So-net無料ブログ作成

車載カメラでの動画撮影 [睡夢庵の眼]

【車載カメラでの動画撮影】

スバル インプレッサ スポーツには Eye Sight Ver.3 が前面ガラス上部のバックミラー上に付いており、特定領域への付加物取り付けは禁止されています。

《領域図》
Muson_Imprezza.jpg
ドライブレコーダーも最初から付けてしまおうかとも考えました。 しかし、メーカーオプションはこの部分の横に取り付けられていますが、コンソールの横に付加物と配線が出る様でしたし、工賃を含め値段が高く余り評価も良くない様なので止めに。

で、先にカメラや iPod での動画撮影を考え、iPhone/カメラ用のスタンドを調達したのですが、インプレッサでは先の制限とインストルメントパネルの材質・形状から取り付けが難しくちょっと悩んでしまいました。

価格や性能を考えれば、素直にケンウッド等のドライブレコーダを買えば良かったのでしょうが、ついつい遊び心の方が勝ってしまい、Muson MC2 なる GoPro 等と同じアクションカムの廉価品に手を出してしまいました。

購入品は Muson MC2 と 遊び用の周辺パーツセット類、これ等については前回をご覧ください・・・

《 MC2 の基本画質 》

Muson_60-2.8+66.jpg Muson_60-2.8+33.jpg
ISO100,1/60,f2.8,-0.66EVISO100,1/60,f2.8,-0.33EV
Muson_60-2.8-00.jpg Muson_60-2.8-00_mod.jpg
ISO100,1/125,f2.8,0EV0EVから切出し、モアレ/エッジ補正状態
Muson_60-2.8-33.jpg Muson_60-2.8-66.jpg
ISO100,1/125,f2.8,+0.33EVISO100,1/250,f2.8,+0.66EV

これの良い処はEVの指定が出来ますので、静止画・動画共に露光係数の補正が掛かります。
画像補正でのエッジ処理や素子の制御に伴うモアレ、補正に伴う明暗部のエッジの変色・擬色・滲みの出具合を確認してみましたが、この点では何世代か前の家電系メーカーのデジカメのレベル、くっきりみせる事に主眼がというレベルに止まっています。
この為、曇天の空と黄土色の樋部分や柱上部の空と接する部分のエッジが赤紫に、防犯カメラのエッジは白くなってしまう状態ですので、テールランプ等の周囲は赤黒く滲んでしまったり色々な悪影響が出ています。

同じ場所で撮り較べた処では動画でもこの画質は全く同じ状態にあるといっていいと思います。

アクションカムらしく、静止/動画共にジャイロが効いて水平を保ってくれますので、ブレ補正も行っているのかなと思いましたが・・・??分りません。

《iPod Touch、MC2 の設置状態》
☆ iPod Touch
Muson_iPod-Stand.jpg Touch6_DR-Pos.jpg
支持部(Touch 操作部として)支持部(Touch 動画撮影用として)
Muson_iPod-Stand-2.jpg
計測器その他の用途
Muson_app.jpg Muson_DriveRec-pos.jpg
MUSON MC-2 アプリ操作卓状態MUSON MC-2 取り付け状態


《撮影動画》
iPod Touch6
Muson 0 EV
Muson -0.7 EV
Muson -0.3EV 夜間

夜間の例でカツカツという音が入っているのは、パドルでシフトダウンしている音です。
ライトの照射状態をみるとステアリング連動の効果がはっきりと見て取れ、FitのH4に比べ明るくなっているのに合わせ、視認性が大きく向上しました。

Muson MC2 は画角が広いので明るい空が占める面積が大きくなる為、暗部を出そうとするとどうしても明部が飛んでしまいます。 工場出荷時の露光調整では飛びますので、調整してみましたが 0.3 ピッチが最適点の様ですね。 0.7 では黒潰れが出ていますので、もうすこし EV に対する反応が鈍ければよいのですが・・・

上の動画は Free Video Compressor というアプリケーションを使い、So-net ブログの制限に合わせる為、1920*1080 を 248 * 140 にシュリンクしたものですので細かな処は見えません。 雰囲気だけでも感じて頂ければ・・・


共通テーマ:日記・雑感