So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

iPhone 6s 用モバイルバッテリーの運用に関して [睡夢庵の電脳環境]

【 iPhone 6s 用モバイルバッテリーの運用に関して 】

1. 充電容量及び時間実績

iPhone 6s と抱き合わせて使用中の WT-H330 というバッテリーの充電状態は4つの LED で表示され、0-25% の間で1個目の LED が点滅するとなっています。 気付くタイミングもあるでしょうが4回の充電の実績は以下の通りです。

《充電時間/容量》

テスター    : レメカニケ USB Detector QC3.0対応 簡易チェッカー
急速充電器   : ANKER Power Port II IQ/A2027
          出力 5V/4.8A(2.4A/Port)
充電用ケーブル : Elough 端子交換型USBケーブル/micro-USB端子

 1回目 3913mAh 2h33m
 2回目 3858mAh 2h31m
 3回目 3821mAh 3h
 4回目 3906mAh 3h   此処までは1.5A台から始まり 1.8A は流れた。
 5回目 3751mAh 3h31m  今回はなぜか 1.5A 以下しか流れなかった。

上記の充電量ですので、5000mAh という仕様容量は間違いなさそうです。

《有効使用可能時間》

8/14には iOS の更新がありましたが、 iOS 12.4 ダウンロードとアップデートに時間が掛かる事。 バッテリーも 40% 以上一気に喰われてしまいました。
14日 19:24 から 15日 05:15 にかけてで本体のバッテリー100% ~ 20% 迄使ってしまいました。
8/15 朝には Excel/Word/Google Map/YouTube/AbemaTV/Yahoo!天気 といった容量が大きなアプリの更新がありましたので、あれよあれよという間に・・・結局約10時間しかもちませんでした。

8/14 19:24 本体 100%
8/15 05:15 本体 20%以下 バッテリーから給電開始
8/15 07:45 本体 100%
8/17 04:40 バッテリー 20% 以下 バッテリー給電停止
            本体バッテリーで稼働開始

今回はバッテリー容量で47時間35分、本体込みで56時間51分持ちましたが前回が68時間50分でしたので大幅にダウンしました。
やはり iOS 12.4 への更新とその前後のアプリのアップデートに相当喰われましたし、台風の影響も・・・
それにここの所熱中症注意や防災関連の通知が矢鱈入りましたので・・・Wi-Fi が動くと減りが大きい。


共通テーマ:日記・雑感

8月度更新 Windows Update 一体何時になったらマトモになるのやら [睡夢庵の電脳環境]

【 8月度更新 Windows Update 一体何時になったらマトモになるのやら】

2019/08/13 Windows10、8.1 共にマンスリーアップデートが掛かりましたが・・・

☆ Windows10

・ エクスプローラは 2019/08/08 KB4505903 で更新されたみたいです。
  この段階ではほぼ問題は解消していたのですが・・・

・ 8/13 朝一番の起動直後にスタートアップで起動しているカレンダー
  ソフトが右下隅のはずが画面センターに出ています。
  → アプリケーションレジストリから設定データを拾えないというバグ
    案の定 エクスプローラの表示設定も初期化されドライブアイコンで
    出ています。

今日は月度更新の日ですので、見てみると案の定更新待ちになっています。
で、これ迄のアップデートを見てみると昨日 18:15 が最後になっていますがこの際の ReportingEvents.log や Temp ディレクトリの展開の時間順がずれています。
このタイミングではエクスプローラの表示に異常は出ていませんでしたので、再起動時に更新される設定での更新だったのでしょう、翌朝一番の起動時にプログラム起動時に正常にアプリケーションレジストリの内容が適用されない状態になったと思われます。

・ で、Windows Update(KB4512508) を実行したところその再起動後の
  表示でネットワーク表示が従来の設定に戻りましたが自端末が出てこない
  というトラブル再発です。

・ で、もう一度再起動してみた所今度はちゃんと自端末が表示されます。

もう以前の様に細かなレベルをトレースする気にもなれませんが、一度の再起動で最終的な状態にならないというのもですし、僅か1時間の内に3回もアンダーグラウンドアップデートが掛かっているという・・・これが理由で再起動で様子が変わるのでしょうが・・・

