロックする様にしてしまいました。 その結果見せて貰えない所も結構出て来ていますが、広告やトラッキングがそのサイト自身で設定するものならば良いのですが、ほとんどは外部の専業プロバイダを使用していますのでブロックせざるを得ません。 その他、リダイレクトも許可制にしていますし、ポップアップもブロックしていますので、あれっという事はありますが、イライラさせられる事はなくなります。

現在、3つのブラウザを使っていますが、

・ Firefox    Firefox 自体のコンテンツブロックは「厳格」に設定し
         「Adblock Plus」というアドオンを入れています。
・ Chrome    「Adblock Plus」、「Fair AdBlocker」、「Youtube の
         広告ブロッカー」の3種を入れています。
・ Opera     Opera は自身に広告ブロック機能を持っていますので
         これを設定しています。
         拡張機能には「AdBlocker for Youtube」、「Ghostery」
         の2種を入れています。
         Opera では本体の広告ブロックの方が「Ghostery」よりも
         シビアな様で本体側をスルーにすると再生出来ます。

で、いずれもトラッキングを許可すれば
-------------------------------------------------------------
#60001
現在、このビデオはご利用いただけません。
-------------------------------------------------------------

とビデオが再生される領域中央に出ていたものが見れる様になります。

NHK NEWS WEBは国民に遍く情報を敷衍する義務を負う公共機構のNHKが運用するサイトじゃないのかな?
そこが広告やトラッキングが嫌だといったら見せてやらないですか(^^)
著作権等が係わるレベルの動画だけではなく緊急もしくは敷衍すべき情報も同じレベルでブロックしています。

確かに「NHKインターネットサービス利用規約」には利用者情報や閲覧履歴などや使用機器・位置情報など、ブラウザ経由で取得出来る情報は皆取得するとした上で、利用者を特定する必要がある時には氏名、生年月日、住所、メールアドレスなどの連絡先情報を取得する場合がありますと記載されています。

でもこれ、平ったく言ってしまえばNHKが必要とすれば“ユーザー機器上からこれらの情報を自由に取得する事を許容しなければ使わせないよ”と言っている様なものです。

で、これらに外部企業が提供する解析システム等を使うとしています。 自身だけですら完璧なセキュリティマネージメントなど不可能ですが、外部企業を使ってどうセキュリティリスクに対する保証が出来るのでしょうかね。

しかも欧米、中、韓等企業だけでなく個人でも倫理レベルが低い国の企業にこれらのサービスプロバイダーが多いのです。 なぜならそういう社会ですからこういう需要が多いから。

契約で縛るといってもNHK自身の我々に対する規約をみれば明らかで、これらの大本たる米国の契約書の縛り方をみれば彼らがいかにして法や契約の隙間を縫う事に長けているか・・・だからこそ微に入り細に入り契約書で縛ろうとするのです。
しかもこれでも相手にバレさえしなければ、化かすが勝ちなのが欧米の文化ですからね。 これを国家間の条約でも平気な顔をしてやっているでしょう(^^)

ですから私は広告もトラッキングもブロックします。 どうしても必要な時だけチョコっと口を開いて見ますけど(^^)
サクサクになりますし、イライラせずに済みますから精神衛生上その方が良いですね。
まぁ、お金にはならないハードや医療情報提供サイト等運営上致し方なかろうという所もありますから。

サイトに最初に繋がる時に時間が掛かるサイトは間違いなく外部のトラッキングサイトが入っています。 NIKON や TOYOTA といった大手でも一体なんでこんな所と契約した?と思うほど重いトラッキングサイト(ハードウェア投資をケチっていてサービスが間に合わない(^^))を使っていた事があります。


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -