So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

iOS/アプリのバージョンアップ:動作がおかしい? [睡夢庵の電脳環境]

【 iOS/アプリのバージョンアップ:動作がおかしい?】

iOSが11.3になってからアプリケーションが互換性がなくなり使えないというものが出ましたが、それだけでなく、センサー廻りの反応がおかしくなっているのではないかと思われる現象が酷くなって来ています。

《症状》

・ 画面下に出ないはずのアプリからの通知が出る。
  バックグラウンドにもないものから・・・
・ タッチパネルは反応しているみたいだがアプリが反応せず、
  画面が一瞬チラッとするだけで起動しなかったり、広告が
  切り替わらなかったりという現象がある。
・ 睡眠系のアプリケーションの寝付き、起床の判断が狂って
  入眠潜時が異常に長くなったり、朝二度寝した様な扱いになる
  頻度が高くなった。
・ アプリによって異なるが Bluetooth 接続が切れるケースが
  出ている。

《iPod Touch6 での OS バージョンアップ》

10.0     2016/09/13
11.0     2017/09/19
11.1     2017/10/31
       2017/11/04 Smart Bracelet V07S 入手
11.1.1    2017/11/09
11.1.2    2017/11/16
11.2     2017/12/02
11.2.1    2017/12/13
11.2.2    2018/01/08
11.2.5    2018/01/23
11.2.6    2018/02/19
11.3     2018/03/29
11.3.1    2018/04/24
11.4     2018/05/29

《問題のアプリのバージョンアップ》

Apple のバージョン管理及び App Store でのバージョン管理は意図的なのでしょうがお粗末で正確な日にちが把握出来ません。
iOS は WikiPedia や Second Flush といった処から拾わざるを得ませんし、アプリにかんしては何日/何週前といったアバウトな表記に終始しています。

☆ H Band    5.3.0    2018/05/31  2018/06/03実更新
         5.2.0    三週間前
         5.1.0    二か月前  多分 11.3 対応
         4.9.0    四か月前

☆ Sleep Meister 1.15.27   二か月前  多分 11.3 対応
         1.15.26   三か月前
         1.15.25   七か月前
         1.15.24   七か月前  iPhoneXに最適化
         1.14.24   七か月前  iOS 11 対応

《アプリケーションの誤認識頻度》

☆ H Band    これは就床/入眠/覚醒/起床の全てがハードによって
         判断される。
  この誤認は  ・ 就床時間が入眠の近くにズレる。
         ・ 5時~8時位?迄の間、デスクワークを二度寝と
           判断する。
           1月度     2回
           2月度     1回
           3月度     4回
           4月度    11回
           5月度    11回  明らかに iOS が 11.3 に
                       なってから多発している。
           この誤認の為睡眠品質の判定が酷く低くなる。
20180602_HBand_Sleep-1.jpg 20180602_HBand_Sleep-2.jpg

前が就寝時間帯の物で、後ろが二度寝と誤認した部分。 この間のギャップも覚醒扱いになるので睡眠品質は最低になるのは当たり前(^^;)

☆ Sleep Meister 就床はアプリのスタートとスリープ操作で決まるので
         間違いは起きないが、入眠の判断をミスる事が多く
         なった。
           1月度     5回
           2月度     6回
           3月度     4回
           4月度    12回
           5月度    10回

         ただ、これは加速度センサーだけ?で拾っていると
         思われるので、敷布団を変えたり、置く位置が変わっても
         影響を受けるはずなので精度を期待するのは無理か。
         録音及び V07S の結果と照らし合わせて明らかにおかしい
         ものは補正して取り込む以外になさそうです。
         これも4月以降頻度が倍になっているので iOS の変更の
         影響を疑っています。
20180602_SleepMeister.jpg 20180602_mp4Directcut.jpg

上の図左がSleep Meister の表示、右が録音したファイルを mp3Directcut で参照し切り出したものです。 台形状の波形は 12:00 airmon が計測する際のファンノイズです。 この時点で既にいびきをかいていますが、左側ではこの時間帯は就床からフラットに推移していますので、覚醒していると判断されています。

         1.15.27 になってからかもしれないが通知を殺している
         にも拘らず Home 画面の下部に「おはようございます」
         というメッセージが出る様になりました。

【追記】

最近アプリのアップデートが多くて・・・6月5日10本 2.2GB、6月3日は15本 地図のアップデートが入ると全国版なのでこれだけで 1GB 近く。 はっきり言って iOS 11.3 以降アプリのアップデートが多過ぎますね。

Android も酷い有様です。 6月7日23本、6月8日15本、地図ソフトは双方に入っているので地図が重複していますがこちらは 1.1GB 、合わせると3時間ちょっとで 3GB を超えています。

【2018/06/09 追記】

Android 6月9日も7本・・・3日で45本です。 載せているアプリは74本ですので僅か3日で6割強が更新です。 ちょっと有り得ない。 システム系を含めても97本ですからね~ Touch6 も100本ちょいですからこれも・・・iOS も 11.3 以降もう何度も同じような状態が繰り返されています。 Apple も色々機能を追加し過ぎてサチり始めましたかね。


共通テーマ:日記・雑感