☆ Windows8.1

  こちらも月度更新が掛かりましたが、こちらもアッチコッチしていますね~

・ 更新後の再起動では Windows10 が表示されたのですが、 自端末の
  IP 127,0,0,1 が ,,1 なっていました。 で、もう一度再起動を
  掛けてみたら・・・ IP は直ったものの Windows10 が消えてしまい
  ました。

  キーボードは ELECOM の TK-FBP044 という マルチ対応の Bluetooth
  接続の物を使っていますが、Windows の最初の LogOn パスワード入力の
  Bluetooth 切り替えに対する応答が悪いと感じた時は必ず Windows10 が
  見えないみたいです。

どちらもこんな初歩的な部分のバグに気付かない?Microsoft のソフト品質管理はもうサチッているのでしょうね。

今の所、アプリケーションの動作やファイル破壊が起きていないので良しですが・・・


共通テーマ:日記・雑感

iPhone 6s Wi-Fi 切断忘れ対策 [睡夢庵の電脳環境]

【 iPhone 6s Wi-Fi 切断忘れ対策 】

外出時に Wi-Fi が勝手に接続先を探し始めて異常に発熱するという経験をしましたので、ワンアクションで Wi-Fi を遮断する方法はないものか・・・

従来は下からスワイプして出て来るコントロールセンターの Wi-Fi アイコンをクリックすれば斜線が入って Wi-Fi はオフになっていたと思うのですが、iOS12 では斜線が入りません。
確認した所、現在の接続を切って「未接続」にしているだけですので、アプリが接続しようとすれば出来る状態になっている様です。 という事は毎回「設定」を開かなければ遮断する事が出来なくなってしまったみたいです。

なにかうまい方法はないものかでネットを漁った所、今回追加された「ショートカット」を使って、簡単な手順を作ってやれば出来そうです。

https://www.gizmodo.jp/2019/02/iphone-wifi-off-shortcut.html

これ以外にも同様のショートカット機能の説明をしたページがありますので、作成方法等はこれらのページを参照してみて下さい。
一応作ってみましたが、操作法やそれぞれの機能にまぁ色々考慮不足がありですのでマタマタカリカリ(^^;)

Siri/Safali を使ってプロセスを組む為、私の様に双方を使わない設定にしているとプロセスを組ませて貰えません。
最初の起動の際にそれが示されればですが、組み込む途中で出してくるという・・・イラッ!です(^^;)
Safali を嫌う一つが履歴の提示方法・・・カードファイルを繰らねばならない。
ショートカットもプロセスを Safali を介して処理している為ここにゴミを残します。 組む過程でのカットアンドトライも全てですのでえらい事になってました。

赤(Wi-Fiオフ)と緑(Wi-Fiオン)というアイコンでショートカットを作ってみましたが、Safali が立ち上がって来ますので後始末も含めると「設定」を起動して「Wi-Fi」でオフにした方がタスクを消すだけですので少ないみたい。
でも、これだと分かっていても忘れてしまうのでホームページに「アイコン」の形で置きたかったので不満ですが一応採用してみました。

現在の様にプロセスが表に出、しかも Safali の履歴に残るというのではちょっと使えないのではですね。 出す所と隠す所が指定出来なくてはダメでしょう。
20190726_iPhone6s_Home1.jpg 20190726_iPhone6s_Home2.jpg
1 page ウィジェット 2 page 天候/事務系
20190726_iPhone6s_Home3.jpg 20190726_iPhone6s_Home4.jpg
3 page 健康/交通系 4 page ハード/センサー系

赤の無線マークが「Wi-Fiオフ」緑が「Wi-Fiオン」になっています。
画面上に余分な画面が出てきますが、機能的には「設定」呼び出さなくても切断/再接続が可能になりました。
ただ、忘れずに Safali の履歴を消しておかねばゴミが溜まります。


共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -